2015年02月12日

フォースボーク

初めて耳にしました
フォース・ボーク(強制的にボークを狙うプレー)

「まさかに勝つ原野球 フォースボーク対策」nikkan sports 2015/2/12

・走者一塁三塁
・左投手
・一塁走者がわざと飛び出す

・左投手は目の前を飛び出す一塁走者を見て、プレートを外さすに牽制しようとするが投げずに追いかけようとしてしまう

ここでボークの可能性
(プレートを外さない一塁牽制の偽投はボーク)

ランナーが飛び出した瞬間に
野手全員で「外せ!」
ピッチャーに声をかけてプレートを外させて先ずボークを防ぐ。


原監督は「1年にあるか、ないかだからこそ、失敗できない。しっかり準備をしておけば、とっさに出るんだ」

守る練習のようですが、自分たちが攻撃することも想定してるのでしょうね。







同じように
千葉ロッテのキャンプ練習で

・走者一塁三塁
・一塁後方のファールフライ
・一塁走者タッチアップで二塁を狙う
・状況を見て三塁走者もホームを狙う

このような練習をしてました。

フライを捕球した後の送球がミソで
走者は
・一塁走者を狙って二塁に投げたら三塁走者はホームへゴー。
・三塁走者を狙ってホームに投げても走らない場合もある。
野手は
・まず一点入ってしまうホームを守る。
・ボールを一塁に戻してから状況判断。
これを何度も練習してました。


キャッチャーへのファールフライの場合も同じく
・まずホームベースを守る。
・キャッチャーから直接二塁に投げることをしないで間に投手を入れ中継する。
・ボールがそれたら一点、バックアップを注意する。

状況に応じて対応が変わりそうですね。



西武黄金時代を支えた伊東監督ですから
もっとこういう野球を見せてほしいです。



1306.jpg




左投手からのホームスチールもフォースボークを狙ったプレーですね。

posted by metoo at 10:53| 千葉 | 日記 | 更新情報をチェックする