2014年09月17日

下半身の使い方


・下半身を使う

・肩を開かない


この一枚の写真が説明してくれてます。

ここまで我慢してから上半身を使いましょう!

14080104.jpg
右足のつま先→右ひざ→右股関節のライン
左足のつま先→左ひざ→左股関節のライン
右肩→左肩のライン
ほんの一瞬ですが
この三本のラインがまっすぐ投げる方向キャッチャーを向いています。

140917.2jpg.jpg
多くの小学生は
右足のつま先→右ひざ→右股関節のライン
左足のつま先→左ひざ→左股関節のライン
の瞬間に もう前を向いて投げたいのでしょう
右肩→左肩のラインが一塁方向へ向いてしまってますね。
これを「肩が開く」「肩の開きが早い」などと呼ぶようにしてます。


肩が開かない画像があるピッチャーを探してみたのが
ねっ!2014/08/01です。


14080105.jpg

14080106.jpg

14080107.jpg

masa001.jpg

img_5dc9021b872787c9d4a7ea96746a6e95318274.jpg
ユニフォームの「しわの向き」で
どの方向に身体が引っ張られてるのかが良くわかります。
いいピッチャーって同じなんですね^^
Jamie_Moyer2012.jpeg

david_price_ws2008_1024.jpg

Mo11.jpg

e0222575_1552044.jpg


kane6.gif
金子投手の右足の動きに注目してください。
内側への回転がキレキレですね!ヽ(^o^)丿
だから上半身のターンが速いんですね。

ta09162.gif
マー君と比べると右足の使い方が違うのがわかりますね。

よく使われる「マウンドを蹴る」という動作は
金子投手のようにマウンドを軸足で回すタイプと
田中投手のようにマウンドを軸足で押すタイプ
いろいろ個性があるのでしょう。

140917.jpg



下半身を使うと言うことは

下半身を上半身より

先に使うと言う意味です。


1)右足を回してから
2)上半身を使う。

この

下半身と上半身の使い方が

肩の開きと繋がってる


ということですねヽ(^o^)丿

もうちょっと考えるとリリースポイントにもつながってます。
もうちょっと考えるとバッティングも同じです。


練習方法としては

椅子投げ2006/05/13

ココを回すとココが回る2007/02/13

椅子に乗せた軸足を回した状態から
まだ上半身は我慢して回さない。
上半身をひねり戻すようにして一気に投げてみる。

kane140917.JPG
ここまで下半身を使えるピッチャーは金子千尋投手だけです。
右足を回しきってスパイクの裏が空を向いても
まだボールはこの位置、まだ肩は閉じてますね!
とてもいいヒントになりますが、誰もマネできないでしょう^^



軸足と上半身が一緒に回ってしまう
あまりよくない投球フォームの動画は

youtubeで「始球式」を見るとわかります。

87895.gif
下半身と上半身が一緒にボールを投げています。
右足の蹴り(ジャンプ?)と右手のリリースが同じタイミング、

・コントロールがバラバラ
・リリースポイントが前に出来ない ←これ重要
・上半身のターンが遅い
良い事ないですね^^


下半身と上半身を別々に動かして投げてみる。
こんなテーマが小学生にも必要かもしれません。

darvish_002.jpg
ura02.jpg

個人的にこの投げ方が好き!ってことですヽ(^o^)丿

他にも投げ方はいろいろありますから

皆さんも探してみてくださいね^^
posted by metoo at 20:11| 千葉 ☔| 投げる | 更新情報をチェックする