2006年12月26日

バントプレス

puresu01.jpg
無死一塁、無死一二塁。送りバントが予想されたケースで、図のように守備位置を極端に変えてくるチームと遭遇した事があります。
これが良いのか悪いのか?私には答えられませんが、まずは自分達でゾーンプレスをマネしてやって見て、そこから何かヒントをつかむのも、いい経験になるでしょう。

バントが予想される時、
得点差やイニング、バッターの特徴などが考えられます。

2年前「巨人軍の野球教室」のビデオを子供達と一緒に見て、プロ野球が、バント処理にどう対応してるのかを、皆で勉強しました。

「50%バントプレス」
打ってくるのかバントしてくるのか?どちらか解らない時は、
バントは2人で処理を想定して、確実に1アウトを狙います。

私達チームでは、2人プレス と呼ぶようにしました。

「100%バントプレス」
100%間違いなくバントしてくるだろう!
ベンチの指示で、
3人でバント処理を想定して、先の塁でフォースアウトを狙い、一塁でもアウト、ダブルプレーを狙います。
「守備でも攻撃に行く」2つのアウトを取りに行く、強気の守り、攻めの守りと言えるでしょう。

私達チームでは、3人プレス と呼ぶようにしました。

これを小学生の子供達に、今は出来なくてもいいから、
「高校や中学で教わるプレーだけど、やってみよう!」
「プロ野球の試合を見に行った時、試合の見方が変わるよ!」
セリーグは投手がバントするケースが多いですから、見ていて勉強になります。また中学高校野球からはダブルプレーが多くなります。内野ゴロゲッツーで、チャンスを失うならバントが多くなります。

もちろん、教えるのは5,6年の高学年チームです。子供達が野球が好きになり「もっと野球を知りたい!」と感じ始めたら、技術よりも先に知識を教えてみました。今は出来ない技術でも、知識さえあれば、そこから先は、自分達で考えてくれるでしょう。

「2人プレス」
puresu02.jpg
無死一塁は、投手とサードの2人で処理。
無死一二塁は、投手とファーストで処理。

狙えれば先の塁でアウトを狙う。

ピッチャーは投げた後、走り出す方向が違う事を覚える。

「3人プレス」
無死一塁
puresu04.jpg

・赤い矢印のファーストのダッシュから始まる。
(何かサインを決めて置く。右投手だったら三塁がサインを出しても良い)
・サード、ショート、セカンドがそれぞれダッシュ。
・サード、ピッチャー、ファーストの3人でバント処理。
・セカンドフォースアウトを必ず狙う。
・バントを見逃したら、キャッチャーから一塁ベースのセカンドへ送球。
・盗塁の場合はショートへ送球。
・キャッチャーは空いてしまった、三塁ベースへ走る。

無死一二塁
puresu03.jpg

・赤い矢印のショートのダッシュから始まる。
(何かサインを決めて置く。左投手だったら一塁がサインを出しても良い)
・サード、ファーストがそれぞれダッシュ。
・セカンドだけは、二塁ベースに入る振りをしてからダッシュ。
・サード、ピッチャー、ファーストの3人でバント処理。
・三塁ベースのショートでフォースアウトを必ず狙う。
・三塁のショートは、一塁ベースのセカンドへ送球して、ダブルプレーを狙う。
・バントを見逃したら、キャッチャーから二塁ベースのセンターへワンバウンドで送球もある。
・バントを見逃したら、次は同じ動きで、二塁牽制。一塁牽制もある。
・盗塁の場合はショートへ送球。

注意
バントのフライに、インフィールドフライ宣告はない。

打者があきらめて走っていなければ、
ワンバウンドで捕ってトリプルプレーを狙う。
満塁のケースも同様。
(故意落球とインフィールドフライの違いを教える)


5,6年生の野球大好きな子は、すぐに覚えてくれます。
好きな事は、覚えるのに、勉強は・・・^^



posted by metoo at 12:57| 千葉 ☁| Comment(13) | TrackBack(0) | 守る | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こちらの少年野球ではあまりみかけませんが 兄ちゃんが中学野球の時ほとんどこれをするチームが多かったです。
最悪バスターでヒットを打たれても中学の足・肩なら外野手バックホーム出来ますからね。
バスターと言えば低学年はバスターの方がミートしやすい子もいますね。
Posted by ジャビ子 at 2006年12月26日 16:16
かっこ良いー!
キャッチャーがサードベースをカバーするのがかっこ良いです!

塁間27mで試してみたいと思います。

センターがセカンドに入るのは、練習でやりましたが、試合では怖くて出来ませんでした^^
Posted by 背番号29 at 2006年12月26日 17:07
いつも関心します。ただ、うちのチームでは無理かな?監督・コーチの考え方の相違?アウトカウント・点差関係なくランナーが3塁にいたら、セカンド・ショートを前進させる守備を取らせます。1点差なら納得しますが・・・・案の定定位置にいれば簡単なフライがタイムリーになります。なぜと頭をかしげることが多いのです。
一度なぜ前進するのかと叫んだことがあります。勿論その試合が終わった後にしっかり説教をいただきました。もっと野球を知っている指導者に野球を習いたいものです。
Posted by at 2006年12月26日 17:44
いつも大変参考になります。これからも、宜しくお願いしますm(__)m
追伸
プリントアウトして、子供達にも見せま〜す。
Posted by 裕紀の父 at 2006年12月26日 17:47
いつも勉強になります

図解のフォーメイションが解りやすくてGoodです。

我が地方は、ファーストでなく セカンドが突っ込んでくるパターンが多いですね

うちもプリントアウトして子供達は勿論、監督とも検討材料にします^^
Posted by ケロの父 at 2006年12月26日 22:06
私たちのチームはバントの素振りで一斉にダッシュです。
『バスターを決められたら、しかたない』と割り切っています。
もうちょっとでゲッツー取れそうな雰囲気が出てきています。
Posted by Skyboys広報 at 2006年12月26日 23:51
このフォーメーション、うちのチームもしますよ。

それにしても、判りやすい図です。

フォーメーションもさることながら、いつも素人の私にもわかりやすく説明してくれるので、そちらにも感心させられます。
Posted by おちあい at 2006年12月27日 00:14
小学校、中学校、高校・・・軟式、硬式でバント処理も変わりますよね。
もちろん指導者によっても。
metooさんのようにこうやって図解で説明すると選手たちも理解しやすいと思います。
流石ですね^^
Posted by baseball-oyaji at 2006年12月27日 09:19
プレスも極端な陣形を敷いてくるチームもありますね。
変な話、キャッチャーのすぐ前までサードとファーストが待っているような・・

硬球なら当たり所が悪いと大怪我をしますよ。バッターが強硬した場合。。。

まぁ硬式チームじゃそんなシフトは取りませんか?^^
Posted by ドラ夫 at 2006年12月27日 23:58
◆ジャビ子さん、ありがとうございます。

こう言ったシフトに対して「バスターやってみようかな?」と、自分から発想できる子供を育てたいと思っています。
バスターって何?と聞く子供も大切ですし、自分で見て考えて興味を持つ、、これも楽しむ野球の一つでしょう。
「バスターの方がミートしやすいね!」
これも子供が見つけてくれるでしょう^^


◆背番号29さん、ありがとうございます。

私が監督時代には、シートノックでサード前バント、一塁のセカンドへ送球、ファーストから三塁のキャッチャーへ。
5−4(3)−2(5)のダブルプレーを見せ付けます^^

まぁ、試合でバントされると、忘れてしますけどね^^


◆名無しさん、ありがとうございます。

勝っても負けても、どんな試合でも、必ず反省練習が必要だと思います。
出来なかった事を新しく覚える練習。
出来る事を繰り返し確認する練習。

その為に必要となるキャッチボール。ゴロの処理。カバーの確認。
指導者の方達と上手くコミュニケーションを取りたいですね^^


◆裕紀の父さん、ありがとうございます。

よく高校野球でも見かけますが、

・セカンドだけは、二塁ベースに入る振りをしてからダッシュ。

一二塁で大切なのは、二塁ランナーのスタートを一歩遅らせる事です。だからショートが、二塁ランナーよりも数秒速く三塁ベースに入れると思っています。

ここを見逃してるチームは多いですよ^^


◆ケロの父さん、ありがとうございます。

チームで検討して、ブログにしてくださいね^^

まずはホワイトボードで、次にボール無しで動きを確認、それから実践形式がわかりやすかったです。


◆Skyboys広報さん、ありがとうございます。

ゲッツーはランナーがいなければ狙えませんから、ランナーがいる時こそ、ゲッツーチャンスを楽しむべきでしょう^^

バントフライは、ショートバウンドで捕る。
これはルールにそったプレーですから、一応教えていますが、みんな捕っちゃいます。もちろん捕ってもOKです^^


◆おちあいさん、ありがとうございます。

このブログは私の指導者としての保管用です。
新しいお父さんコーチがチームに加わった時の資料です。
ブログを見てくださる方達に解りやすければ、それは新しいお父さんコーチにとっても理解しやすいと思い書いています。


◆baseball-oyajiさん、ありがとうございます。

小学校の塁間だから狙えるシフトもあるでしょう。
しかし、将来のプレーも先に頭に入れておくと、どこを短縮してるのか解ってきます。

「このゾーンシフトはここが弱点かなぁ〜」
知識を先に教えると、子供達がスキを見つけてくれます^^


◆ドラ夫さん、ありがとうございます。

自分勝手な憶測でコメントしてしまってすみませんでした。
最後の1年ですから、心を鬼にして後悔しないドラ夫さんに期待してます!

私達の地域は「バント野球」が大好きなチームが多いんです。
バントを守りきれなければ県大会に行けません。
バントを守りきって、豪打爆発!で県に行きたいですね^^

Posted by metoo at 2006年12月28日 04:32
うちも同じ3人プレスでいってます。

ただ、エースが左なので
ゲッツーは2塁で(センターで)取らせてます。

この時大切なのは
ライトのセカンドバックアップ!
これが遅れると悲惨です…。

どんなシフトで行くにしろ
9人全員が(特に外野が)動く、その意識がないと、一段上に行けません。

ナイスバックアップ!
私の一番の褒め言葉です^^
Posted by ドンマイ at 2006年12月28日 08:37
チャージの仕方大変参考になりました〜!!
今年の冬練習で絶対ものにします。
我々のエリアでもバント野球たくさんあります。
来年も県大会に必ず連れて行きたい^^
Posted by RK at 2006年12月28日 15:45
◆ドンマイさん、お久しぶりです。

1つのボールが動けば9人が動く。
仰る通りですね!

バックアップも大切な野球です。
全員野球がここでも見れますね!


◆RKさん、ありがとうございます。

例えばテレビゲームの攻略、裏技、相手がアー来たらコー来たら。。。バント処理も同じく、9人皆で攻略したいですね!
県大会、行って見たいです^^
Posted by metoo at 2006年12月30日 02:49
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック