2015年07月21日

スタットキャスト

楽天 軍事レーダーを日本球界初導入 新兵器で自軍投手分析

150720.jpg

 対象物に対して電波を発射して精度の高い計測と分析を可能にする装置は、米国でもMLBが主導して今季から全30球団が球場に設置。球団も昨季途中から準備を進め、今季開幕からデータ収集を開始した。投手のリリースポイント、投球角度、回転数など、これまで当事者の「感覚」に頼っていた部分を計測し、可視化。日本球界初の試みで、球団関係者も「データが後半戦にチームの勝利につながってくれたらうれしい」と期待する。




ついに日本プロ野球にも
トラッキングシステム(追跡システム)の導入ですね。

スタットキャスト

MLB導入解析システム 全プレーを数値化「切れのある球」も?


しかし、楽天だけが導入なのはもったいないですね^^


リーグ後半戦にどう影響するかはわかりませんが、

データが集まりだすといろいろ変わり始めるでしょう。


Statcast スタットキャストとは?
こちらのページに詳しく書かれていました。

【野球】メジャー Statcast(スタットキャスト)の用語を日本語訳してみる

f11db04d-s.jpg

Extension プレートからリリースまでの距離
Regular Velocity平均速度 (Actual Velocity)実際の速度
Perceived Velocity 体感速度
Spin rate スピン回転量


二投手の比較

15072011.jpg
WEAVER投手は
Extensionが長く
Spin rateが高いため
VelocityよりPerceived Velocitの方が速い。

EOVALDI投手は
Extensionが短く
Spin rateも低いため
VelocityよりPerceived Velocitの方が遅い。


つまり
同じ球速でも
・リリースポイントが打者に近い
・回転数が高い
体感速度は速く感じる

だからキレがある。

でいいのかな?

もうちょっと勉強してみます(^_^;)





こういう 
大人のおもちゃを開発するのは
やっぱりアメリカ人ですね(^_^;)
posted by metoo at 10:01| 千葉 🌁| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: