2017年02月08日

問題から課題へ

野球は
・立ち上がり
・締めくくり
点が入りやすいポイントが二つあると
守備でも攻撃でも準備してます。


立ち上がりには
どんな問題があって
どんな課題へ落とし込めるか。

締めくくりには
試合終盤までに起きた出来事に対して
どんな問題を見つけられて
どんな分析が出来て
どんな想像がはたらいて
どんな課題を伝えられて
どんな解決へ結び付けられるか。


問題:試合途中から相手チームがボール球を振らなくなった。

分析:低めのスライダーを見逃して高めを振りに来ている。

想像:スライダーを振らせるにはどうしたら良いだろうか?

課題:よし、ストレートとチェンジアップ主体にして、相手の頭の中からスライダーを忘れさせよう。

解決:速い球と遅い球で前後を意識させた結果、横に曲がるスライダーを振ってしまう。



問題に気が付いて
観察・分析が出来て
想像が豊かで
課題を作れる
試合を解決できる


野球の試合にも
前半と後半を作り
五回が終わったら
問題をみんなで発言しあい
すぐに課題を確かめ合う。



紅白戦 3チーム三つ巴戦
 前半3inningsイメージ

昼食

紅白戦
 後半2inningsイメージ

小豆島高校の練習メニューを見て参考になりました。

練習試合から、
試合の立ち上がり前半と
締めくくりの後半を練習する。

ここには深い意味があるのでしょうね。

posted by metoo at 17:56| 千葉 ☀| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: