2016年03月23日

空振りとファウルボール

大阪桐蔭が土佐高校の尾崎投手を攻略しました。

試合前半、尾崎投手のチェンジアップに空振りばかり。


この空振りをどう考えるかで勝ち負けも変わってきます。

・ストレートを狙い、チェンジアップは捨てる。→空振り
・ストレートを狙い、チェンジアップに対応する。→内野ゴロ
この反対
・チェンジアップを狙い、ストレートを捨てる。
・チェンジアップを狙い、ストレートに対応する。


大阪桐蔭の攻略は高さ狙い。

・甘い高さを狙う。

試合後半は甘い高さをしっかりとらえ、長打を連発し得点を重ねていきました。


土佐高校バッテリーは、前半はチェンジアップ、後半はカーブだったのでしょうか。
チェンジアップが低目に決まっていレバ、もしかしタラ・・・だったかもしれません。

A5ECA5D0BBC9A4B7A4CAA4C7A4B7A4B3.JPG

rIY3knjjzpbLmxY_x9L7m_41.jpeg


高校野球はまだチェンジアップ攻略は難しいようです。

尾崎投手 身長165cm
ストレート130キロ台、チェンジアップ、カーブ、スライダー、ツーシームかな?
大阪桐蔭を苦しめる、とてもいいピッチングでした。



話しは変わりますが

バントがファウルになるとストライクなんですね。


スリーバント失敗が三振である理由


なるほど(*^_^*)

だからスリーバント失敗はアウトなんですね。

posted by metoo at 13:22| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: