2006年12月23日

左投手から盗塁

「今日は左投手だ、走れないなぁ〜(盗塁できないなぁ〜)」

こう思った瞬間、今日の試合は負けです。
左ピッチャーでも走れます!


少年野球は盗塁が大きく勝敗に左右されます。
特に二塁への盗塁は、得点チャンスを作り出す大切な作戦です。
左投手だから・・・ここであきらめてはいけません!

子供達におまじないを掛けるように、
「左投手だから、盗塁しやすいんだよ」
苦手意識を取り除いてあげてます。



日本のプロ野球中継とメジャーのテレビ中継。
私が好きなのはメジャー中継です。

kensei.jpg

メジャー中継は、三塁側から、ピッチャーと一塁ランナーを映す、このアングルからの中継が多いからです。いつもこのアングルになると、どの位リードするのか?スタートは?左ピッチャーの時は?見逃せないアングルなので、ついつい見入ってしまいます。

hidari01.jpg

このアングルから、大きなヒントをもらいました。

多くのメジャーリーガーは、
左ピッチャーの足が上がると、
一塁ランナーが1塁ベースへ、
グッと体を沈めて戻ろうとします。
確実にピッチャーがバッターへ投げてから、第二リードをしっかり取っていました。

1つの推理を立ててみました。
「左ピッチャーの足が動いたら、100%戻ろうとしてないか?」
つまり、盗塁のサインが出ていない時は、
「動いたら戻る」
違うランナーの時も、同じようにグット沈み込んで「動いたら戻る」を繰り返していました。

もう一つの推理、もしかして盗塁は?
「動いたらスタート」なのか?
推理したとおり、左ピッチャーの右足が動いたらスタートでした。
(たまたま その時だけだったのかもしれませんが)


hidari02.jpg

これを二年前、私達チームに取り入れました。

・左投手の時は、右投手よりも一歩大きくリードする事。
・盗塁のサインが出ていない時は、動いたら戻る、そして第二リード。
・盗塁のサインが出ている時は、動いたらスタート。はさまれずに二塁へ突っ込め!

盗塁でアウトになるのも、牽制でアウトになるのも、ベンチの責任です。
まずは子供達に左ピッチャーから走れる!勇気を持たせる事にしました。

hidari03.jpg

多くの左投手は、一塁を見たりバッターを見たりして、顔を動かして一塁ランナーを誘い出しますが、見るべき所は1点だけ、右足だけです。

右投手はプレートを外す牽制は「軸足(右足)」外さない牽制は「自由な足(左足)」両足を見なければいけません。

左投手は自由な足(右足)だけを見ていれば良いでしょう。
まだ小学生には、軸足をプレートから外して、そのままスナップスローで牽制球を投げる子はいないでしょう。(私はまだ見たことありません)


こんなおまじないによって、子供達に勇気を持たせて、左投手の攻め方を教えてみました。


再びヤンキースに戻る事になった、
アンディー・ぺティット投手の牽制です。
ホームへ投げる時と、牽制の時、全く同じ足の上げ方ですね。



牽制アウト、盗塁アウト、もったいないアウトを思われがちですが、

『残塁が一番相手を助けてしまう攻撃』

ホームベースを踏ませなければ負けません。
ホームベースを踏まなければ勝てません。

ホームベースまで、ガンガン走る勇気をもたせましょう!^^
posted by metoo at 00:00| 千葉 | Comment(15) | TrackBack(2) | 走る | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
息子のチームは、走塁の練習をあまりやりません。牽制の練習もあまりやりません。左投手で最初に出塁したランナーは、ほぼ牽制で刺されます。次のランナーはリードしません。得点できません。勝てる訳ありません・・・
牽制が上手なチームは、走塁も上手に感じます。
やられた事は、やり返す!で、チーム全体がレベルアップするのでしょうが、「チャレンジさせる勇気」が大人に足りないと、子供達も消極的になっちゃいますよね!
Posted by K'Sクラブ20 at 2006年12月23日 01:32
左の方が走りやすいのは私だけ?(笑)

自分自身が左なんで一塁牽制はなんだかんだで難しいですよ
Posted by ジョルジュ at 2006年12月23日 01:39
metooさん、相変わらずいいところをついてきますね。
左投手の時のスチール、リード 中学野球小僧1月号だったかな同じ様なこと書かれてありましたよ。一読あれ参考になります。

わたし、盗塁は得意でして中学時代は1度も失敗なし、1試合6個の盗塁を決めたこともあるんです。
Posted by ケロの父 at 2006年12月23日 01:59
具体的に説明はできなくても、牽制するのか、ホームに投げるのか何となくわかる。
そんな能力を身につけて欲しいです。
ピッチャーのモーションを盗んでキャッチャー投げるまでもなくセーフ。そんな盗塁の快感を体験して欲しいです。
たくさん、実践を踏ませることですかね。
Posted by Skyboys広報 at 2006年12月23日 02:14
目の付け所やイラストなど、
とても参考になります。

毎回楽しく拝見させていただいてます。
Posted by 中学野球.com at 2006年12月23日 10:02
左投手のほうが牽制はわかりやすい場合もありますね。特に小学生は。
一塁を見ながら足を上げている時は牽制無し。
本塁を見ながら足を上げている時は牽制有り。
こういう場合が90%占めるかもしれません。
今回のエントリーと合わせるといいかも。
Posted by Fastballer at 2006年12月23日 10:15
左投手の場合の基本:投球動作に入り右足が地面に着く間は一旦安全リードから、ゆっくり一塁へ戻り、投球フォームの右足が地面に完全ついて投球段階に入ってスチールをする。
けん制アウトが一番試合の流れを左右をします。
Posted by 店長 at 2006年12月23日 19:05
うちの子の唯一の武器です。
私も子も左利きなので、マンツーマンで練習しました。キャッチャーにわざと右足をクロスさせずにボール球を投げた後に、同じフォームで牽制をすると9割方引っかかってくれます。1塁を見たままでの牽制もききますね。しっかりと指導されているチーム程アウトが面白いようにとれたりするので嬉しくなります。
ここで発表してしまったので、もう効果が無くなってしまいますね。
Posted by gittyo-4 at 2006年12月23日 23:29
ウチのねまあもサウスポーなので、いろいろ投球フォームに変化をつけて走者を騙し続けてきました。
なかなか刺すまではいきませんが、無死で出したランナーを相手が即送りたいなんてときに、牽制と見せかけ(すると走者は帰塁する)ホームにストライクを投げ、バントさせて(走者のスタートを遅らせ)ゲッツーなんてやると気持ちがよかったものです。
中学行ってもがんばります!!
Posted by ゆうちろ at 2006年12月24日 17:12
うちのチームも相手の投手や強肩捕手によっては、「ベンチから盗塁のサインが出たらギャンブル・スタート」ってことがあります。もちろん、牽制死はベンチの責任です。
決まるとベンチは気持いいのですけど、ベンチ外の周りの人は解かっていないので、ひとりでニヤニヤしています。
Posted by 少年野球コーチ at 2006年12月25日 09:47
うちの息子も左ですが、相手チームに左ピッチャーがいない場合はよく一塁牽制で刺してました。左ピッチャーがいる場合は走塁を練習しているのか?なかなか難しいようです。
店長さんのいうとうり試合の流れが変わりますね。
Posted by RK at 2006年12月25日 14:13
◆K’Sクラブ20さん、ありがとうございます。

なんだか、私が言いたいこと全部言ってもらって助かります^^
指導者にも盗塁のサインを出す勇気が必要なんですよね。
子供の失敗は大人の失敗。勇気が必要なのは大人も同じですね!


◆ジョルジュさん、ありがとうございます。

>一塁牽制はなんだかんだで難しいですよ・・・

何かコツがあったら、ブログで紹介してくださいね^^


◆ケロの父さん、ありがとうございます。

最近指導本を読まないので、情報不足でスミマセンm(__)m
1試合6個の盗塁!すごいですね!
盗塁の秘訣、ブログで紹介してくださいね^^


◆Skyboys広報さん、ありがとうございます。

カンが鋭いのか、予知能力があるのか^^
人間の能力はまだまだ可能性があるでしょうね。

福本選手かな?二塁盗塁よりも三塁盗塁の方が簡単と言ってましたね。ピッチャーのボールの握りも見えますし、リードも二塁の方が大きく出れます。
三塁盗塁まで、少年野球は必ず出来ると思っています。


◆中学野球.comさん、ありがとうございます。

イラストを書くのが好きなもので^^
今後もよろしくお願いします。


◆Fastballerさん、ありがとうございます。

私の極秘データによると、少年野球でワンスリー、ツーツー。5球目に牽制球を投げる確立は10%以下です^^
バッターに集中力が100%向くのでしょうね。
(私を知ってるチームは真似しないでくださいね!)


◆店長さん、ありがとうございます。

牽制アウト!確かに流れを持っていかれますが、四死球の走者はどんどん冒険を経験させています。
アウトになるのも、いい勉強!勇気を持ったリードを叱る事はできません。(でも悔しい^^)


◆gittyo-4さん、ありがとうございます。

まさしくgittyoさんの話題でしたね^^
「まずは足をクロスしない投球を見せる!その後に牽制球!」

全国の少年野球ブロガーさんはメモしましたよ^^


◆ゆうちろさん、ありがとうございます。

こちらにも左投手くんがいましたね^^
少年野球は左投手、と聞くとほとんどのチームが盗塁してきません。ここを打開するのが指導者でしょう。
左投手だからこそ、攻めて行く!
バントチームには、三塁側のバントでいじめられてました^^


◆少年野球コーチさん、ありがとうございます。

このスタートをチームの作戦で決められると、ニヤニヤしてしまいますよね^^
どのタイミングでサインを出すのか?
「3球連続の牽制はない!」
三球目にギャンブルスタートサインでも考えます^^


◆RKさん、ありがとうございます。

自分のチームに、左利きのお父さんコーチがいると勉強になりますね。
失敗すれば、試合の流れは持っていかれますが、
成功すれば?
流れを掴むのは自分達。攻めの気持ちで行きましょう!


Posted by metoo at 2006年12月25日 20:53
参考にはなりますが・・・例えば左投手が足を上げる=スタートしかし投げるまねをすれば二塁へ投げられるアウトとなりますその場合の対処法は・・・あれば教えていただけないでしょうか それと中学生になったので中学生に参考になる事もお願いします。でも左投手でも盗塁が出来るように自信をつけるんですよね!!
Posted by 裕茶日 at 2007年04月22日 16:07
参考にはなりますが・・・例えば左投手が足を上げる=スタート        しかし投げるまねをすれば二塁へ投げられるアウトとなりますその場合の対処法は・・・あれば教えていただけないでしょうか それと中学生になったので中学生に参考になる事もお願いします。でも左投手でも盗塁が出来るように自信をつけるんですよね!!
Posted by 裕茶日 at 2007年04月22日 16:08
◆裕茶日さん、ありがとうございます。

>スタートしかし投げるまねをすれば二塁へ投げられるアウトとなりますその場合の対処法は・・・

監督によって、選手によって指導法は違ってくるでしょう。
私の指導は、左投手が動いたらスタート、はさまれずにそのまま二塁に進めです。
イチロー選手もこのケースが多いですね。

>中学生に参考になる事もお願いします。

中学生にまず必要なのは、体作りでしょう。
3年後の高校野球に必要な体力を、成長に合わせてアップさせてください。

個人的に中学生に必要な点はもう一つ。
いろんな「指導者がいる」という点です。

ランニングスローが禁止の高校もあれば、
ランニングスローが出来なければ試合に出れない高校もあります。

「指導者によって野球の基本は変わる」

つまり「自分のスタイルをどんな指導者にも合わせる事が出来る選手」
これも中学野球のテーマでしょう。
Posted by metoo at 2007年04月23日 15:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

新庄剛志の育て方◆息子を信じる父、父を信じる息子(1)◆
Excerpt: 野球部の監督、コーチ、仲間たちが何時間かけても説得できず、私が 三分で説得できたというのも、息子だからですよ。 剛志も精神的に追い詰められていて、「やめる」と言い張った ものの、心のどこかで野球..
Weblog: 新庄剛志の育て方
Tracked: 2006-12-25 04:13

左投げ投手!
Excerpt: 興南高校初戦突破おめでとう!雨で2日も延びて待ちに待った興南高校の初戦。敗れた嘉手納高校の分まで頑張って欲しいとテレビで応援しました。もちろん興南の先発は島袋君。相手関西の投手もサウスポー堅田君。うち..
Weblog: しゅんご野球スーパー応援団
Tracked: 2010-03-27 01:06