2006年12月07日

ミニベーラン

塁間距離を5mで5本、10mで5本、最後に通常の塁間で5本。
盗塁やスライディングと一緒に、低学年の走塁練習メニューに入れました。

低学年のベースランニングを見ていて、とにかく下手なのがベースの回り方とベースの踏み方と感じました。どうしようか考え「とりあえず、距離を縮めちゃえ!」と、半分ぶっきらぼうに実験してみましたが、3本、5本と走るだけで「あっ!」と言う間にベースをきれいに回っていく子供達。体の倒し方や歩数の合わせ方など、何も教えていませんが、やればやるほど上達がはっきり見えてきます。

一番気をつけて見ていたのは、一塁への走り出す方向。
自然とふくらんで、自分が1塁ベースを回りやすいコースを、教えていないのみ見つけてくれるのが、このミニベーランです。

まだまだスピードはありませんが、自分で考え、何かコツを掴んでくれたようです。


2006/09/07に書いた「ベースランニング」ですが、
もう一度検証してみたいと思います。

ichi556.jpg
まず、イチロー選手の走り出した方向です。

ichi557.jpg
次にこのグランドを大きく写した写真。

ichi558.jpg
この2枚の写真を合成してみると・・・

やっぱり、コーチャーボックスの角に向って走り出しています。

外野フライや内野を完全に抜けたと解った打球は、この方向に走り出す事が重要と教えています。

例えセンターフライが捕られると解った打球でも、この方向に走り出して、しっかりオーバランをして打球確認をしないと、全力プレーとは言えません。

このクセを小学生時代には必ずつけてあげようと思います。
少年野球で強いチームでも、コレが出来てるチームは少ないです。
コレが出来てる中学硬式チームは、やはり強かったです^^
posted by metoo at 11:44| 千葉 ☁| Comment(12) | TrackBack(0) | 走る | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
時々はベースランニングをサードーセカンドーファーストーホームを逆周りをさせると、子供たちにはバランス感覚もよくなりますし、小脳の働きもよくなります。
また、バットスイング練習も最後に逆スイングを少し行うとバランスがよくなります。
発想の転換を常に考えるといいですよ。
Posted by 店長 at 2006年12月07日 12:09
合理的かつ簡単で非常に分かりやすく説明されてて参考になりました!パクらせてもらいます(笑)
Posted by ジョルジュ at 2006年12月07日 12:11
ミニベーランナイスです!

ベーランと言えば布製のは力強く蹴るとスルって滑るので反対側を押さえる必要がありますね。
また、ゴム製のは濡れていると真ん中を踏むと滑りますね。

小学校の用具室に保管しているのですが、いつものゴム製がないので布製を適当に持って言ったら小学校所有のベースでした^^
Posted by 背番号29 at 2006年12月07日 15:28
うーん このコースだと 遠回りになりませんかねえ? 
私の習ったのは もう少し3フィートライン寄りで1塁ベース直前でふくらむってコースでしたが。

旧式なのかな私のは。
Posted by 球拾い父 at 2006年12月07日 19:14
今度、ストップウォッチで検証してみようと思います。
てのひら捕球講習会以来、練習には毎回ストップウォッチ持参です。
Posted by Skyboys広報 at 2006年12月07日 21:31
今度は写真の合成ですか?頭が下がります。
ラインを引いたり、ロードコンを回ったりいろいろなやり方はありますが、走力の違う子供達を同じコースで走らせるのは??と、思ってました。
でもミニベーランだと自然に覚える事が出来そうですね!!

こんな楽しい練習だと「泥ダンゴ」つくるよりも
子供達は楽しくてしょがないでしょうね(o^o^o)

Posted by K'Sクラブ20 at 2006年12月07日 22:32
店長さん、ありがとうございます。

同じ運動をしていると、確かに体のバランスが狂いますね。小さい子供なら尚更だと思います。
逆周りや逆素振りをするように気をつけます。
発想の転換は大切ですね。
Posted by metoo at 2006年12月08日 01:51
ジョルジュさん、ありがとうございます。

距離を縮める事によって、ベースを回る事だけに集中できるようです。
どうぞ練習に取り入れて見てください。
ジョルジュさんの感想も聞かせてくださいね^^
Posted by metoo at 2006年12月08日 01:52
背番号29さん、ありがとうございます。

このミニベーランは、布製のベースで大人がベースの真ん中を足で押えて、内側だけを踏ませるよう走らせています。

私達も学校のベース使ってますよ^^
Posted by metoo at 2006年12月08日 02:00
球拾い父さん、ありがとうございます。

ベースを回るヒントは、車のレースで言う
「スローイン、ファストアウト」
だと考えています。

カーブの手前で減速して、カーブの真ん中辺りから加速して立ち上がりを速くする。

ファストイン、スローアウトにならないように見張ってます^^
Posted by metoo at 2006年12月08日 02:03
Skyboys広報さん、ありがとうございます。

私はいつもストップウォッチを持ち歩いている事が、先日の講習会で解って頂けたと思います。

ほっ、忘れないで良かった〜^^
Posted by metoo at 2006年12月08日 02:04
K’Sクラブ20さん、ありがとうございます。

まずは小さく回らせて、だんだん大きくしていくのですが、通常塁間にするとまた元通りになってしまいます^^

低学年は特に毎週同じ事の繰り返しです。
「あ〜また今週もここからか〜」
忍耐と言う文字を覚えますね^^
Posted by metoo at 2006年12月08日 02:08
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック