2016年08月31日

投手のホームベースカバー








2016年夏の甲子園大会本塁クロスプレー
球審はホームベースの真後ろの位置が多かったですね。

ランナーの背中からホームベースへのタッチが見えたのでしょうか?

と疑問に思ってしまう私(^_^;)

何人かの方は左バッターボックスから覗き込んでいましたね。






ピッチャーがカバーに入ったシーンで衝突がありました。
球審がピッチャーに何か伝えてましたが
何か注意だったのでしょうか?
それともケガがないか声をかけたか?

投手のホームベースカバーですが
右投手、左投手
グラブ側の位置でボールを受けた方がタッチがしやすいケースがあります。

このシーンを見直すと
三塁ランナーがぶつからないようにピッチャーを避けて捕手側へスライディングしてますが、投手もホームベースでぶつからないように走路を開けて捕手側で受けています。このケース三塁走者はまっすぐスライディングで良かったのかもしれません。


大会前にバッテリーが呼ばれて本塁でのクロスプレーの講義を受けると聞いたことがあります。
たしかな情報ではありませんが、ケガをしない野球をどんどん広めて行きたいですね。


201608.jpg

スローにして見ると、ノータッチでランナーの手が先にホームベースに触ってますが、その位置と角度では球審は見えてませんでしたね。難しいプレーだ(^_^;)


posted by metoo at 14:00| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: