2015年04月20日

オリックスショート安達の守備

《Best Scene Selection パ》
基礎を極めた美しさ!! バファローズ・安達の守備は 広い!! 速い!! 巧い!!
プロ野球速報・ライブ中継 パ・リーグTV



私が思う日本一のショートは安達選手です。

派手なプレーはありません。

無駄が一切感じられません。

昔の小坂選手を思い出します。



捕球してから一度グラグをお腹に集めてからスローイング。
三遊間バックハンドのスムーズな動き。
正面に入った時のノーステップ。
センター前のゴロ捕球から一回点してからのスロー。
小さい動きのモーションから伸びあがるような送球。

素晴らしいお手本のようなプレーです。

内野手出身の森脇監督ですから、
独自の守備理論もあるでしょうね。



足を止めての至近距離ノック。
グラブのハンドリング練習と思われますが

軟球でしたら「壁当て」が最高のハンドリング練習です。


チームでは守りの要となる選手ですが、
侍ジャパンにはバッティングが求められます。
打つ方も頑張って.280くらい行けば侍のショートに選ばれるでしょう。



繰り返し書いちゃいますが

派手なプレーはありません。

しかし

お金を払ってでも一試合ずっとショートだけを見ていたい選手ですヽ(^o^)丿


posted by metoo at 12:02| 千葉 | 日記 | 更新情報をチェックする