2016年03月20日

馬淵vs原田

rankingshare-02a302309f9f11e28c2300007f00000140ed5f2bf00f12d22b.jpg

明徳 馬渕監督


201503222221140322-heian.jpg

平安 原田監督


大会二日目第二試合

明徳義塾-龍谷大平安

高校野球ファンでしたら誰もが待ち望む一回戦でしょう。



そして、もし私が高校野球の監督だったら

この二人にだけは絶対に負けたくない!

憧れであり、目標であり、憎き対戦相手であり、

高校野球の師匠である。



ふと、昔も悪くないと思うときがあります。

それが、こういうオッサン達の武者震いのする戦いです。

好きなんでしょうね、野球が。



戦うのはもちろん選手達ですが

一年間を支えてきたのは監督さんです。


勝つことを目的とするのが野球のルールです。

勝つことだけにこだわった男がいてもいいと思います。

そういう選手が育つことも、悪くないと思っています。


先日のラッキィ池田さんの話にありましたが、

子供達にいつも聞くんです。『強い人ってどんな人だと思う?』って。子供達はそれぞれに『ケンカの強い人』とか『人気のある人』『絶対に負けない人』……いろいろなことを言います。でも僕は『いいかい。本当に強い人は、何回倒されても何回でも起き上がってくる人なんだよ。だって、倒しても倒しても起き上がってくる人って怖くないかい?』って言うんです。


馬淵監督と原田監督には、

負けても何度でも這い上がってくる恐怖を感じます。


勝ち続けてる強さより

あきらめない強さ。

意地と意地のぶつかりあい。


野球で一番の興奮するのは

筋肉vs筋肉ではなく

胸に掲げたチームのプライド

明徳

HEIAN


気持ちのぶつかり合いでしょう。

posted by metoo at 04:38| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: