2016年06月30日

友人の息子さんへの指導

春にバッティングの指導を頼まれました。
友人の息子さんで五年生です。

指導内容は1つ

朝30分早く起きて

お父さんと一緒にバトミントンの羽打ちをする


06420ha.jpg

朝運動をするので朝ごはんが美味しい
しっかり朝ごはんを食べたから学校でもしっかり勉強が出来る
朝早く起きることで夜はぐっすり寝れる
お父さん、お母さん、家族が一つになって野球を楽しめる


小学生は朝ガンバレば誰でも野球が上手くなります。

指導で上手くなるのではなく

上手くなるのはたった一つ

毎日の積み重ねです。



6月になり監督さんからバッティングを褒められたそうです。

バッティングが上手くなると、投げるのも、捕るのも上手くなりたい!
子どもは先ずバッティングです。



やれば出来る!

オレにも出来る!

ガンバレば出来る!





毎日の上達が楽しくて

もっともっと練習したくなる。


私が伝えたかったのは
野球の技術ではありません。



やっぱり少年野球は家族ですね(*^▽^*)

posted by metoo at 23:35| 千葉 ☁| Comment(2) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
同感です

毎朝一緒に同じ目標を持って
楽しく練習する

これが原点です
Posted by アンバサダー at 2016年07月01日 15:24
◆アンバサダーさん、ありがとうございます。

あくまでも小学生の間です^^

私は中学からは仲間と一緒に成長しました。


この息子さんが右利きなのか左利きなのか会ったことがないのでわかりませんが、いつか試合を見に行ってみようと思います。
Posted by metoo at 2016年07月03日 01:59
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: