2006年12月21日

キャッチボールストレッチ

監督暦6年さんよりコメント頂いた、
「キャッチボールストレッチ」
3つのストレッチを絵にしてみました。

キャッチボールをする前に、しっかり肩甲骨周辺を動かしてから行うと、肩甲骨をもっと大きく使う意識が高まりそうですね。

6nensan01.jpg

両手を広げて肩の高さまで腕を上げ、
手のひらを前に向けて右手の親指を下にねじる、
その時に左手は上側にねじる。これを3回くらい繰り返す。


6nensan02.jpg

2番目に、きをつけの姿勢をして右手をしっかりと伸ばし
手のひらをゆっくり回転させながら自分の前を通して、
最後は背伸びをするようにする、同じように左もやる。


6nensan03.jpg

3番目に肘を曲げこぶしを作りあごの下につける、肘ではなく肩をまわす事で肩甲骨が動きます、右左とやります。最後に両方を同時に回す。


監督暦6年さんの言葉から、想像して絵を書いてみたので、イメージが違っていたら教えてください。

息子のチームでは、アップの時にこの体操を歩きながらやっていました。


次も監督暦6年さんのコメントからなのですが、
息子さんのトレーナー先生はコレが出来るそうです。

6nensan04.jpg

両手の手の平をテーブルにつく、
その時に肘は完全に伸びる事が条件、
そして肘をクリクリと動かす。

これをテーブルから手を離しても、できるでしょうか?

ムッ、ムムム!!!できません!^^


皆さんのチームで面白い、役に立つ体操などありましたら、
教えてくださいね^^
posted by metoo at 03:47| 千葉 ☁| Comment(20) | TrackBack(0) | 投げる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
先日運動生理学的なことを本格的に勉強している体育指導員仲間と話しているときストレッチの話になり、定番である肘を持って胸にぴたっとつけるストレッチは野球をやる前には適さない。それならと言って紹介された動的ストレッチが、今回metooさんエントリの2番目の運動でした。ピッチャーは毎回投げる前にマウンドでその運動をやってから投げれば結果が違ってくるはずだとも言っていました。
色々と情報収集してみると、練習前のストレッチの考え方って難しいですね。手首足首ぶらぶら運動は絶対禁物らしいです。
Posted by 星 十徹 at 2006年12月21日 07:26
股関節まわりのストレッチはしっかりやっていたのですが、肩甲骨まわりはおろそかになっていました。
早速、やってみたいと思います。
Posted by Skyboys広報 at 2006年12月21日 07:53
これって!我がチームでは各自で空いた時間にやっていますが、全員が意識を持って全体体操の時にやった方が効果が上がりそうですね!

星さんの手首足首ぶらぶら?いけないんですか???必ずやっていましたが・・・
Posted by とうさん at 2006年12月21日 08:37
以前肩の可動を広くすることがいい球を投げれると教えてもらいました。
肩自体の可動ではなく肩甲骨と肩甲骨がくっつくぐらい柔軟性が必要とのことで、内のチームは、キャッチボールを始める前に両手の指先を肩につけて前後30回大きく回します。指先が肩から離れてはいけません。結構つらいですが・・・
Posted by RK at 2006年12月21日 13:00
こんにちは
チームでは採用されませんでしたが
お兄ちゃんが5年生の時ナゴヤドームで行われたOB会の野球教室で同じような(若干違うが)腕・肩のストレッチをするように言われました。
兄ちゃんにだけは家での練習やキャッチボールが始まる前に自分で軽くやっておくなど取り入れていました。
言葉で表記するのがちょっと難しいのでどうやってお伝えしたらよいか分かりませんが
ちょっと調べてみますね。
Posted by ジャビ子 at 2006年12月21日 13:04
合ってますよ!さすがですね。
肘のくりくりは右手を、前に出し脇を直角にして逆の手で手首を掴んでくりくり。
これが実際できない人がいます、自由に動かせるようになると、あら不思議手をついたり、掴んだりしなくてもできる様になります。師匠(息子)は2ヶ月かかったそうです。いつでもどこでも手をついてくりくりやってますよ。
Posted by 監督暦6年 at 2006年12月21日 15:14
追伸:metooさん次は天使の羽体操で行きます。
Posted by 監督暦6年 at 2006年12月21日 15:28
@の体操とAを混ぜてやっています。

また、体の横で肘を90度に曲げて、体の前後に持ってくるのもやっています。

各体操には名前があるのでしょうが、子供達に分かりやすい名前をつける必要がありますね。
「これと、あれやっといて」状態です^^
Posted by 背番号29 at 2006年12月21日 15:42
昨日は、メールありがとうございました。
お陰さまで登録完了できました。
 metooさん、お礼に某プロ野球チームのストレッチングコーチが少年野球の監督コーチたちに怪我をしない準備運動、UPについてレクチャー頂いたビデオがあります。
DVDに落として送付いたしましょうか?
約1時間の実技指導編です。
Posted by 日本ガンバレー at 2006年12月21日 17:35
 こんにちは。この動作は、二十数年前のマンガに出ていた覚えがあります。「どぐされ球団」だったでしょうか。これは剛速球投手の条件だそうです。実は私も出来ます、この動き。しかし、これだけでは剛球投手になれない現実をとっくに実感しております。
Posted by 紫電改 at 2006年12月21日 21:11
イラスト上手ですね。
とてもわかりやすくて参考になります。

私もブログをやっていますが、
昨日のタイトルは「ぞうきんがけ」です。
雑巾がけをトレーニングに生かせないかな
と思っています。

よろしければ、覗いてみてください。

http://richwood0000.seesaa.net/

よろしくお願いします。
Posted by 中学野球.com at 2006年12月21日 21:14
◆星さん、ありがとうございます。

星さんの骨盤研究を楽しみに見ています。
近いうちに直接会ってお話を聞きたいですが、年明けに新年会でも企画しましょう。


◆Skyboys広報さん、ありがとうございます。

股関節も肩甲骨も、野球にとって大切な体の一部ですから、これからも研究を続けてみようと思います。


◆とうさん、ありがとうございます。

何を目的としてるのか、低学年の子供達には伝えても解らないでしょうが、自然と可動域が広がると考えるならば、今は黙っておきましょうか^^


◆RKさん、ありがとうございます。

肩甲骨の可動域が大きくなると、それだけケガをしにくい体と言えるでしょう。

100使える人が100使って投げるより、200使える人が100で投げるのと同じ、と考えています。

痛みを感じる動きは控えてくださいね。無理に可動域は広がりませんので。


◆ジャビ子さん、ありがとうございます。

ブログを通じて、いろんな情報交換が出来るのは素晴らしいですね。

お兄さんのストレッチ、是非教えてくださいね^^


◆監督暦6年さん、ありがとうございます。

ひじのクリクリの絵が難しく、テーブルに手を付いたイメージだけで書きました。
(絵がなかなか難しいんです^^)

天使の羽体操、期待しています!


◆背番号29さん、ありがとうございます。

いろんな体操がブログで知り合えるのもいいですね!

体操や練習メニューに名前があると便利ですね。
楽しい名前、いろいろ考えましょうね^^


◆日本ガンバレーさん、ありがとうございます。

ご丁寧にありがとうございます。
今の時期忙しいので、ちょっとお時間下さい。
mixiへメッセージを送りますね。
よろしくお願いします。


◆紫電改さん、ありがとうございます。

たしかに、コレが出来たからと言って、剛速球をなげらるわけでは無いでしょう。

RKさんへのコメントにも書きましたが、可動域を広げる目的は、ケガの予防だと思います。
ケガや故障がなければ、剛速球を投げれる可能性もたかまるでしょうね^^


◆中学野球.comさん、ありがとうございます。

ぞうきんがけを巨人の工藤投手は、円を書くように掃除をする事で、肩甲骨、股関節にいい運動になるようです。

グランドでのぞうきんがけ練習は、タイヤを押すトレーニングができます。前傾姿勢が身につきますし、いいトレーニングだと思いますよ^^
Posted by metoo at 2006年12月22日 03:55
初めまして、JAMと申します。mettoさんのいろいろな情報を拝見させて頂き、毎日勉強させて頂いております。野球用のストレッチについてのHPがありますので、覗いてみてください。では。


http://www.japanlittle.jp/warmup/backnumber.html


Posted by JAM at 2006年12月22日 08:18
このストレッチが出来たら球が早くなるなら、我が息子は剛速球投手です。^^
あくまで必要ない怪我を出来るだけさせない事を考えています。条件は無理しない痛いと感じたらやめる。これが重要です。全員が同じに出来るわけがありません。
Posted by 監督暦6年 at 2006年12月22日 12:59
初めまして。
なんだかこの運動肩こりに良さそうです。私はすごく肩こりがひどいのですが、お風呂に入りながらこの運動をしたらちょっと肩が軽くなったような気がします^^
Posted by ティークラ at 2006年12月22日 20:54
◆JAMさん、初めまして!
コメントありがとうございます。

リトルリーグのページなのですね。
少し覗いてみましたが、参考になる事がたくさんありそうですね^^
ご紹介ありがとうございました。

また、コメントお待ちしております!


◆監督暦6年さん、ありがとうございます。

息子が夏休みに通ったワールドウィングというジムがあります。そこは可動域を広げながら、神経と筋肉の運動(反射)をトレーニングします。
後日、反射に関してブログにしようと思い、2ヶ月立ちましたが、そろそろアップします^^
Posted by metoo at 2006年12月23日 02:31
◆ティークラさん、初めまして!
コメントありがとうございます。

肩こりはいろんな原因がありますが、血行障害もあるでしょう。血流を良くすると肩が軽く感じると思います。

筋肉は押したりもんだりするより、縮めて伸ばしたりすると、血流を取り戻すようです。

マッサージは筋肉を押し潰して、傷つけるだけのようです。

また、コメントお待ちしております!
Posted by metoo at 2006年12月23日 02:47
この動き「ストレッチ」はカープマエケン
体操の一部になってます。

スカウトの白武氏から2年前教えていただきました。

過日 満木先生と我が家で飲食した時にも
小山先生「ワールドウイン」の話もでて
このストレッチ体操の話をしました。
昨日のような記憶です。
Posted by 店長 at 2010年12月17日 15:27
上半身の動きが分かりやすかったので,イラストを使用させていただきます.
ポスターの一部です.学内で2日間しか掲載されない程度のものですが・・・念のため.
Posted by さとう at 2015年10月19日 14:15
◆さとうさん、ご丁寧にありがとうございます。
画像はご自由にお使いください(*^▽^*)
Posted by metoo at 2015年10月19日 21:28
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック