2016年08月31日

後ろに下がりながら捕る

2016年8月28日 ソフトバンク-ロッテ戦
02:12〜


ソフトバンク柳田選手とロッテ田村捕手の本塁クロスプレー

160828001.jpg
ギリギリ手前にバウンドしたボールを

160828002.jpg
後ろに下がりながら捕ってタッチへ

160828003.jpg

ナイスプレーですね!

いつもより30cm前に立って
後ろに下がりながら捕る!
野手と一緒にノックを受けて
後ろに下がりながら捕るタッチ!
こういった練習も必要になってくるでしょうね。





2016年7月31日 楽天-ロッテ戦
00:25〜

ロッテ岡田選手と楽天嶋捕手の本塁クロスプレー

bb-shima160801mt-ogp_0.jpg

判定はアウトでしたが、
嶋捕手ににコリジョンルール初の警告がでました。
このシーンの写真だけ見ると分かりにくいですが、
嶋捕手が狙うクロスプレー

1)捕球前はしっかりホームベースの前で構えています。
2)三塁走者のスライディングをホームベース後ろ側へ来るように誘導して
3)捕球の瞬間に自分もホームベースの後ろへ移動してスライディング走路を塞いでタッチ。

これが嶋捕手の得意パターンです。



サッカーの時間稼ぎの様なずる賢いプレーをする日本人はいないだろうと思っていましたが、嶋捕手はずる賢いプレーが出来る選手。これがフェアプレーかと言われたらそうではないでしょう。


相手を騙そうとするプレーは
相手にケガをさせてしまうこともあるでしょうし、
自分が大けがをしてしまう心配もあります。

ケガをしない目的コリジョンルールですから
もう一度プレーを考え直してもらいたいです。

posted by metoo at 12:56| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: