2017年02月20日

投手板に軸足の置き方

2017年野球規則の改定はいろいろありますが

少年野球も一部ルールの改定を教わりました。

2016ban.jpg

2016年までは投手板の横幅内に軸足を全て置くように指導されていましたが


2017ban.jpg

2017年からは投手板に軸足が振れていればOKとなりました。


いつから適用されるのかは地域によって異なるでしょう。
みなさんの地域で確認されてから子供達に指導されてくださいね。

posted by metoo at 11:03| 千葉 ☀| Comment(2) | 審判 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
2013年の規則改正ですでにこの項目は変更されています。

2013年に出された2012年競技者必携一部改正(「投球姿勢」)を参照下さい。

http://jsbb.or.jp/wp-content/uploads/4636f2087d842c54959e83708983abaa.pdf
Posted by GP at 2017年02月21日 07:56
◆GPさん、ありがとうございます。

やっぱり地域差があるようですね。
千葉県だからなのか、学童だからなのか、昨年までは投手板の幅に納めるよう指導されていました。なぜ?かはわかりませんが^^

余談ですが、今回、県審判講習会の第一声は「野球が好きになるように」でした。私も常々感じていましたが、野球を始めたばかりの子供にこのルールは本当に必要なのかな?まだ知らなくてもいいんじゃないかな?というのがいくつかあります。ゲームを楽しむ規則と安全を守る規則、この二つの視点からもう一度ルールを見つめ直したいです。
Posted by metoo at 2017年02月21日 15:52
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: