2015年09月03日

タックル禁止・ブロック禁止はこのプレーがお手本?

日曜日、キャッチャー君とホームベースでタッチプレーの練習をしました。


ふと考えたのは
タックル禁止・ブロック禁止

706A.jpg

しかし、高校野球特別規則では

規則 7.06(a)【付記】(捕手のブロック)の適用について、高校野球では捕手は、
ボールを保持しているときしか塁線上に位置することはできない』こととする。

(5) 捕球してからの動き
ボールを保持しているときは、塁線上に移動してタッグをしてもよい


この規則では、ボールを持っていればブロックしていい、と解釈できてしまう。



最近よく見かける
メジャーリーグのホームでのタッチプレー。



タックル・ブロックを見かけなくなりましたね。

(いい位置で球審さん見てますね、そこまで近寄っていいんですね)



ランナーは、足をホームベースに伸ばしてスライディング。
キャッチャーは、手を伸ばしてタッチプレー。

このプレーがお手本になるのだろうか?



禁止・禁止のルールだけでなく

お手本になるプレーを見つけなければ。。。



maxresdefault.jpg

走者のスライディングをレガースでブロックする。

これが禁止となるならば、

iSURR.jpg

レガースを使わないタッチプレーを教えていったほうがいいのか。


このルールは
誰もがわかりやすい線を引いて欲しいですね。

posted by metoo at 15:59| 千葉 ☁| Comment(0) | 審判 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: