2012年04月16日

ピッチャーゴロ

小さい頃にキックベースという遊びがありました。
ピッチャーがサッカーボールを転がして、それをバットではなく足のキックで蹴り返して、あとは野球のルールとほぼ同じ。

ピッチャーから真っ直ぐ転がってくるサッカーボールは、
ほぼ100%の子供が
ピッチャーに真っ直ぐ蹴り返します。
前から来るボールを横に打ち返すのは難しいようであまりいません。
ボールが来る方向にまっすぐ打ち返すことが、
無意識で行われているのが良くわかる遊びです。

バッティングセンターで遊んでいる女子を見てもそうです。
引っ張ろうとか流そうなんて考えてないのでしょうね。
強く打ち返そうとすると、ピッチャー方向、センター方向に自然と打ってしまうのでしょう。


この特性をピッチャーは利用しなければいけません。
(特に少年野球は)

少年野球は21個のアウトを目指して守っています。

その21個のアウトはどうやってとるのですか?
三振ですか?フライですか?ピッチャーゴロですか?

ただアウトを取るのではなく、何かを目指して、想像して、組み立てて、相手を見て、

ピッチャーゴロを打たせることをイメージして投げるといいかもしれません。


なぜならば

・バッターから一番近い野手はピッチャーだからです。

・4つのベースの中心にいるのはピッチャーだからです。

・ランナーがいる時にピッチャーゴロを打ってもらえばダブルプレーが狙いやすいからです。

・ピッチャーゴロではランナーは次の塁を狙うのが難しいからです。


キャッチャーはランナーがいる時、ピッチャーゴロを打ってもらいたい。
そんな配球を考えています。
スイングが速く引っ張りそうなバッターには、速い球と遅い球の前後を使い分けて、、、
コツコツミートするバッターには、インコースとアウトコースの左右を使い分けて、、、



ただアウトを取ろうとするよりも、

ピッチャーゴロを狙って打たせてみる。

ここにも大きな知恵と工夫が必要でしょう。

目標があるから反省と対策が見つかり
進歩と成長に繋がっていく。



剛速球で三振を取れるピッチャー君がいれば、別の話ですが^^

posted by metoo at 11:11| 千葉 | Comment(2) | ピッチャー | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>ピッチャーゴロを狙って打たせてみる。

剛速球で三振が取れるタイプではない小猿くんへの宿題だと思って、考えさせてみたいと思います^^
Posted by PAT at 2012年04月16日 22:39
◆PATさん、ありがとうございます。

無死一塁
「狙いは1-6-3だよ!」って声をかけると、
「1-6-3ってな〜に?」そんな子が半分くらいいるチームです^^
Posted by metoo at 2012年04月17日 12:09
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: