2017年02月17日

素振りを減らそう

100本ダッシュ
1000本ノック
10000本素振り

何かをやり込む
同じ類の練習メニューですが

100回振って飛距離が1m伸びるならやります。
100球投げて球速が1km伸びるならやります。
1万でも2万でも10万でも素振りして投げ込みます。
でも、そうなりませんよね。。。

同じことを繰り返して練習する意味は
失敗を減らすためです。


打ちミス
投げミス
捕りミス

ミスをしないために
確率を上げるために同じ練習を繰り返します。


素振りや投げ込みや走り込み
同じ動作を何万回も繰り返せば
体は故障しやすくなるでしょう。。。
適度が大切です。




武井壮さんのツイートでも感じましたが、素振りでどれだけホームランをイメージしても、その素振りがイメージ通りに動いていなければ練習効果はゼロです。

素振りをするなということではありません。
もし今まで以上に素振りの効果を上げたければ
鏡の前で素振りをしましょう!

d_08096646.jpg



本来の練習目的は
もっと遠くにボールを飛ばしたい!
もっと速いボールを投げたい!
なのに、ミスをしない為だけの練習ではおかしいですよね。

ホームランを打つためには
今より球速を高めるためには

・技術を高める
・体力を高める

この二つをセットで考える。

例えば
素振り一回とスクワット一回


30分素振りをするなら
15分を素振りに減らして
15分を体作りに変えてみましょう。



技術は「柔」
体力は「剛」
ダルビッシュ投手がツイートした「柔は剛で制せない」は
素振りだけじゃ勝てないよ
こんな事を言いたかったのではないでしょうか。


もし技術の練習をするのであれば
自分の動作を確認しながら練習したいですね。
posted by metoo at 17:30| 千葉 🌁| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: