2012年11月16日

上手くなる環境作り

486255_377755495644471_233940411_n.jpg
侍ジャパン ついに始まりますね!
ワクワクして興奮してきました!

井端選手・坂本選手・本多選手
この写真を見て「子供をやる気にさせる4つのスイッチ」を思い出しました。

ヨコミネ式 子供をやる気にさせる4つのスイッチ
【1.子どもは競走したがる】
【2.子どもは真似をしたがる】
【3.子どもはちょっとだけ難しいことをしたがる】
【4.子どもは認められたがる】



子供→ 競争・真似・背伸び
大人→ 認める
これが少年野球を急激に上手くなる環境作りだと思っています。

WBCは言ってみればプロ野球の合同チームです。
合同練習をしながら
「ライバルと競い合い」
「ライバルの真似をして」
「ライバルと同じことをしてみようと背伸びする」

他チームとの合同練習は上手くなる最高の環境だと考えています。

WBCよりもシーズンを重要に考えて、
故障を心配してWBCを辞退する選手もいますが、
もったいない・・・



競争、真似、背伸び
この三つの環境を整えるだけで
突然ガラッと成長し始める選手がたくさんいました。

6年生は6年生だけで、5年生は5年生だけで、4年生は4年生だけ練習すると、4年生・5年生は競争・真似・背伸びの理由で上手くなります。6年生は認められたい理由から、責任感やリーダーシップも生まれます。

練習試合も合同練習の一つでしょう。
勝ったから成長することもありますが
負けたって成長するんです。
上手くなっているんです。
負けてもどこかを認めてあげる。
「上手くなったな!」は褒め言葉、
成長を評価して認めてあげる言葉とも言えるでしょう。


さあ今夜6:30から日本−キューバ戦を楽しみましょう(^^)/








posted by metoo at 15:39| 千葉 ☀| 日記 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。