2017年01月22日

トスを練習しよう!


バックトス


フロントトス(metoo用語)

トスをした後、相手に向かって走り出し、指を指してます。

トスは相手が見やすく捕りやすく

4人で四角を作り
短い距離から練習してみましょう。



なぜ相手に向かって走り出すのか?

toss12.jpg

ソフトボール投手のようにボールを後ろに引き上げてからトスをすると、引き上げる→トスと時間がかかって遅くなってしまう。もう一つは相手が捕りづらいからです。ボールを見せながら走る勢いをつけてトスしてあげましょう。



お手本となるクルーズ選手のトスです。
cruz20.jpg
cruz21.jpg
cruz22.jpg
クルーズ選手のバックトス
「あとは任せたぜ!」
そんな声が聞こえてきそうなトスですね。



例えばこんな場面
1301.jpg
一三塁セーフティースクイズ
一塁前のバントをされたら
右投手はキャッチャーへバックトスが必要になります。


たくさんの試合を経験していくと
トスしか間に合わない場面
トスでも間に合う場面
いろんな経験します。

・この距離は上から投げた方がいいよ!
・この距離だったらトスの方が早いよ!
・この距離はトスするより自分でベースを踏んでいいよ!

トスが必要な場面に備えて準備練習ですね。


短い距離のトスから始めて、どこまでトスが届くのか?どこから投げた方が早いのか?選手と話し合いながら練習していきましょう。


グラブトスもやってみようね(*^▽^*)



posted by metoo at 04:09| 千葉 ☁| Comment(0) | 守る | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: