2012年05月10日

クイックモーションと一塁牽制

150kmを超える剛速球

多彩な変化球

針の穴を通すコントロール


ピッチャーは投げたボールで、

指を離れてからキャッチャーミットまでのボールで勝負が決まりますが、

それだけではない、

プロフェッショナルの技術が見られます。

千葉ロッテ 小野慎吾投手 Wikipedeiaより
右投手であるが、一塁への素早い牽制球の技術を持つ。2010年中日との日本シリーズ第3戦では、その時のテレビ中継解説者野村克也が「小野は世界一牽制球が上手い投手ですね。」とコメントしている。他にも、クイックモーションや、打球処理などの守備技術も持ち味。

テレビ解説で野村さんのコメントを聞いてから、小野慎吾投手がマウンドに上がると、打たれてくれ!ノーアウト一塁からクイックモーションと一塁牽制を見せてくれ!と願うようになりました^^


私が個人的に、クイックモーションと一塁牽制が最も上手な選手に思うのは

西武ライオンズ 涌井投手です。

涌井投手の一塁牽制は神業と言ってもいいでしょう。






相手が嫌がるタイミング、

あっ!と言う間の素早い動き、

お見事!ですね。

小学生はまず、

涌井投手の牽制やクイックのマネから始めてみましょう!




posted by metoo at 12:41| 千葉 ☁| Comment(7) | ピッチャー | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
上側の画像の牽制って、ボークでは?!

ド素人の私の勝手な思い込みかもしれませんが、牽制の時って、@軸足はプレートに触れたまま、自由な足を牽制する方向に踏み出して投げるか、A軸足をプレートの後ろ側に外して投げるか、の2通りだと思ってました。
上側の画像の牽制って、自由な足を1塁方向へ踏み出しているわけじゃないし、軸足を後ろ側にはずしているわけなじゃい(3塁側に外している)ように見えますが・・・

どうなんでしょう?!
Posted by PAT at 2012年05月10日 22:01
PATさんが書かれているよう牽制のステップ&スローという原則からしてアマチュアでは、ボークを取られてしまうかもしれません。
ターンの速さは素晴らしいですね^^

杉内の投球モーション(グローブを叩く)のもアマチュアではボークでよく子供達に注意しますが、プロではOK、アマチュアはダメというのを説明するのは大変です。。。
Posted by 熱いよ DeNA at 2012年05月11日 09:05
◆PATさん、ありがとうございます。

>どうなんでしょう?!

ボークのコールをしていませんから、

自由な足を1塁方向へ踏み出している

と審判は判断している。

ではないでしょうか。


◆熱いよ DeNAさん、ありがとうございます。

>牽制のステップ&スローという原則からしてアマチュアでは

???

>杉内の投球モーション(グローブを叩く)のもアマチュアではボークで

???




Posted by metoo at 2012年05月11日 18:08
ステップしているかどうかは球審か二塁審判
が見てますのでステップしている
と判断しています。

杉内の投球の途中でボールとグローブを叩くのは投球の変更に当たります。
プロはきっと投球の変更とみなさないという解釈の違いかと思います。

両方ともに私ならばボークを取ります。
言葉が足りなかったです。すみませんでした^^
Posted by 熱いよ DeNA at 2012年05月11日 21:36
私は、ステップはしていると思います。これは許せます。

でも、軸足のはずし方は許せません。ボークです。
動画を見た瞬間ボークだと思いました。

プロでもボークだと思うんだけどなあ・・・。
Posted by at 2012年05月12日 00:13
私は、ステップはしていると思います。これは許せます。

でも、軸足のはずし方は許せません。ボークです。
動画を見た瞬間ボークだと思いました。

プロでもボークだと思うんだけどなあ・・・。
Posted by NOM at 2012年05月12日 00:15
そういえばセンバツで横浜高校の柳投手が同じような牽制をしてボークを取られていましたね。アマとプロでは若干異なるのかもしれませんね。
Posted by 123 at 2012年05月13日 23:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: