2006年11月24日

ナイスカット

ツーストライクに追い込まれて「くさい球カットしろよ!」ストライクかボールかギリギリきわどいボールをファールにして「ナイスカット!」って言われますが・・・

子供達が、狙ってファールを打つことって出来ます?

皆さんのチームでは、
くさい球をファールにする練習などしてるのでしょうか?

「ナイスカット!」

今のボール、狙ってカットしたの?
今度、子供達に聞いてみようっと^^



posted by metoo at 17:35| 千葉 ☁| Comment(48) | TrackBack(1) | 教えてください | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初球ファールして、ベンチから「ナイスカット」なんて声が掛かったりする1年生。その後、私から張り倒されています。

「カットした」というより、「かろうじてバットに当てた」というのが正解なんでしょうかね?少なくともうちの(中学)チームレベルでは。練習なんかもしてませんね。(他はしてるのかな?)
中学だと変化球ありますから、打たされて凡打より、ファールにする技術は必要でしょうけど、まだまだそこまで出来る選手は稀です。
Posted by 少年野球コーチ at 2006年11月24日 17:47
ウチのシニアでもカットの練習なんてしてないですねぇ。
っていうか、あれって練習するものなんですか?

くさい球をカットする技術って、トスバッティングなどバットコントロールをつける練習以外にあるんですかね。
私も聞いてみたいです。
Posted by かに at 2006年11月24日 17:59
 こんにちは。このエントリーと関係はありませんがTBさせていただきました。
 
 私はおそらくこの言葉を子供たちに、発したことも求めたこともありません。これは自信があります。1番違和感を感じる言葉ですもの。

 もちろんそんな練習もさせませんし、それが出来るくらいなら、容易に野手の間を抜くヒットが打てるはずです。

 しかし、確かにそんな掛け声をかけていらっしゃる指導者の方は居ます。そのチームではそう教えているのだと感心したものです。 
 うちのチームの子は、くさい球が分からないと思います(笑)。
Posted by 紫電改 at 2006年11月24日 18:09
昔懐かしいシーンを思い出しました。息子が2年生頃の時、時の有名人5年生エース君がバックネット裏で応援していてくれたときです。バーターボックスに立っている息子に向かって「○○、くさい球カットしてけ〜」って声をかけてくれたんです。私は思わず「無理だよ!」って突っ込みを入れておきました。でも、何やら凄く嬉しかったです。
Posted by 星 十徹 at 2006年11月24日 18:12
思い起こせば、自分の場合、外角低めのスライダーと内角高めのシュート、ストレートは意図的にカットしたと覚えています。カットというと聞こえがいいですが、要はヘッドを遅らせてファールチップさせただけのものです。が、それを練習したことはありませんし、それを教えられたこともありません。
Posted by touch at 2006年11月24日 18:19
仰るとおりでございます。

練習でもナイスカットばかりなので、練習してるって言われれば練習しているって事になるのですが。。。

外角低目のくさい球を芯に当ててベンチに打ち込むのが本当のナイスカットですか?
Posted by 背番号29 at 2006年11月24日 18:20
これって!練習でなせる業?プロ野球選手は意図的にカットしているのでしょうか?

●少年野球コーチさん、教えて下さい
カットって練習して出来るようになりますか?
Posted by とうさん at 2006年11月24日 18:27
大部分は社交辞令だと思います・・・・。
Posted by タイムリーパパ at 2006年11月24日 19:36
変化球なし軟式野球でくさい球を意図的にカットできるならいつでもど真ん中をホームランできると思いまーす。
Posted by 五十路コーチ at 2006年11月24日 19:44
昔っからよく言いますよね。
気分を楽にする呪文とでも思いますか!
Posted by Fastballer at 2006年11月24日 20:17
実際 そんな技術があったらどんな球でも打てちゃいますよね。

私は 2ストライクまで追い込まれたら クソボール意外は全部振りに行け!
と言っています。

そう言うと積極的に打ちにいきますから見逃し三振はなくなります。
Posted by uzonke at 2006年11月24日 21:57
いやいや、、、

と言うことはヒットを打つことよりカットする方が簡単って事ですよね?(笑)
プロでも狙ってカットなんてしてないんじゃないかなぁ?
Posted by ジョルジュ at 2006年11月24日 21:59
タイムリーパパさんに一票。
ナイスファール!というのはちょっとおかしいですからねぇ。
戦意高揚,励ましの言葉ですよね。

ナイスカットで思い出したんですが,むかし,「金太,マスカット,切る」という歌がありましたな。
すいません,はずしましたか(^^ゞ

たまに出てきてもこんなことしか書けない自分って…_| ̄|○il|li
Posted by K太父 at 2006年11月24日 22:13
ウチのチームは勿論練習なんかしていませんし 意図的に出来る子はいないと思います・・・。
でも次男は実際やっているって言い張ります。(笑)

審判によってストライクを取るコースが違う場合が多く くさい外角はカットする・・なんて言い張るのです。でもそれを聞いていた長男は「コイツに限ってありえない」と言います。

真実は本人にしかわかりませんね。
私から見ると追い込まれているとしか見えませんが。

でも チームの子供達が試合中歌う歌の中に「ナイスカット!! ナイスカット! ナイスカット勝利へ続く道〜〜♪」っていう歌があるんですよ・・・。励ましの歌ですね。
Posted by 健の母 at 2006年11月24日 23:40
意識してファールにしていなくても、「空振り、凡打と違って良かったね。ファールならOK、まだチャンスあるよ。」という意味で「ナイスカット」と短く声をかけます。
Posted by Oっ3 at 2006年11月25日 01:31
くさい球はカットしろ! ではなく くさい球は打っていけ!っていいますね。見逃し三振はするなってことだから
結果芯を外してファールそれとも狙ってカットしたかどうかは不明(((^_^;)
カットがうまいのかミートが下手なのか(^m^)

結局手を出さず見逃した低学年レギュラー
「くさい球は行けって言っただろうが!」
「・・・・・・臭い球って・・・わかりません(;_;)」

Posted by ジャビ子 at 2006年11月25日 17:35
>「くさい球は行けって言っただろうが!」
>「・・・・・・臭い球って・・・わかりません(;_;)」

このときは「ナイスボケ」と大きな声を出します。

20数年前の明石さんま氏のネタより
ある選手のヒーロインタビューで
「ホームランを打った球はどんな球でした。」
「白ろうて、丸る〜い球」
Posted by Oっ3 at 2006年11月25日 20:38
スイングが良ければ、打ち損じはファールになりますから「ナイスカット」ですが、
当てただけならNGです。

因みに顔を背けながらの捕球は「ナイス、グローブ」と言ってひやかしています。
Posted by Skyboys広報 at 2006年11月25日 22:58
「ナイス・カット」語呂がいいです!
「ナイス・グラブ」凄くいいですね!!
「金田君の大冒険」大好きで〜す!!!


今回は「野球」で、如何にしてボケるかって話では、無かったんですか?

関係ない話で申し訳ありません。m(_ _)m

Posted by K'Sクラブ20 at 2006年11月25日 23:32
 追い込まれての見逃し三振は、いただけませんよね。追い込まれたら、ボールかストライクか迷うようなボールは、打ちにいきます。
 高めの伸びてくるストレートや外に逃げていくスライダー、カーブなんかは、空振りの確立が高いですし、キレのあるボールは当てるだけでも大変です。
 よくやった、三振しないで済んだぞ次の球を打ってくれよ、というチームメイトに対する励ましのエールだと思うんですが・・・。
Posted by ナル at 2006年11月26日 20:02
少年野球において狙ってカットしている選手はまず存在しないでしょう。これは皆さん同じ意見と思います。ナルさんの書き込みの通り、「難しいボールによく食らいついたね」「早いボールに当てることが出来たね」という賛辞でしょう。少年野球に携わっていればこれは皆さん解っているはずです。でも、子供のためを思えば大切な一言だと思います。「なに打ち損じてんだよー」より「ナイスカット!」便利な言葉です。
Posted by 昭和枯れススキ at 2006年11月26日 21:36
カットは当たりそこないに決まってます。
しかし、ウチの監督は真顔で子供たちにこう言います。ツーストライクまでは自分の好きなコースを待て、追い込まれたら好きな球が来るまでカットでねばれ」と。
本気で言っているのかな?といつも心で思っています。もっと言えば子供に好きなコースなんて考えはないんじゃないか? とも思いますよ。子供にとっては手を出す球か見送る球かの判断しかないんじゃないでしょうか?
Posted by 館長・P助の父 at 2006年11月26日 22:13
皆さんの反論を覚悟で書かせていただきますが・・
意図的にカットするのはある程度は可能だと思ってます。

勿論100発100中とはいきませんし、全ての球種及びコースにまでとはいきません。

うちの息子の場合、カウントを追い込まれた後の外に曲がる変化球は、それを狙うのか? あるいはカットするのか?
これを明確にして対処させてますし、その両方に上手く対応出来ていると私自身は評価してます。

そのヤマが外れた時。これはもう仕方ないですね^^
ヒットになる時もあれば凡打もあります。

安易に「カットしろ!」 とは言うべきではないと思いますが、ある程度の技術が備わった選手なら、コース・球種を限定した場合のみ、対応は可能だと思ってます。
またそれが出来る選手は打率も残せるのでは? と思っているんですが。

これと関連して、使うバットも今アレコレ検討してます。
今まではある程度太いバットを選んできたのですが、敢えて小径のバットも使わせてみたいと考えてます。
具体的には60ミリ以下のもの。

細いですから芯で捉えるのはその分大変かもしれませんが、逆に当り損ねがフェア内に転がるのではなく、ファールチップで逃げられるのでは? と個人的に考えているんですがどうでしょうかね?^^

勿論、空振りの可能性も増えますから一長一短かもしれませんが(^^;

現状ではある程度はキチンと捕えていますから、チャレンジさせたい気持ちもあるんです。
悩ましいところではあるんですが・・
Posted by ドラ夫 at 2006年11月27日 02:04
少年野球コーチさん、ありがとうございます。

>初球ファールして、ベンチから「ナイスカット」・・・

笑ってしまいました^^
確かに初球からナイスカットはないですよね。ツーストライクに追い込まれてから、変化球にくらいつくようにしてファールで逃げた、こんな時は「ナイスカット!(よくバットに当たった!)」かもしれませんね^^
Posted by metoo at 2006年11月27日 11:51
かにさん、ありがとうございます。

「狙ってファールを打つ」
やはり練習はされていませんよね。逆に練習でファールになった球を、どうしたらヒットにできるか?を私達チームでは練習しています。
もちろん空振りも同様です^^
Posted by metoo at 2006年11月27日 11:56
紫電改さん、ありがとうございます。

私達チームも紫電改さんと同じです。
くさい球を打つ練習さえしてませんし、甘い球をしっかり打つ事が、今の時期は大切でしょう。
自分のヒットにできるゾーンを、大きくしてあげるのか、それとも確率を上げていくのか、まだまだ子供達はそれでいいですよね^^
Posted by metoo at 2006年11月27日 11:59
>私は思わず「無理だよ!」って突っ込みを入れておきました。

星さんらしい、ナイスツッコミありがとうございます^^

私は星さんと何度もお会いしてますので、
「無理だよ!」
間髪いれずにこのツッコミは、とても星さんらしいと思い、その場面が想像できてしまいました。
2年生の頃のター君、懐かしいでしょうね^^
Posted by metoo at 2006年11月27日 12:03
touchさん、ありがとうございます。

