2015年09月18日

140キロプロジェクト

kame140.jpg
亀梨くん
ホームランプロジェクトに続いて
140キロプロジェクト

とてもいい企画だと思います。


ホームランプロジェクトを振り返ってみますが
最初に打つホームラン2014/10/04

インコース高めをぶっ叩けばレフトポール際に90m飛ばすことはできます。

単純に考えてしまえば

90mは技術です。



しかし

140キロ投げるには技術だけでは難しいでしょう。

imakame.jpg

今宮健太選手 172cm 68kg
亀梨 和也 171cm 60kg?

身長はほとんど変わらないようですが
アスリートと芸能人
根本的なパワーが違います。



ネットで面白い動画を見つけました。

半年のトレーニングで人生初ダンクを決めた170cmのバスケ少年

プラン
Day 1:
スクワット(5回を3セット)
ランジ(10回を3セット)
フロッグジャンプ(10回を5セット)
ボックスジャンプ(10回を3セット)

Day 2:
腕立て伏せ(40回を3セット)
自転車こぎ(1分を3セット)
カーフ・レイズ(20回を5セット)
100mダッシュ(4回)

スケジュール
・第1週~3週:
Day 1を週2回、Day 2を週3回
・第4週~10週:
Day 1を週3回、Day 2を週3回。余裕ができてきたらウェイトを使用する
・第10週以降:
トレーニングのプランを維持したままで、ウェイトを追加していく


このダンクシュートを目指すのと同じだと思います。

ダンクシュートに必要なボディーを身に付けることが先でしょう。


たくさんのプロ野球投手に

たくさんの投球フォームを教えてもらっても

技術だけでは120キロ〜125キロが限度でしょう。

技術とは別に

パワーを考えないと

140キロは難しいと思います(^_^;)





この企画をダルビッシュに相談に行ったら
・ベンチプレス体重の1.5倍
・スクワットとデッドリフト体重の2倍
・毎日たんぱく質を体重x2g
まずここを目標に頑張りましょう!って言われるかも^^


でも、
もしこのままトレーニングなしで
技術だけで140キロを投げれたら・・・
それはそれで面白いかもヽ(^o^)丿

posted by metoo at 11:47| 千葉 ☔| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: