2013年03月19日

プロレスvs相撲

異種格闘技 いや 異種野球大会が終わってしまいましたね^^

同じ競技の様で、違ったスタイルで戦う国際大会。
とても興奮した、四年に一度の大会でした。

日本の強さはどう海外は見ていたのでしょうか?
プエルトリコのロドリゲス監督のコメント
「日本の連覇には理由がある。試合を熟知し、小さなことを大切にしながら戦う。攻撃でも守備でも簡単にはミスをしてくれないだろう。われわれは完璧な試合をするしかない。投手はストライクゾーンを攻め、攻撃では積極的に次の塁を狙う」

小さなことを大切にする。
スモールを大切にする。それが日本の強さとあらためて感じました。

次の国際大会はプレミア12という新しい大会が2015年日本で開かれます。

その前に
U-21世界野球選手権大会
21歳以下の世界大会もあります。

U-18ワールド・ベースボール・クラシック
18歳以下のワールドベースボールクラッシクもあります。

今から日本の野球は

プロレスへ進むのか?

それとも

相撲へ進むのか?

もう一度、どの方向の野球を目指すか見つめなおす時期です。

個人的には

日本の野球をもっともっと極めていって欲しい。

どの国も真似できない日本野球スタイルをもっと磨きあげて欲しい。

それは高校野球という世界遺産があるからです。

高校野球こそ、日本野球の原点だと今大会わかりました。


そしてプロ野球は、
今まで以上に、
ドミニカ、プエルトリコ、ベネズエラ、ブラジル
中南米に足を運ぶようになるでしょう。

残念だけど、日本野球は海外にはあまり出たがりません。
その代り、海外からいい選手をたくさん迎え入れたいですね。



url.jpg
imgres.jpg
台湾の王健民投手
日本ハムの大谷選手
目の輝きが似てますね!
好きだなあ!この目!


試合が終わった後、
マウンドで円になって挨拶する台湾の姿が印象的でした。


2013.03.07 朝日新聞 台灣代表投打分析 - 工藤公康

13031901.jpg
13031902.jpg
高速シンカーの握りと投げ方です。
ツーシームで握って押し込むなんですね。



終わってみると
第三回WBCは、
第四回WBCへ向けて
坂本と中田の土台作りのような大会でした。

この二人についてはまた後日^^
posted by metoo at 10:28| 千葉 ☀| 日記 | 更新情報をチェックする