2007年04月17日

外野のステップ



何度見ても興奮するイチロー選手のレーザービーム。
外野手の見せ所ですね!



041601.jpg

外野手が捕ってからのステップ。
私の少年野球時代は何も教わりませんでしたが、

中学時代は 緑の矢印
* 一度上に高くジャンプするようにステップ。
* 投げ終わった後は、相手に背番号を見せるくらい回る。

これが正しいと思って高校へ進むと、青い矢印へ
「飛んでる時間がもったいない!高く飛ぶな!」
もちろん怒られました^^

しかし、一度高くジャンプしてステップする事は間違っているとは思いません。
* フライを一歩後ろから入るタイミング。
* しっかりステップできるので、体重移動がわかりやすい。
* 上に跳んでいたステップを、力強く前に出来るようになった。
遠回りしたかもしれませんが、とても解りやすい指導方法だと感じました。

プロ野球の試合を見に行くと、シートノックで外野手のステップが良くわかります。

松井秀選手、新庄選手などは、ジャンプしながら捕ってすぐに投げていました。
また、プロ野球選手でも、肩の弱い選手は、しっかり上にジャンプして投げていました。

@捕ってから素早く投げろ!
A捕ってから正確に投げろ!
B捕ってからしっかりステップして強い球を投げろ!

これは監督の考え方、監督の指導方法によるのでしょうね。

もちろん低学年は、外野手でも内野手でも、
B捕ってから(捕れれば^^)
大きなステップをして強い球を投げよう!

ここから段階を置いて、ステップアップして行こうと思います。


posted by metoo at 16:28| 千葉 ☔| Comment(19) | TrackBack(1) | 守る | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
我がチームは高学年でも【捕ったらしっかりとステップ】ですが・・・何か?^^v
Posted by とうさん at 2007年04月17日 17:23
見本を見せて・・・ステップの足を外して痛めてしまう・・・もう足がついていきません。^^
Posted by Fastballer at 2007年04月17日 21:48
以前metooさんもコメントしておりましたが
カメラアングルもパーフェクト。
イチローの魅力、野球の醍醐味を十二分に堪能させてくれます。

高学年の我が息子も
>捕ってから(捕れれば^^)
です。

ゴロ、バウンドを土手ではじくことが多々。
どう教えましょう?
Posted by わたのり at 2007年04月17日 22:57
高く飛んでから強い送球。。。高く飛んで投げる場合は大抵ゴロを捕球する時でしょうから体勢としては前傾姿勢になっているのを「高く飛ぶ」ことで修正しているんだと思います。それからステップの調整もしてると聞いたことがあります。私の場合、高学年の外野手には高く飛んで強い送球を教えていますし、投手のフォーム矯正にも役立ってますよ^^
Posted by しろうとヘッド at 2007年04月18日 08:04
投げ込む位置によりますよね。
外野からのバックホームはしっかりステップも必要ですよね。
まだ、投げ分けできるほどのレベルに息子は行っていません(笑
Posted by おちあい at 2007年04月18日 08:53
こんばんは。
動画でイチローのお手本を見て、イラストでイメージを固めて、説明文で理解しました。とてもわかりやすくて納得できる教え方ですね。とっても参考になります。ありがとうございました。それにしても、本当に素晴らしいイラストですね。
Posted by 中学野球.com at 2007年04月18日 21:47
初めて書き込みさせて頂きます。いつも楽しく拝見させてもらってます。小学校の少年団野球部(軟式)のコーチをしていますが 私自身は経験者でもなくお父さんコーチとして1年程度経過したところですが、3年生以下の子供達を指導しています。ただグランドは上級生が優先なのでグランドの片隅でトスバッティングをするか素振りをするか練習が限られています。次第に子供たちは飽きて遊びだす始末です。このブログを拝見させて頂いていてみなさんのご意見を参考にさせて欲しいなぁと思いコメントさせてもらいました。遊びながら限られたスペースで出来る有効な練習方法があれば教えて下さい。宜しくお願いします。
Posted by Y.Mコーチ at 2007年04月19日 08:52
何時も楽しく、興味深く読ませて頂いております。metooさんの斬新な着眼点に感心すると共に、いつも勉強させて頂いています。

この映像、久しぶりですね。直接、技術的なこととは関係有りませんが、この投球を生で見ていました。丁度、仕事の関係で駐在していたときで、野球好きの出張者を連れて見に行きました。

球場はアスレチックスのホーム(オークランド)、ガラの悪いことで有名なところで、ファンもそれなりです。

この投球のときは、本当に一瞬でした。

一塁側中断から見ていたのですが、あまりに鮮やかなアウトだったので、その瞬間、何が起きたかが誰も判らず、観客席は静まり返っていました。で、次の瞬間は、拍手とかじゃなくて、もう「悲鳴」。

さすがのアスレチックスファンも腰を抜かしたようで、そばにいたヤツが、「あいつは宇宙人か?」って聞いてきたほど。

ゆっくり見ると、一つ一つが理にかなった動きですが、やはりイチローは天才です。

他のメジャーリーガーもどんどん日本のいいプレーを見せて貰いたいものですね。


追伸:イジメ問題のときに、誤ってoyaij
   (オヤイジ?)と云う変なハンドル   ネームにしてしまいました。正しく   はoyaji (オヤジ)です。大変失礼し   ました。
Posted by oyaji at 2007年04月19日 17:24
こんにちは。

レーザービーム・・・いいものを見せてもらいました。ありがとう!
日本のテレビでは、あまり見れないプレーにビックリ!

外野手の動きは大切ですね!
また、お邪魔して勉強させてもらいます。
Posted by ひろ親 at 2007年04月19日 23:56
◆とうさん、ありがとうございます。

まず【捕ったら】ですよね。
捕る と ステップ 練習をわけましょうか?^^


◆Fastballerさん、ありがとうございます。

私は最近、足腰より目にきてます。
ボールがボヤけて見えないんですよ。
ブログのやりすぎでしょうか?^^


◆わたのりさん、ありがとうございます。

>ゴロ、バウンドを土手ではじくことが多々。
>どう教えましょう?

* 投げる方の手をそえてみる。
* グラブに手を深く入れず、浅く入れてみる。
* 土手の革が硬いかも?

土手ではじくエラーやトンネルは、きちんとボールに入れてる証拠でしょう。時間をかけて素手の捕球練習を楽しみながらやってみてはどうでしょう。


◆しろうとヘッドさん、ありがとうございます。

さすがヘッドコーチさんですね!
高く飛んでる時間に、肩を入れ替えられる時間が持てる感じがします。
「外野で肩を強くする」とよく聞きますが、私の考えは「縦の回転」が解りやすいと思います。投手のフォームにも縦回転は必要ですから「縦回転」が外野のバックフォームと通じるのでしょう。


◆おちあいさん、ありがとうございます。

まだ低学年には遠投をさせていません。
このステップを教えてからにしようかと思います。
というより、まずはスキップから教えないと・・・^^


◆中学野球。comさん、ありがとうございます。

イラストを褒めて頂きありがとうございます^^
最近忙しく、イラストを描いている時間がとれませんでした。

このイチロー選手が捕球する瞬間で一時停止してみると、
右足が前、左足の横で捕っていますね。
これはイレギュラーしないグランドだったらいいのですが、荒れている小学校のグランドではまだ早いですよね。


◆Y.Mさん、初めまして!
コメントありがとうございます。

私達も低学年用21mの塁間のグランドしかありませんが、やろうと思えばテニスボールで内野手だけの試合もできますし、狭い場所での練習は過去ログにありますので、使えそうな練習方法があるか?お時間がありましたら覗いてください^^

私達の低学年チームは11時から12時まで食事をして、高学年が食事の12時から13時の間にメイングランドでバッティング練習をしています。

他にも
◎ダッシュ走りこみ練習(グランドの一部)
◎守備練習(狭いグランド)
◎ロングティー(広いグランド)

学年関係なく3つのグループに分けて練習すれば、個人能力アップの練習メニューができますよ。


◆oyajiさん、ありがとうございます。

oyajiさんの解説を見て鳥肌が立ちました!
生であの場所にいられたのですね。

>「あいつは宇宙人か?」

まさにアメリカ人らしい賞賛ですね^^
「レーザービーム」なんて言葉も、日本の解説者には思いつきもしないでしょうね。


◆ひろ親さん、ありがとうございます。

この映像は、何十年たってもアメリカで使われ続けるでしょうね。
私も孫の代まで「レーザービームichiro」を伝えようと思います^^
Posted by metoo at 2007年04月20日 11:43
いつもとても参考させていただいております。
トラックバックさせていただきましたのでよろしくお願いします。
Posted by sakuraidaniboys at 2007年04月20日 12:23
◆sakuraidaniboysさん、ありがとうございます。

いいなぁ〜Mマークワッペン^^
大阪大会がんばってください!
Posted by metoo at 2007年04月20日 17:15
動画を見て

外野ゴロの捕球方法
(1)打球を後逸しないことを優先して、左足の前(身体の内側)での捕球を進める人
(2)グローブが自然に出せ、(1)より送球ステップが踏みやすい左足の横での捕球を進める人

イチロー選手は、(2)の方法ですね。
動画を見ると、左足横での捕球ですが、ヘソ正面捕りになっていますね。
また、ボールを、送球ステップ中に素早く握りかえていますね。
ボールがグラブの正しい捕球面にしっかり掴まれているから、送球ステップ中に、その場所へ手を入れて素早く握りかえられると思います。
Posted by Oっ3 at 2007年04月21日 00:59
この練習しました
かなりレベルアップしますね
Posted by 裕茶日 at 2007年04月22日 16:11
この練習しました。
かなりレベルアップしますね
Posted by 裕茶日 at 2007年04月22日 16:11
初めまして。
すごく参考になり、<A href="http://plaza.rakuten.co.jp/kotoda/diary/200704220001/">引用</A>させていただきました。

すばらしい記事を記載していただいてありがとうございます。
Posted by asahi at 2007年04月22日 23:01
◆Oっ3さん、ありがとうございます。

(1)と(2)を両方とも教えたいのですが、グランドによると思いました。
自分で試してみましたが、とてもじゃないですが学校のデコボコグランドでは(2)は後ろにそらしてしまいできませんでした。

人工芝のグランドや、イレギュラーのないグランドから(2)は教えるべきなのかなぁ〜と感じました。


◆裕茶日さん、ありがとうございます。

ステップが大きい=体重移動で投げられる。

これが解りやすいですね^^


◆asahiさん、初めまして!
コメントありがとうございます。

今はいろんな動画がネットに転がってますので便利ですね^^
今後ともよろしくお願いします。


Posted by metoo at 2007年04月23日 15:47
肩が弱くてい選手でもどうやったら遠くになげられるんですか.
Posted by jih:ujioj at 2009年04月12日 17:57
◆jih:ujiojさん、ありがとうございます。

jih:ujiojさんが、どんな投げ方をしてるのか、私は見ることが出来ません。
投げ方を教えてくれる指導者は誰かそばにいませんか?

本屋さんに行くと、いろいろな投げ方の本が並んでいます。
自分の投げ方を誰かに撮影してもらい、自分で研究してみるのも大切です。

投げるというカテゴリーに、私からのヒントとアイデアは記録してあります。時間があるときにでも参考にしてください。

http://metoo.seesaa.net/category/435192-1.html
Posted by metoo at 2009年04月14日 14:13
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

■外野からの送球(イチロー動画)
Excerpt: 少年野球BLOGさんで素晴らしい記事がありましたので紹介します。少年野球BLOGさんホームページ
Weblog: sakuraidaniboys (桜井谷少年野球部コーチのブログ)
Tracked: 2007-04-20 12:20