2007年02月09日

「基本」ってなんだろう?

あるテレビ番組で、と言っても話題に使うのはNANDAばかりですが、そこで巨人から横浜に移った二志敏久選手の特集をしていました。

やはりプロ野球選手です。
いろんな事を考えながらプレーしているんですね。

最後に二志選手が行った一言

基本が大切、なんでも基本が大切って言いますけど
『基本ってなんですか?』


まさしくその通り!と思ってうなずいてしまいました。


あの指導者の基本はあー言う、
この指導者の基本はこー言う。

果たして基本はいくつあるんだろうか?


野球には、
「これでなければ絶対にいけない!」
   なんて基本は無いのではないだろうか?

投げ方も、打ち方も、捕り方も、

去年のパリーグ新人王、日本ハムの八木選手の基本。
同じくパリーグ沢村賞の斉藤和巳選手の基本。

松井秀樹選手のスイングの基本。
イチロー選手の基本。
清原選手の基本。

ジミー・ロリンズ選手の基本は、ショートゴロはスライディングして捕って投げた方が速い!ですからね^^

それぞれの選手の基本は、全く違うと言っていいでしょう。
みんなが同じ基本通りの、同じ打ち方、同じ投げ方でプレーをしていたら、誰もプロ野球なんて見ないでしょう。

特にバッティングなんて何でもいいんです^^
90m100mを越す打ち方のなんて、
コース球種によって、星の数ほどありますしね。
子供が頭を抱える基本なんて、全く必要ありません。


少しひねくれてますが、

基本って個性じゃないのかなぁ?と思います。


Aコーチが教える基本、それはAコーチの個性でしょう。
Bコーチの指導する個性と、Aコーチの個性と異なって当たり前でしょう。
それをまとめて、チームの方針を作るのがC監督の個性でしょう。


私にも私の基本があり、個性があり、みなさんの指導とは異なる点が多数あると思います。

「metooはこう言ってるけど、俺はこう思うんだ!こう教えたいんだ!」

それが基本であり個性であり、正しい答えではないでしょうか?

野球の動作には間違った動作もたくさんあるでしょうが、
正しい答えもたくさんあると思います。
答えは1つじゃないのが野球です。

指導者が子供達を見つめ、自分の考えを自信を持って教えていく。

指導者にも個性を持つ事が基本かなぁと、
(もちろん子供達を悩ませない、指導方針のすり合わせは必要ですけど)

基本を磨くなら、自分の個性を磨いた方が
  野球は楽しいですよ^^




こんな事書くと、また荒れちゃうかもなぁ^^
posted by metoo at 03:17| 千葉 | Comment(40) | TrackBack(0) | コーチング | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
なるはど
勉強すれば、するほど その考えが強くなりますね
でも打てる様になるのに、その子には どれがいいか? 考えるんですよね

わたしのブログにケロの打撃写真のせました
粗い写真ですが 見てみてください
いかがなものでしょうか?
http://kerokero223.seesaa.net/article/33225763.html

是非metoo氏の指導を!
Posted by ケロの父 at 2007年02月09日 06:12
明るく楽しく仲良く元気に
やっぱりこれでしょう。
Posted by Skyboys広報 at 2007年02月09日 07:35
私もその番組、見ました!仰るとおり「個性」は伸ばしてあげたいですね^o^)。でもさすがに種田打法は子供達には…そのためには私達も勉強しなきゃダメですね。頑張りましょう!
Posted by kapy at 2007年02月09日 07:44
どこのチームでも悩みは一緒みたいですね!基本て何?私は子供達を木に例えて指導を考えました。基本は木の幹、個性は枝!初めに個性を伸ばし過ぎると枝がはりすぎて上にのびない。野球人生まだまだ先が長いと思います。体格も変わり指導者もこれから先どんどんかわります。どっしりとした幹を作ってあげてはどうでしょうか?
Posted by 少年野球の父 at 2007年02月09日 08:52
確かにそうですね。皆、基本基本といいますがそれぞれ微妙に違います。その人の解釈次第ということでしょうか。
捕り方、投げ方、打ち方、走り方。それぞれ個性があって、同じ動きをする人はいませんよね。

>答えは1つじゃない
これが答えだと思います。
Posted by とんぼ at 2007年02月09日 08:59
基本?個性?
真っ直ぐ見れば基本て「足し算引き算かけ算わり算」的なものかなぁ。これが分かれば自分なりに応用していけますし。
個性は競争があってはじめて生まれるものだと思います。個性とわがままは別物ですね。取り違える人も多いですよ。上ばかり見ている人はおざなりになりやすいかもしれません。
プロ、アスリートに近づけば近づくほど競争の中で個を出さなくてはなりませんが、個性、個性と言ってプロ、アスリートが基本といわれるものをおざなりにしているかといえばそうではありませんよね。
個性という言葉ばかり先走るのは?
Posted by Fastballer at 2007年02月09日 09:53
***不安定なバランスを作る***
「あえてバランスを不安定にする」
星さんのブログ
『スプリント講習 座学』12/05
人間はバランスを崩すことに不安を感じる
あえてバランスを不安定にすることによって、反射を活用してスピードを呼び込む.

先日mettoさんが書かれていた、
この言葉を、選手に理解してもらって
体感してもらうことが、コーチの
大切な仕事だと思っています。

いろいろな教え方を、持っていれば
個性あふれる色々な選手に対応できると信じています。

これからもよろしくお願いします。
Posted by meguro at 2007年02月09日 09:57
「基本」という言葉を安易に使いすぎる日本人。何か困ったら「基本」。何か迷ったら「基本」。スポーツの中で、個性を生かせる場面が多いのは野球がダントツでしょう。せっかくの個性を摘まないように心がけたいですね。
Posted by 横浜への道 at 2007年02月09日 10:37
学童野球では、怪我(野球肘やリーガー肩等)にならないようにすることが基本で、
楽しく、そして時には厳しく練習することで個性(自我)は生まれるんではないかと思います。
Posted by 監督暦6年 at 2007年02月09日 11:38
おお、書こうと思ったことズバリ、監督歴6年さんがお書きになりました。
私もこの意見に全面的に同意です。
Posted by 五十路コーチ at 2007年02月09日 11:44
基本と個性、相反するもののように感じてましたので、これからちょっと違った感覚で選手に接することが出来そうです。少年野球チームの目標は勝利かもしれませんが、個人的には野球がもっともっと好きになって皆が中学に進んで欲しい。
基本、基本と言いながら勝利の為に押し付けてることもあるかもしれません。プロでもないので管理野球より、昔の西鉄ライオンズのような自由奔放な野球が出来れば理想ですね。監督コーチとの意見の共有がもっと必要でしょうけど。みんな「野球やってて楽しいっ!、良かった!」って思ってるかなぁ・・・
Posted by まっちゃき at 2007年02月09日 11:56
ゴロを捕る時は左足が前?
バックハンドはOK?それとも周りこんで正面?
内野ゴロのバックホームは正面のゴロでも
バックハンドで捕った方が送球が早い?

我がチームのコーチ陣でいろんな意見がでますが、指導方法のすり合せができていません。

個性豊かな選手に育てたいですね。
Posted by ヤス at 2007年02月09日 12:14
基本・・・遊ぶこと(^_^;)
基礎・・・遊びが成立する最低限のルールと技術
個性・・・長所、短所を含めて、遊びをより豊かにするスパイス

かな。よくわからないイメージです。
Posted by クリえもん at 2007年02月09日 12:46
確かに安易に基本という言葉を使っているかもしれません。
個性豊かな選手に育てたい!
確かにそうです。

しかしながら、30人〜40人いる子供達の
個性を本当に掌握できるでしょうか?
という疑問にもぶち当たります。

ある程度の技術習得までは、各コーチの
思い描く基本を教えていく形でよいので
はないでしょうか?

その後、自分なりの工夫、タイミングを
取り入れていく。
そんな感じではないかと思います。

プロ野球選手達もきっとその基本を
乗り越え、よりいい物を完成させる
ために今のフォームになっていったんだ
と思います。
Posted by へぼコーチ at 2007年02月09日 12:55
「基本」という言葉は便利なもので,何かあっても「基本だ,基本!」とか言っておけばそれでその場をとりつくろえたりしますね。
極端な言い方をすれば,自分の勉強不足や向上心の無さを露呈する言葉だなぁ,と反省しております。

子ども達に接するとき,指導するときの「基本」は(すくなくともチーム内では)すり合わせておく必要があるなぁと思います。
Posted by K太父 at 2007年02月09日 13:04
技術的な個性は小学生のうちはなかなか出てこないでしょう。中学・高校からそういうものは出てきます。
小学生の間は技術的な個性ではなく、気持ちの個性を把握して指導してあげたほうが、子供達も指導者もある意味楽だと思います^^

野球で個性が出るのは、ボールをミートするまでの過程・ボールをリリースするまでの過程で人それぞれの動きがでてきます。
ですが、このことはある一定レベルの体力がついてこないととても指導できないと思います。
Posted by タイムリーパパ at 2007年02月09日 13:14
基本を英語で言うと「basic」野球の基本が「basic skill」だとすると、やはり基本は大切だとおもいます。

日本のアマチュア野球を見ていると、皆さんほんとに基本に忠実だなぁ、とつくづく感じさせられます。

ここシドニーでは、基本がまるっきり欠落したベースボール?を見ることが出来ます。これを見れば、日本の皆さんも「んっ、やっぱり基本だけは押さえておこうねっ」てことになるとおもいますが。
Posted by 野球中年 at 2007年02月09日 13:21
考えれば考えるほど、野球って奥深いですねぇww 親としては、子供にとってどれがベストなんだろう??って、悩んでしまいます。。。
Posted by fight at 2007年02月09日 14:57
metooさん、何時も問題提起有難うございます。(って思ってんの俺だけ?)そうですよね〜。何につけても、「基本・基本」って、言っていますよね〜。型に、とらわれ過ぎかな〜。もっと、子供達個人、個人に合わせないと駄目なのかな〜。(考え過ぎ?)
Posted by 炎のコーチ at 2007年02月09日 16:13
いつもmetooさんの書かれていることにツッコミ所を探しちゃってるひねくれ者のかにです。(^_^)v

確かに皆さん書かれているように、『基本』は千差万別。体の構造に反しない、痛めないやり方であればなんでもいいんだと思います。
しかしだからと言ってどんなやり方でも構わないというのでは、子供が混乱してしまう。
K太父さんの書かれている様に、指導者の中で最低限の意思統一は必要だと思います。
要はそれがチームにとっての『基本』になるんじゃないでしょうか。問題は若い指導者から老指導者まで、上手いこと意思統一を図ることが出来るか、ということだと思います。

ただしそれは投げ方、打ち方に限ったことであって、動き方に関しては、最善の方法ってのがあると思います。
Posted by かに at 2007年02月09日 16:27
たしかにねぇ〜!!
これが正解ってのはないのかもしれないですよね!!
本人にとって一番しっくり来て気持ちいいのがいいのかもですね!!
勉強になります!!
Posted by リナケイパパ at 2007年02月09日 18:27
基本ですか〜??そ〜ですね〜!言ってますよね〜!!「ボールは体の正面で取れ!」とか、「バットは水平に!!」とか...でも、考えれば「飛びつけ〜!」とか言ってますよね〜 矛盾することを...
でも、個性ですか〜?
個性を主張して来るちびっ子いないかな〜?
オレ流みたいな!^^意外に好きなんだよな〜生意気なちびっ子!!昔はいっぱい居たんだけどな〜
ちなみに、我が家の小4と小2はカッコだけは主張してくれてます。^^;
いい加減野球上手くなれよ〜!
Posted by ヒゲ親父 at 2007年02月09日 18:39
ボクは野球を習ったことがないから、「基本」といわれても「?」なのですが、「ボールは正面で捕れ」とかいうことには以前から激しく疑問を感じてます。なんでかっていうと、自分に直線的に向かってくるボールを捕るのって、ボクには一番難しいからなんです。だって、次第にボールが大きく見えてくるだけで、距離間やスピード感がつかみにくいから・・・。それって、ボクがヘタクソなのかもしんないですけど、ちょっと斜め方向から見たほうがボールは捕りやすいし打ちやすいように思います。だから「捕る瞬間だけ、正面に入ったほうがいいかも」って言われると嬉しくなっちゃうと思います。

話しはかわりますが、「これが一番の方法だ」とか「この方法に違いない」って決めつけちゃった瞬間に、だいたい大きな過ちをしちゃってるってことに気が付き始めた今日このゴロです。
Posted by hiratakuwa at 2007年02月09日 22:04
>最後に西選手が行った一言

これって伏字?
2chの影響?
いずれにせよ、もう少し勉強してから書き込めば?
Posted by 通りすがり at 2007年02月09日 23:16
あッ!やっぱり観てましたね^^
番組みながら、metooさんのネタになるのかなぁ〜って考えてました。

「基本」は野球が楽しい!野球が大好き!

大人はハイテク技術を用い理論を研究し、
子供達がいかに楽しく、上手になれるかを
ビール片手に、日々悩むことでしょうかね(?_?)
Posted by K'Sクラブ20 at 2007年02月09日 23:23
私は、基本の上に応用があってその応用が個性かなぁと思います。
そうなると基本ってなに?となるのですが。。。
難しいですね。
勉強させて頂きます!
Posted by おちあい at 2007年02月09日 23:24
すべてのプレイは、何でそういう動きになるのか、それなりの合理的な説明がありますよね。
基本はそうやって説明されるものの中でもっともシンプルで無駄が省かれた部分だと思います。
だからそれぞれのプレイに対して基本はそんなにたくさんの数はないと思います。
それに、絶対ではなく、状況に応じて変わっても良いし変わっていくべきものであるはずです。

で、合理的な説明を抜きにして頭ごなしに押し付けたり、逆に基本だからということで理を考えないことを仁志選手は嫌っていたような気がします。
皆さんが言っているように、安易に基本という言葉を使いすぎということでないでしょうかねえ。

基本と個性ということについて言えば、基本(理)があるからこその応用(個性)だと思いますので、基本をないがしろにした個性は無理があると思います。基本との違いを知らなければ、個性的なプレイのどこが良いのかも分かりませんもの。基本80%+応用20%で個性ぐらいの感じじゃあないでしょうか。

基本(理)を教えるけど、矯正はしないってことでやっていきたいと思います。
Posted by 端っこ at 2007年02月09日 23:39
基本!最近この言葉は使ってないですねぇ〜
たまたま落合監督の本を、又、読んでいたので、似たような言葉を思い出しました。
百人いれば百通りの考えや動きがあり、それでも同じ通り道が必ずある。
そこは避けてはいけない。
みたいな感じ?だと…
Posted by HAGE at 2007年02月10日 01:42
野球の動きにつながる基本動作は
ある程度決まったものがあると考え
ます。個人的には生徒に「なぜこの
動きが基本なんですか??」と聞かれた
ときに、彼らの納得がいく説明が
つくものが「正しい基本動作」だと
考えています。 

とはいえ、私も自分が教わってきた
ものをベースにしていますので、
他の指導者から見れば「違うだろ??」
と思われる細かい部分は出てくると思います。
Posted by shun at 2007年02月10日 08:59
はじめまして。
 いつも楽しく!真剣に!拝見させてもらっています。
 基本はスポーツの世界では大きな意味での「キッカケ、コツ」と考えてます。
 キッカケをただ漠然と待つのではなく、基本と言われている練習を色々させてと。(指導者の理解度が大事ですね)
 「形」が基本ではなく「身体の使い方」を覚えるものだと。
 教えやすい、覚えやすいということでいろいろな形があるのでは。
 プロ選手でも不振になると基本形の練習に戻ると言う選手もいますよね。
 キッカケを掴んだ子は直ぐに化けると思っています。
 そして、化けたならガンガン応用を利かせて活躍して欲しいですね。
 
 指導というのは本当に難しいですね。まだまだ修行中ですが、宜しくお願いします。
Posted by trytry at 2007年02月10日 17:56
metooさん、コメントレス大変ですね。もっと大変にするために、私もコメントさせていただきます。

人間の身体は宇宙と同じだと思っています。宇宙は銀河系があって太陽系があってとか実際に判明されていることがありますが、大部分は仮説でしかありえないですよね。人間の身体も、基本的なことは判っていても奥深いところは未知の世界だと思います。ましてや人間は全員顔が違う様に、身体も千差万別。頭で考えていることはもっと多種多様。これはひとくくりに出来ないと思います。
同じ目標に到達するにも、正面から一歩一歩登っていく方法もあれば、壁の後ろに梯子をかけて登っていく方法、ヘリコプターから落下傘で降り立つ方法と色々あるとおもいます。
会社も基本的な定石に則ってやっていれば倒産しないとは限らないですしね。MBA資格があれば全て問題解決とはいかないですから。
当然基本を疎かにするのダメだと思いますし、それはしっかり身に着けなければいけないです。その上で基本を疑って、高いレベルの技術を我が物にしていくのがトップレベルの選手なのではないでしょうか。

これだけ書けば、レスもたくさん書いてくれるでしょう(笑)。
Posted by 星 十徹 at 2007年02月12日 07:09
 こういう記事は、やっぱりコメントが多いですね。^^

 我が職場の指導的立場の方たちが、「指導方針」としている言葉で一番多いのが『基本の重視』とか『基本の徹底』ですね。『愚直なまでに基本に忠実』なんてものもあるくらいです。

 一歩間違うと命の危険もある職場なので、こんなキャッチフレーズが必要なのでしょうが、metooさんの記事であまり基本に凝り固まるのもどうかと思ってしまいました。^^

 先日、うちの監督に片手の素振りのやり方について質問をしました。(一昔前と違うやり方をしていたような気がしたので。)
 そしたら、監督がそれに対して「○○さん、野球の教え方に正解なんて無いんですよ。」

 結局、子供たちに対して、上手になって欲しいという熱意が一番かな・・・と。
Posted by ナル at 2007年02月13日 08:35
お〜い、コメントを書いている、みなさ〜ん。何か、感違いされてるのでは?。metooさんは、皆さんがよく使う言葉、「基本」に対して一石を投じてるんだよ〜。言葉は簡単だよね。
Posted by 炎のコーチ at 2007年02月13日 10:50
◆ケロの父さん、ありがとうございます。

スミマセン、ケロ君に、たいした指導ができなくて^^
次回は動画を見せてくださいね!


◆Skyboys広報さん、ありがとうございます。

やっぱりそこに辿り着きますよね^^
「明るく楽しく仲良く元気に」
大人もそうありたいのですが・・・なかなか・・・


◆kapyさん、ありがとうございます。

1打席目、種田選手
2打席目、新庄選手
3打席目、赤星選手
4打席目、イチロー選手

全員モノマネで練習試合しましょうか?^^


◆少年野球の父さん、ありがとうございます。

幹が基本という考え方、素晴らしいですね!
桜、杉、松 子供達それぞれが、いろんな木に育ってもらいたいです。


◆とんぼさん、ありがとうございます。

>答えは1つじゃない
これが答えだと思います。

試合は得点の差で決まりますが、
掛け抜けが全員出来ていたか?
内外野のカバーはできていたか?
見方を変えれば、たくさんの答えもあるでしょう。

少年野球を通じて、将来に繋がるどんな事を学べたのか?
そんな答えも、たくさん見つけてもらいたいですね。


◆Fastballerさん、ありがとうございます。

人それぞれの考え方を、私は尊重しています。
もちろん、Fastballerさんの指導方法や基本の考え方も素晴らしいと思います。

「基本が大切」と誰もが考えるでしょうが、基本、基本と言葉だけが先行し「あれはダメ、これはダメ」その子の個性を押しつぶしてませんか?答えはたくさんありせんか?と私は疑問を投げかけてみました。


◆meguroさん、ありがとうございます。

個性あふれる選手軍団をつくりあげるには、
まず、いろんな考え方もあると認めなければいけないと思っています。

私の野球を見る視点は「遊び」からです。
これを認めてくれる方は少ないですけどね^^


◆横浜への道さん、ありがとうございます。

二志選手が言ってました、
「イレギュラー対応するプレーが大切」
状況が変わった場面で、瞬時に判断し対応するプレーが、二志選手の基本と考えられますね。
「絶対にバウンドはイレギュラーするからな!」
こんなノックに切り替えてみます^^


◆監督暦6年さん、五十路コーチさん、ありがとうございます。

お二人とも同じ意見ですね^^

ケガや故障で野球を断念する子供達を見るのは残念ですね。

私は「ケガや故障も治療できる指導者」が、これからの指導者基準になると願っています。


◆まっちゃきさん、ありがとうございます。

>基本、基本と言いながら勝利の為に押し付けてることもあるかもしれません・・・

そういうことです!
最近、私達チームの高学年が試合中に笑わなくなりました。
「本当にその野球でいいの?」
いつも仲良し野球もいいのでしょうが、ケンカになってもいいから、ときには腹の底から言いたい事を言い合い、ぶつかり合う事も大切でしょう。そこから本当のチームワークが始まると思っています。


◆ヤスさん、ありがとうございます。

>指導方法のすり合せができていません。

確かに指導者間で悩む時もありますね。
「どっちが0.1秒速いプレーなのか?」
大人がストップウォッチをもって測ってみて決めちゃいましょう^^


◆クリえもんさん、ありがとうございます。

この3つの考え方、いいですね!私も賛成です^^
遊びの中で楽しみを覚え、1つ1つのプレーが出きて来るともっともっと楽しくなる。
子供達を見ていると、つらい練習でも楽しそうにプレーをしてる子が上達しています。つまんなそうに、いやそうに練習してる子は、残念ながら・・・です^^


◆へぼコーチさん、ありがとうございます。

>30人〜40人いる子供達の個性を本当に掌握できるでしょうか?

まだ、この人数に達した事がないチームなのでワカリマセン^^


1人で30人を見るのならば大変でしょうが、コーチの人数で分担すればよいのでは?


◆K太父さん、ありがとうございます。

K太父さんと言う事で、一度コメント返信を休憩させていただきます^^

ちょっと昼飯食べてきますね^^
Posted by metoo at 2007年02月13日 14:09
◆K太父さん、再び^^

「野球の基本はキャッチボール」などと良く使いますが、
バッティングの基本、投げ方の基本などは、たくさんありすぎてどれが基本なの?と悩んでしまう場面が多く見られます。

基本と言う言葉は、基本方針、基本理念など、物事の考え方に多く使われるならば私もわかるのですが、技術面に基本が多すぎるのは、ちょっと考えてしまいませんか?


◆タイムリーパパさん、ありがとうございます。

>小学生の間は技術的な個性ではなく、気持ちの個性を把握して指導してあげたほうが、子供達も指導者もある意味楽だと思います^^

仰るとおり、子供達の気持ちの個性はとても感じます。
ある一定のレベルの体力、この当たりなんでしょうかね?


◆野球中年さん、ありがとうございます。

オーストラリアに日本はオリンピックで負けましたからねぇ^^

先日テレビで、オーストラリアの野球指導にメジャーが関わってる番組を見ました。次のオリンピックで日本はリベンジなるのか?楽しみです^^

どこからが基本で、どこからが個性なのか?
なんでも基本通りになりすぎて、個性が横並びになってる日本の子供達も感じますよ^^


◆fightさん、ありがとうございます。

何がベストなんですかね〜
自分でやってみて、試してみて、自分のベストを決めるのがベストでしょうか?^^


◆炎のコーチさん、ありがとうございます。

鋭い洞察力ですね!
私が何を言いたいのか、解ってらっしゃるのは炎のコーチさんだけです^^


◆かにさん、ありがとうございます。

チームの「基本」は、指導方針をスタッフみんなで話し合い、統一された指導が望ましいと私も思います。

でもね、なんでも基本にそってなければ絶対にいけないのか?レールを引いて上げなければいけないのか?自分自身で考える子供は育てられないのか?
基本と規則を同じに考えて指導してないか?って思ってしまうんですよ。

まぁ、これも人それぞれあるってことで^^


◆リナケイパパさん、ありがとうございます。

なーんにも間違ってる事はないじゃないんでしょうか?
一生懸命頑張って練習して、自分の技術を個性を作る事が楽しいと思います。
あーやってみよう!こーやってみよう!親子の発見を楽しみましょうね^^


◆ヒゲ親父さん、ありがとうございます。

みなさんにコメントを書いていて、だんだん私も何を書いてるのか解らなくなってきました^^

個性が発揮できる環境を作ってあげるのが、指導者かなぁ〜と思います。

のびのび育てたいけど、厳しく言ってしまう。
このあたりが難しいですね^^


◆hiratakuwaさん、ありがとうございます。

素晴らしい!
ご自分で体験されて考えたことが正解だと思います。

>「これが一番の方法だ」とか「この方法に違いない」って決めつけちゃった瞬間に、だいたい大きな過ちをしちゃってるってことに・・・

「答えは1つじゃない、たくさんある」
と書きましたが、
「答えは毎日進化する」
が正解かもしれませんね!


◆通りすがりさん、ありがとうございます。

ご指摘ありがとうございます。
二志選手でしたね^^
すぐに訂正しておきますm(__)m


◆K’Sクラブ20さん、ありがとうございます。

木曜日の深夜は必ず見るようにしています^^

「おいしいビールを飲む為には?」

野球を楽しんで、悩んで苦しんで、
やっと優勝した時のビールでしょうね^^
Posted by metoo at 2007年02月13日 16:37


◆おちあいさん、ありがとうございます。

基本って何?

そこなんですよね!
おちあさいんの基本を、みなさんの基本を作って行きたいですね!


◆端っこさん、ありがとうございます。

私には私の基本があります。
しかし、他人から見ればそれは基本とは呼べないこともあるでしょう。

端っこさんの基本もあり、私の基本もある。
ひとそれぞれの基本があるならば、それを個性と呼んではいけないのか?
などと考えてみました。

基本と応用に関しては、私も同じ考えです。


◆HAGEさん、ありがとうございます。

>百人いれば百通りの考えや動きがあり、それでも同じ通り道が必ずある。

なかなか共通点が見つからないんですよね^^
あっちの本には、こっちの本には、それぞれ違った答えがある。
あの人、この人、それぞれの理論もちがっている。

何が正解?ではなく、何を試してみて自分にあっているか?

子供百人に共通する答えなんてあるのだろうか?

悩みが尽きませんね^^


◆shunさん、ありがとうございます。

私もブログを書いていて
「これって俺だけの考えだよな〜 みなさんはどう思うだろう?」

やっぱり不安になって、人の意見を聞いてみたくなります。

意見が一致する方、違った意見の方、それぞれがとても参考になります。


◆trytryさん、初めまして!
コメントありがとうございます。

「基本はキッカケとコツ」ですか、素晴らしい考えですね!
私達指導者も教えやすい、子供達も覚えやすい。
こういった指導を見つけると嬉しいですね。

私も伝わりやすい指導方法をこれからも考え続けようと思います。
今後もよろしくお願いします。


◆星さん、ありがとうございます。

>これだけ書けば、レスもたくさん書いてくれるでしょう(笑)。

もう2時間コメント返信しています。
これ以上はカンベンしてくださいm(__)m
と言う事で、

星さんへのコメントパス!


◆ナルさん、ありがとうございます。

>結局、子供たちに対して、上手になって欲しいという熱意が一番かな・・・と。



そうなんですよね、一番大切なのは 基本ではなく、

  熱意  
 
    子供達と、どう接するか?

熱いおっちゃんになります!^^


◆炎のコーチさん、ありがとうございます。

二度目のコメントありがとうございます。


「基本」という考えについて、みなさんからたくさんのコメントを頂けました。

生意気ですが、思ったとおり、基本の考えがブロガーさん1人1人違っていました。

これが確かめたかったので、私には納得できた日記だったと思います。

炎のコーチさんだけが、私の裏を読んでいましたが^^

  
Posted by metoo at 2007年02月13日 16:37
コメント欄読むのも一苦労でした。

ようするに野球の基本以前に、考え方、思考の基本が違うんだから、結論や意見が違って当然。
前回の『遊び』の時もそうでしたが、言葉が簡潔であるが故に捉え方が千差万別。みんながみんな合ってる気がするし、なんか間違ってる気もする。そんなもんなんでしょう。
指導者それぞれに基本がある。当然選手個々にも基本がある。「個性を重んじた」と一概に言っても、じゃあ指導ってなんだろうって悩んじゃいます。
言葉って本当に難しい。
metooさんのように、自分の考えている通りに解釈して貰わなくてもオッケーって書き方はすごいと思う。
私なんかは伝えたいって気持ちが先に出過ぎちゃうんだよねぇ。
Posted by かに at 2007年02月13日 17:49
「基本」って何が基本なのか悩むところです。
といいますのも、同じ右投げ左打ちのイチローと松井(NY)にしたって根本から打撃フォームの成り立ち方(幹)が違うと思います。同様に投球フォームも様々。
よく高校野球で「基本ができてない!!」と監督から怒号がありますが、その監督の考える基本(内容とその範囲)も千差万別です(笑)。仮にその監督が考える「基本」とその子の教わってきた「基本」が異なる場合、監督に合わさなければなりません。試合に出してもらうためにも。
だから、こちら側にできることは、技術論に賛同できる指導者の下を選ぶことだけです(苦笑)。
そして、残念ながら、それが本当の意味で(こちらの意志で)選べるのは、小学、中学時代のクラブチームでしかないのです。
Posted by touch at 2007年02月13日 18:09
◆かにさん、ありがとうございます。

こういった宙ぶらりんの話題は、ブログや掲示板などの一方通行より、一杯飲みながら、意見が交換できる形の方が良さそうですね。
今回も失礼しましたm(__)m

いつでもお酒は付き合いますよ〜^^
Posted by metoo at 2007年02月13日 19:08
◆touchさん、ありがとうございます。

我が家の高校野球への考えは、ちょっと違っています。

数ヶ月前、細かいステップはtouchさんチームでは教えていない、とコメントを頂きました。どんなゴロでも全力でボールに入って行き、流れのままスローする。

こう言った指導方法が聞けるのが、とても参考になります。

息子には、どんな高校野球の指導者にもついていける選手になるように伝えています。

この高校は、このステップでいいんだ。あの高校には、あのステップでOKだ。
などと、いろんな野球があることを息子には伝えています。

また途中から指導方針を変える監督さんもいらっしゃいますから(苦笑)、どんな野球に代わっても順応する準備するように、と伝えています。

(高校を選べる学力成績がない息子なので、仕方がないでしょう。)

目指す高校が決まれば、その高校の練習と試合を見に行って、自分のスタイルをその高校のスタイルに変えて練習するつもりです。そのくらい自由なシニアチームなので(苦笑)ある部分助かっています。

高校に入って一発目のノックで、監督さんはだいたいの能力を見抜いてしまいますからね^^
最初のノックで3年間が決まるぞ!
と伝えています。
Posted by metoo at 2007年02月13日 19:27
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック