2012年08月24日

光星学院の身体と大阪野球

腹筋運動をすればお腹の脂肪を減らせると思いますが、身体全体の脂肪を減らすことによってお腹の脂肪を減らせるようですね。腕の脂肪が気になるから腕だけを痩せようとするのは難しいようです。

ダイエットの知識は置いといて・・・^^


2011年の夏
2012年の春
2012年の夏
三季連続で準優勝を達成した光星学院

OSK201208220217.jpg
光星学院といえばこの体格

みんな、ウエストが太いです。

特にマウンドに上がった投手が、他の高校の投手に比べて

「あれっ?ちょっと太いんじゃない?」と誰もが感じていたでしょう。

san_sk220120823589view_thum500.jpg


このウエストの太さは

腹斜筋(ふくしゃきん)でしょうか。

野球選手らしい身体ですね。


index-image01.jpg

お腹の正面のボコボコっとした腹直筋ではなく、
お腹の両サイドの部分ですね。

腹斜筋トレーニングのページです。


光星学院の選手達にも注目したいですが、

トレーナーさんにも注目してみたいです。

どなたなのでしょう?

photo.jpg

三季連続銀メダル、光星学院の強さの秘密が、
この腹斜筋が大きく関係しているのであれば、
どの高校にもチャンスが広がるはずです。





第94回夏の甲子園大会は

第94回大阪甲子園大会と言って良いほど、

全国に散らばった大阪野球人の大会でした。

ここで少年野球の指導者が考えなければいけないのは、

越境とか留学などの問題ではなく、

自分達で出来る事

少年野球チームの地域の力、地元の力をどんどん高めることでしょう。

自分の少年野球チームだけ見ていては大阪には勝てません。

間違いなく大阪の野球に対する力の入れ方は小学生から日本一です。

それが、中学、高校、阪神タイガースへと繋がっているのではないでしょうか。

高校野球だけをピンポイントで見ていては駄目です。

小学校から野球が大好きな子供達がもっとたくさん増えるように

地域が一体となって取り組むべきでしょう。

中学生にとっても、軟式だとか、硬式だとか、ボールの違いではありません。

野球をどれだけ頑張ったか!

今年は大阪野球の一人勝ちです。

二年前は沖縄野球の一人勝ちでした。

しかし、来年は北海道かもしれないし、神奈川かもしれないし、岡山かもしれない。

今、青森で「光星学院に入学して僕が甲子園で優勝してやる!」と思う
八戸の小学生達がたくさんいるでしょう。

その子供達を大人が素晴らしい環境で迎えてあげてほしいです。

「打倒大阪!」

この目標に向かって日本中の地域と野球が動きだす。

その中から

野球の進化と変化が生まれる

来年も楽しみます!

posted by metoo at 11:31| 千葉 ☀| 日記 | 更新情報をチェックする