私もカット出来るボールはありますね。
インコース苦しい球を引っ張ってファールにする、くらいしかできませんが、目から遠いボールはカットする自信はありません。引っ掛けてサードゴロか、運がよければファールチップですね^^
Posted by metoo at 2006年11月27日 12:06
背番号29さん、ありがとうございます。

練習でしっかりナイスカットしてますか^^

ベンチに飛び込むナイスカット、
私達チームにもいるな〜

「おーい、しっかり前に飛ばせ〜」
が一回目、二回目からは
「オレを狙ってるのかい?」
ちょっとだけ、ピクピクしてしまいます^^
Posted by metoo at 2006年11月27日 12:12
とうさん、ありがとうございます。

イチロー選手は、狙ってファールを打っていると聞いたことがあります。

子供達には、まずはヒットを狙ってもらいたいですね^^
Posted by metoo at 2006年11月27日 12:14
タイムリーパパさん、ありがとうございます。

>社交辞令・・・

まずはこの言葉から教えましょうか^^
Posted by metoo at 2006年11月27日 12:15
五十路コーチさん、ありがとうございます。

ホームランボールをファールチップにして悔しそうな顔をする子供もいますね。

「今の甘い球 ホームランボールだったよな〜」

まずは甘い球を、しっかり打ち返す確率からでしょうね^^
Posted by metoo at 2006年11月27日 12:19
Fastballerさん、ありがとうございます。

1球1球バッターに声をかけるとしたら・・・
やっぱり「ナイスカット」
いろんな言葉が必要かもしれませんね^^
Posted by metoo at 2006年11月27日 12:21
uzonkeさん、ありがとうございます。

野球は打って楽しむスポーツですから、まずはどんどん打っていく積極性の気持ちが大切ですね。

子供が打ちに行ったボールは、全てストライク!クソボールでもホームラン打っちゃえ!
言いすぎですね^^
Posted by metoo at 2006年11月27日 12:32
ジョルジュさん、ありがとうございます。

プロの技術もいろいろあるでしょうね。
しかし、子供達はまずはヒットにする技術からでしょうね。
「くさい球カットね!」
「くさい球もホームランね!」
私はホームランにします^^
Posted by metoo at 2006年11月27日 12:40
K太父さん、ありがとうございます。

>金太 マスカット 切る(食べる)

日本中の子供達に通じる下ネタですね^^

車で試合会場へ移動中、ギャーギャーうるさくてかないませんん。
「ち◎ちん握りっこ大会やろうぜー!」
さすがに中止にさせました^^
Posted by metoo at 2006年11月27日 12:48
健の母さん、ありがとうございます。

お〜〜大将は狙ってカットしてますか!それも審判によってストライクゾーンを理解してるんですね。

>長男は「コイツに限ってありえない」と言います。

私も長男君に一票入れておきますね^^
Posted by metoo at 2006年11月27日 12:50
Oっ3さん、ありがとうございます。

うーん!解りやすい!
Oっ3さんの言葉が正解にしましょう!
私も三振じゃなくて良かった、もう1球打てるからガンバレ!そんな気持ちで声をかけるようにしてみます。
Posted by metoo at 2006年11月27日 12:53
ジャビ子さん、ありがとうございます。

くさい球、知りませんよね(^−^)
こんな事もあんな事も教えなければいけない低学年、だからカワイイんですよね^^

打ったら走る
ゴロなら走る
フライは戻る
でも、ツーアウトはフライでも走る

覚えられるのは3つまでですよね^^
Posted by metoo at 2006年11月27日 12:57
Oっ3さん、ありがとうございます。

http://metoo.seesaa.net/article/6396635.html

子供達に宿題を出した時のブログです。

昨日も宿題を出しました。
後日ブログにしますね^^
Posted by metoo at 2006年11月27日 13:01
Skyboys広報さん、ありがとうございます。

「サイズグローブ!」ありますね^^

なんで今のが捕れるの?捕ってないよね?勝手にボールが入ってくれたんだよね?

「ナイスキャッチ」と言ってあげてはいけませんね^^
Posted by metoo at 2006年11月27日 13:03
K’Sクラブ20さん、ありがとうございます。

最近、私もボケを狙ったコメントを頑張っているのですが、なかなか難しいですね^^

私のブログでボケたい方は、いくらでもどうぞ!
Posted by metoo at 2006年11月27日 13:05
ナルさん、ありがとうございます。

ナルさんの仰るとおりです。
本当に素晴らしいピッチャーと対戦して「ナイスカット」の意味はすごくわかるんですが・・・

初球の甘い球を力んでファールチップに打ち損じた時に「ナイスカット」の子供達の声。今の球は本当にナイスカットなの?と感じてしまう時もありませんか^^
Posted by metoo at 2006年11月27日 13:20
昭和枯れススキさん、ありがとうございます。

>「なに打ち損じてんだよー」より「ナイスカット!」便利な言葉・・・

そうなんです!ただの便利な言葉だと私も感じてしまいました。

初球の甘い球を打ち損じ、二球目きわどいボールで追い込まれて、三球目にくさい球に手を出してサードゴロ。

私はその子を呼んで
「初球の甘い球を力んでファールにしたよね、次はどうやってしっかり打ち返すのか?次の打席につなげる事を考えろよ」

便利な言葉だけでは、足りない部分も感じます。
Posted by metoo at 2006年11月27日 13:29
館長・P助の父さん、ありがとうございます。

ホームランを狙ってファールチップになった時、誰でも悔しい気持ち、というか勿体無い、失敗した、と悔やむ気持ちもあると思います。

私はそんな時に「ナイスカット!」と言われると(今のはカットなんか狙ってないんだよな〜)と苦笑いをしてしまいます。

まぁ、これは私の話なので、子供達に強制する問題ではありませんね^^
Posted by metoo at 2006年11月27日 13:37
ドラ夫さん、ありがとうございます。

カットするのか判断される練習をしているのですね。さすがドラ夫塾です^^

イチロー選手もわざと詰まらせたり、芯を外してファールににしたり、狙って打っているそうですが、バットコントロールに重点を置いているのでしょうね。

もう一つ不思議な言葉で
「ナイスセンス!」
打ちに行ってバットが止まったのか?ヤマが外れて手がでなかった見逃しなのか?一歩間違えば見逃し三振、この言葉も微妙ですね^^
Posted by metoo at 2006年11月27日 13:44
ご無沙汰しております。ナイスカット昔からある言葉ですね。息子に聞いたことがあります、あの外の球カットに行ったの?
息子は言いました、そんなこと出来るわけないでしょ、ゾーンに来たから打ちに行ったんだよ!これが事実ではないでしょうか?我がチームはナイススイングで統一して応援のお母さんにも頼んでいます。
何せ私の方針が全てフルスイング、三振OK、ホームランの打ちそこないがヒットですから、ぶんぶん丸がチームに一杯です。
そのせいか暇さえあれば素振りをする選手が多いです。
目標は卒部までに全員でホームランメダルを大会で貰う事ですから。
Posted by 監督暦6年 at 2006年11月28日 09:18
監督暦6年さん、ありがとうございます。

私もファールの時は「OK!当たるよ!行けるよ!」の声もありますが、
♪ナーイスカット ナイスカット〜♪
などの歌も始ってしまいます。
まぁ子供達からの応援ですから、好きにさせたいのですが、あまり良くないと感じています。

去年は5人中1人ホームランを打てなくて卒団しましたが、今年の6年生3人はホームランを打ってくれました。嬉しいですね^^

Posted by metoo at 2006年11月28日 13:01
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

どう呼んでいますか?
Excerpt:  私が関わっていた頃は、ランニング一辺倒の冬のトレーニングに、変化をつけるために
Weblog: 一生懸命!!
Tracked: 2006-11-24 18:01