2005年06月17日

野手の「かまえ」について

私の好きなポジションは捕手と二塁手です。
何しろ 楽しい!かっこいい!
ポジションは子供時代から大体は守らしてもらいました。

小学校、投手、捕手
中学校、外野→捕手→内野
高校、二塁手

小学校でひじをこわし、(いずれ詳しく書き込みむ予定)
我慢しながら捕手をしてましたが、高校で二塁手に希望をだしました。
何しろワンピースウェブのグローブが大好きです。
今でもSSK黄色のこんな感じのワンピースウェブを使ってます

「かまえ」

腰を落とせ!グラブを地面につけろ!グラブをひざから外せ!
どこのチームからも良く聞かれる言葉ですね
理由を考えると何となく理解はできる言葉だと思いますが、
実際やって見ると、ニュアンスが違いませんか?

私の指導方針です

まずリズムその1「バッターとリズム合わせろ!」

「ボールを見上げろ!」

「グローブをつくれ!」

この3つにしぼって声を出します。

「バッターを見上げろ!」の理由です

「腰を落とせ」「グローブを地面につけろ」
はずっと固まったままで動き出し、1っ歩目が遅くなり、前しかいけないお相撲さんのようになりませんか?
バッターを見上げると、次に飛んでくるボールを見上げて捕りやすくなります。
見上げる意識で、必然的に重心は下に入り、ボールを捕りやすい位置に入りやすくなります。

ボールは下から上がってくるのは怖いです。
上から落ちてくるボールは怖くないです。

ある雨の日の体育館での練習です

まず普通にスーパーボールを転がしてキャッチする
次に卓球台の上で転がしてスーパーボールをキャッチする

どうだった?子供達に聞いてみました。
「地面から上がってくるスーパーボールがとりずらい」
「卓球台の上は、低い位置で見れてバウンドが解りやすかったから」

どちらが簡単かというと、バウンドを見上げられる 卓球台の上のスーパーボール と言う結果を子供達と理解しあいました。

じゃ、もっと目を落とそうよ
「ボールを見上げると簡単だよ!」

次に「グローブをつくれ!」
単純に閉じたグローブにはボールは入ってくれないよ
グローブをつぶして 大きく広げたグローブつくって(人差し指を曲げる感覚です)
「捕る準備をしよう!」

私の野球にかまえが固まってるのは捕手だけです。
あとは3つの準備をしてもらうことが野手の「かまえ」です。
@リズム
A見上げる
Bつくる

ヤクルトの宮本選手がとても参考になりました。
試合中に固まってる瞬間が一瞬も無い様に思います。
常にどこか動いてる。さすが日本代表キャプテン!

次に動きやすければ良し

「かまえ」ってそれだけだと思いますがいかがでしょうか
ご意見頂けると嬉しく思います

posted by metoo at 23:38| 千葉 ☁| Comment(2) | TrackBack(1) | 守る | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして

とてもいい所を指摘してますね。

「腰を落とせ」「グローブを地面につけろ」
はどちらかというとサードやファーストなど反射神経がモノをいうポジション向けですよね。

打球が早すぎて腰を落とす時間がない場合に対応するためと言うんでしょうか。

すくなくともホットコーナーを守る際は少しかがみ気味に構えます。
Posted by O-23 at 2005年06月21日 09:16
Oー23様
初めまして、おにいさん とお読みしてよろしいのでしょうか?
ホットコーナーの構え、そうですね確かに忘れてました。
「中村ノリがサード後方のファールフライを追う1っ歩目」のビデオもあるのですがどこにしまったのか・・・
またノリの構えも独特でかっこよかったんんで、探し出してアップします
今後もよろしくおねがいします
Posted by metoo at 2005年06月21日 11:13
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

外野の構えを変えました。
Excerpt:  先週の練習&練習試合から、外野守備の“構え”を変えました。  外野守備陣の足に根っこが生えているかのように動かない…。  「外野も動けよーっ!」  「ボールが来てから動いても間に合わんぞーっ!」 ..
Weblog: がんばれ野球小僧 =少年野球にはまる日々=
Tracked: 2006-06-30 11:44