2006年11月17日

手の平捕球講習会 キャッチャーミット編

「グローブをちょっと改造」2006/05/29
この日の最後に、私はこんな事を書いていました。

「次はキャッチャーミットに挑戦!
でも、キャッチャーほど突き指しやすいので、親指がずれるのを防ぎたいのですが、親指を包む紐はどのメーカーもないんですよね。
キャッチャーミットの親指は、遊びが多い方がいいのでしょうか?」


1128-02.jpg

左はオークションで買ったミット。
右はkohが小学生時代に使っていたミット。

わかりやすく赤い丸で囲みましたが、多くのキャッチャーミットは親指のループがこの紐だけで作られています。

この紐は使っていると伸びてしまい、ゆるゆるになり突き指の原因ではないか?とずっと思っていました。


そして廿日市店長のキャッチャーミットの型作りを拝見し、
「やっぱり!」
と確信してしまいました。

しっかりと「親指が固定」されている!

赤丸の紐以外に、もう一本、オリジナルの親指固定の紐があるではないですか!

廿日市さん使用のキャッチャーミットで、Fastballerさんの剛速球を受けさせていただきましたが、
「なるほど!」
こんなにも親指が固定されると捕球しやすいのですね!

では、どうやって親指を固定するの?
ココから先は書けません^^
というか、八幡店長しかできない『技』といえるでしょう。


親指が固定すると、他の指が生き生きと動かせます。
ちなみにキャッチャーミットだけでなく、FastballerさんのL7Sにも同様の技が使われていました。いくら素人の私が型作りを真似しても、足元にも及ばない『職人の技』と言えるでしょう。


さらに「やっぱり!」
キャッチャーミットも驚くほど「板状」でした!

廿日市さんのホームページに、まだキャッチャーミットの写真が掲載されていませんが、いずれ板状のキャッチャーミットを写真で見る事が出来るでしょう。

私も真似して板状にしてみましたが、まだまだです^^

1128-03.jpg

1128-01.jpg

この板状の捕球面に、3つの捕る箇所が隠されています。
手の平捕球講習会で教わりましたが、公表は控えておきましょう^^


@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

さて、手の平捕球の日記を今週5日間書きましたが、
ブログを見てくださるお父さん方、指導者コーチの方々、
少しでも「手の平捕球」に興味を持たれたでしょうか?
逆に、疑問に感じてしまったでしょうか?


今私は2.3年生を担当していますが、自分の手の平の倍くらい大きいグラブを重そうに使っている子が多いです。グラブが開かず、ただグラブを突き出して
「(片手で)ボールよ、引っ掛かれ〜!^^」
このグローブで練習していて本当にいいのだろうか?せっかく野球が好きで練習に来てくれているのに・・・

お父さんとお母さんとグローブを初めて買いに行って、
親の気持ちとして
「6年生まで使えるように」
「中学に行っても使えるように」
「少しでも長く使ってもらえるように」
「子供はすぐに大きくなるから・・・」
経済的にグローブを洋服のように考える方もいらっしゃるでしょうが、残念ながら子供達に大きなグローブは、逆に上達への遠回りとなってしまいます。

「実際に大きなグローブを使っている子供達には、どうしたらいいでしょうか?」

八幡店長さんにお伺いしましたが、

「今のグローブを大切に使って、次にグローブを購入される時は、いろんな情報に耳を傾けて、指導者の方達に相談されるのが良いでしょう」

上達に近道はありませんが、
素手で捕る感覚の小さいグローブを、
両手を使って捕る小さなグローブを、
子供達に推奨していってはどうでしょうか。

これが「手の平捕球」の、
八幡店長の一番伝えたかった事かもしれません。



「毎年 道具は進化し、捕球技術も進化している」

この1日の講習会で、全ての手の平捕球をマスターしたわけではありませし、まだまだ0.1秒にこだわって、グラブも型作りも、捕球技術も進化していく、そう店長さんが仰っていました。

次の講習会では、また新しい捕球技術が生まれているかも知れません。

いくら素晴らしいグローブに、型作りに、捕球技術と出会っても、
「毎日の練習を大切にしなければ・・・」
猫にPROB、馬の耳にL7S になってしまいますね^^

kawaprob.jpg
西スポより

この左手のグラブは?やっぱり練習してますね!
オレも負けないぞ!宗リン^^
posted by metoo at 01:55| 千葉 ☀| Comment(34) | TrackBack(0) | 手の平捕球 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
読めば読むほど謎が深まりますね(笑)
そういえば今日のスポルトで大矢監督が同じミットを使っていましたよ^^
Posted by ジョルジュ at 2006年11月17日 02:57
ジョルジュさん、ありがとうございます。

最終回はミステリーで終わりました^^

ベイスターズの大矢監督、熱心に動いてますね。
来年が楽しみです!
Posted by metoo at 2006年11月17日 03:10
知り合いのテニスのガット張り職人さん
張り始めと張り終わりではテンションを変えていました。
また、プレーヤーのスタイルに合わせてスイートスポットをずらしていました。
グラブにもポジションに合わせた型つけがあってもいいかな?
Posted by Skyboys広報 at 2006年11月17日 07:56
この度の「手の平捕球講習会」の内容説明は
素晴らしい文章にまとめて頂き誠にありがとうございました。訂正個所など一つもなく、感謝感謝の気持ちです。今回はファーストボールさんのブログから始まり、講習会を開催する運びになりました。田村君も同行していただき、参加者の熱心な姿勢にも助かり、有意義な講習会になり、春日部へ行ってよかったと思ってます.その後日からは、嬉しい悲鳴で、
各地からの、講習会依頼が届いてます。
これを切っ掛けに、この捕球方法が広る事を願います。みとさん、ファーストボーラーさん始め、関東オフ会の方々、誠にありがとうございました。何時の日、再会出来る事を希望します
Posted by 店長 at 2006年11月17日 08:18
>親指が固定されると捕球しやすいのですね
そうなんですか!私も小学生の頃、キャッチャーをやっていましたが、何度つき指に泣かされたことか・・・

再三に渡る詳しいレポート有難うございました^^
Posted by とうさん at 2006年11月17日 08:58
果たして、私のPROBは「親指固定」が施されているでしょうか?
楽しみです。

私はムラッチを目指して頑張ります!^^v
Posted by さとる at 2006年11月17日 09:33
あのキャッチャーミットには「へぇ〜っ」と関心させられましたよね〜。もしミットを購入して、そのときに頼めば施してくれるのでしょうか?
Posted by ゆうちろ at 2006年11月17日 09:43
 ムラッチです。先日は手の平捕球を通じていろいろとありがとうございました。
 八幡店長の付き添いとして手の平捕球講習会に行くことができ、僕もたくさんのことを学ぶことができて良かったと思っています(@^▽^@)
今回の手の平捕球講習会を通じて、八幡店長の技は素晴らしいなと改めて感じることができました。
手の平捕球講習会のレポートで僕も手の平捕球についていろんな視点から勉強してみようと思います(~o~)ムラッチでした☆彡
Posted by ムラッチ at 2006年11月17日 10:34
mettoさん

わいです。
 すばらしいレポートご苦労様でした。

 キャッチャーミットは難しいですね。特に捕球方法とポケットの使い分けがなかなかうまくいきません。
 私は、次はミットを狙っています。

手のひら捕球についてですが、小学生の場合、家庭の事情が大きく左右されます。
経済的理由や、親の考え方によって、手のひら捕球に最適なグラブの購入が難しい場合も多いです。

しかし、今の道具を大切にしてもらいながら、やる事も可能です。
今は私が、少し、グラブに手を加えてあげて微力ですが子供たちのグラブを使いやすいようにしています。
 そのようにしておいて、父兄に説明して
次の段階で、購入をお願いしています。


>猫にPROB、馬の耳にL7S になってしまいますね^^

もろ、私ですねw
 廿日市L7S+廿日市PRO-B
 これで、できていないと皆にしかられそう。
 社長からは、息子の方が良いと言われています(泣)
Posted by わい at 2006年11月17日 10:50
親指のフィット感にもの凄く興味があります。
ブカブカだったら、テーピングして親指をでかくしてみます。

やっぱりグローブが欲しくなりました^^
Posted by 背番号29 at 2006年11月17日 11:28
そういえば、今年に6年生で入団した子。最初は小さい柔らかいファルコンなどを使っていて、上手に捕れていて「なかなかいいじゃん」って思っていた子が2人居ました。がーーー、新しいグラブ(大きな外野用と思われる)を買ってもらってからは、まったく捕れなくなってしまいました。

これ、指導者の責任でもあるのかなと思っています。だって、少し劣る子は「外野」を練習させるところって多いでしょ。これが大きなグラブを買ってしまう一因かも。

八幡店長がおっしゃっていたように全員が内野を経験するが必要ですね。どのポジションでも出来るように指導する、これが小学生の野球を始めたばかりの子にとっては必要であり、その子にしてみれば色々な選択肢も自分で考えられて幸せなのかなと思います。

「手の平捕球」とは関係なくとも、入団する子には小さいグラブを推奨することもチームとして必要ですね。
Posted by Fastballer at 2006年11月17日 12:33
ここにも使っている人がいますよ。
http://www.softbankhawks.co.jp/headlines/img/2006111702L.jpg
Posted by すコアラ at 2006年11月17日 19:32
↑すコアラさん早速観させていただきましたよ、やはりトレーニングにはもってこいなんでしょうね、因みにこれは、硬式用のKSG-TRSですね、宗リンのは硬式でもオッケーのKSG-PROB(通称プロビー)ですね。

コメントにもムラッチ登場っていうことで嬉しいですね、ムラッチいいかんじだよ〜!【失礼】
Posted by グラブ大好き at 2006年11月17日 22:39
Skyboys広報さん、ありがとうございます。

各メーカーによって、プロモデルがあるのですから、ポジションや選手によって、グラブの型作りは変わってきてもいいのでしょうね。

もちろん「プロ」の話だと思います^^
Posted by metoo at 2006年11月18日 01:03
店長さん、ありがとうございます。

暖かいお褒めのお言葉ありがとうございます。

やっと週末がやってきました。
頭で理解してても体が動かなければいけまsんね。明日から私も子供達と一緒に手の平捕球を練習します。

それと店長
「メトオ」でも「みと」でもありません!
「ミツ」です!「metoo」と書いて、ミツと呼んでくださいね!
これを見て、大声で笑ってる店長の姿が目に浮かびます^^
Posted by metoo at 2006年11月18日 01:09
とうさん、ありがとうございます。

キャッチャーの親指、突き指を我慢しながらピッチャーにボールを返し、次の球の捕球。痛がってる暇はありませんからね、辛いポジションです。

親指の固定でどれだけ突き指が楽になるかは、まだわかりませんが、捕球技術は抜群に上がると思います!
Posted by metoo at 2006年11月18日 01:12
さとるさん、ありがとうございます。

もうこの時間ですから、PROBは届いてるでしょうね。

明日からの練習がより一層楽しくなると思います。

息子さん達とPROBを眺めなら、
ニヤニヤしてるなろうなぁ〜^^
Posted by metoo at 2006年11月18日 01:14
ゆうちろさん、ありがとうございます。

次はキャッチャーミットを狙ってますね?

ねまあ君の為には、ブルペンキャッチャーゆうちろさんがいなければ!
きっと店長に頼めば、親指固定の型作りもしてくれると思います。

硬球のショートバウンドは当たると痛いですよ〜
Posted by metoo at 2006年11月18日 01:16
キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ

ムラッチようこそ!

こちらこそ講習会ではお世話になりました。
ムラッチなどお呼びして、本当にスミマセンm(__)m

あの野茂Tシャツの親父は、こんなブログを書いていました。

あの懇談会での会話を思い出しました。
「ところでムラッチは店長のお店でアルバイトしてるの?」
「いえ、ただのお客さんです」
「え〜〜〜!」

ムラッチ、あなたは最高のお客さんです^^

また、いつかお会いしましょうね!

Posted by metoo at 2006年11月18日 01:21
わいさん、ありがとうございます。

>猫にPROB、馬の耳にL7S になってしまいますね^^

すみません、コレ私のつもりで書いたのですが、わいさんも同じでしたね^^

最初に手の平捕球を教えていただいた、わいさんのおかげで、ここまで関東に広がる事ができました。
あらためてお礼申し上げます。
ありがとうございました。
Posted by metoo at 2006年11月18日 01:24
Fastballerさん、ありがとうございます。

仰るとおり、次のグローブの責任は、私達指導者にもあるでしょうね。

話は変わりますが、
私のグラブのこだわりは、ワンピースウェブと黄色です^^

T9Sは私の苦手な十字クロスなんですよね〜
ウェブ変えちゃおうかなぁ〜
どうしようかなぁ〜

悩めば悩むほど楽しいですね!
Posted by metoo at 2006年11月18日 01:27
すこアラさん、ありがとうございます。

おーーナイス情報ありがとうございます!

こちらの地域のある高校では、
1年生は1年間PROBだけしか使わせない!
こんな野球部もあるそうです。

私達チームもマネしたいなぁ〜
Posted by metoo at 2006年11月18日 01:29
グラブ大好きさん、ありがとうございます。

>硬式用のKSG-TRS

これはカタログには掲載されていませんが、東京支店で私も始めて見ました。

いいなぁ〜
欲しいなぁ〜
ノートにメモしておこうっと!^^
Posted by metoo at 2006年11月18日 01:31
Posted by グラブ大好き at 2006年11月18日 02:55
親指固定:
プロ選手の中にも8年前頃から親指のフイット感がない場合は親指にテーピングを巻き調整をしてます。「無論、地元カープ選手にも・・」
テープを巻くだけでもかなりの違いが出ます。当店はこの処理をするためにも、手の輪郭をファックスで頂き調整をしてます。中には、親指が太い人がいますが、その場合はしていません。
プロ選手へシーズンオッフになり意見を聞き、型付作りの参考にしてます。まだまだ
進化する型付け方法〜。野球用具が進化する度に型作りも同様進化することでしょう。
Posted by 店長 at 2006年11月19日 11:41
親指固定は10年前ごろ一部のプロ選手がテーピングを指へ巻き捕球をしてました。この光景を見て、考え付いた方法です。
やり方は、最近各メーカの判断でグラブ作りに繁栄されてます。
生産性の高いやり方を現在は行ってます。
当店は必ず手の輪郭を教えて頂いてます、
グラブへのフイット感を出すためですが、中には親指が太い人もいます、この場合にはしていません。グラブへのフイット感の条件は講習会の際、公民館で説明をしましたので、今回は省きますが・・
Posted by 店長 at 2006年11月19日 11:51
短期連載、お疲れさまでした^^
グラブの捕球も色々と奥深いものだと実感いたしました。

さてキャッチャーミットを板状に・・
これは好みの問題もあるでしょうね。

私のブログで以前書いたのですが、ミットのポケットが浅いのと深いのがあります。

プレイスタイルに応じてチョイスするんでしょう。
うちは捕球優先でポケットの深いミットを使ってます。
送球優先なら板状のミットのほうが握り変えもスムースでしょうね。

ただうちはキャッチング技術がまだまだ未熟なので、浅いポケットのミットを使いこなす技量が備わっていません^^

Posted by ドラ夫 at 2006年11月19日 19:27
グラブ大好きさん、ありがとうございます。

PROのOBが作ったから、PROBなんですね。

TRS。。。。。
買いたいノートに書いちゃおうかなぁ^^
Posted by meto at 2006年11月20日 10:00
店長さん、ありがとうございます。

親指のテーピングで、私も試して見ることにします。

>進化する型付け方法〜。野球用具が進化する度に型作りも同様進化することでしょう。

仰る通り、各メーカーの道具も毎年、進化していますね。
そろそろ2007年のカタログが出るのでしょうか?いち早く手にしてカタログを手にして、私達もまずは目で楽しみたいです^^
Posted by metoo at 2006年11月20日 10:06
ドラ夫さん、ありがとうございます。

個人のプレイスタイルもあるでしょうが、
試合中の動きによって、プレイスタイルも変えるのが、手の平捕球のようです。

人差し指を抜くと、ミットは深くなり、
人差し指を押し込むと、ミットは浅くなる。

落ちる変化球、カーブ、シンカーなどをしっかり捕球する、引っ掛け捕りの箇所もあります。

ただ、その箇所で毎回捕れるか?と言われると心配です^^
Posted by metoo at 2006年11月20日 10:12
レポートさすがです!聴講できなかった方には、手の平捕球の注意点・確認点が示され、聴講された方にとっては、文章で説明しきれない部分のイメージが頭によみがえる表現、まさに「さすが」です。

息子は「匠(店長の事)はオレが高校に入る頃もグローブ作ってるかな〜」と心配していました。型付けは本当に体力が要りそうなご様子でしたが、お体には気をつけて欲しいと思いました。
ちなみに、次はぜひ広島まで訪ねて行って作ってもらえと言っときました(こづかい貯めて)。
Posted by イボチャン at 2006年11月20日 11:09
イボチャンさん、ありがとうございます。

広島に行ってみたくなりましたね!
しかし、悲しいかな グラブだけでの出張は行けません。仕事もかねて、どっちがメインか?グラブか仕事か?もちろん出張は仕事ですが、頭の中はグラブで一杯ですね^^

Posted by metoo at 2006年11月20日 12:40
metooさん、貴重なレポートしっかりしっかり読ませていただきました。
ありがとうございます。

私はあのキャッチャーミットを使っての、キャッチングがうまくいかずに何度もはねてしまいます。

あれで、手のひら捕球ができるのか?

ちょっと半信半疑ですが、
あの体育館では、ムラッチが大丈夫ですよと、いっておりましたので、何とか頑張ってみるつもりです。

硬式のワンバウンドボール痛いんですね・・・。

覚悟しておきます・・。
Posted by 満木 月風 at 2006年11月21日 01:35
満木 月風さん、ありがとうございます。

満木さんのミットでも大丈夫ですよ!
まだ新しいですし、革の表面が硬いだけだと思います。いっぱいはじいて柔らかくなってくると、ばっちり捕れます^^

もし、あれでしたら・・・
私が使って柔らかくしておきましょうか^^
Posted by metoo at 2006年11月21日 17:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック