2006年10月06日

一塁へ駆け抜ける目安

昨日のベースランニングの目安と似てしまいますが、
今回は一塁の駆け抜けの目安です。

berun06.jpg

スリーフィートラインは本塁と1塁の真ん中から引いてあります。

プロ野球選手(約27m)も子供達(23m)も、
一塁ベースまで個人差はありますが、
約12歩から16歩くらいで走り抜けています。
(イチロー選手は11歩?くらいでした)

さてスリーフィートラインはちょうど塁間の真ん中ですから、
駆け抜ける目安と考えてはどうでしょうか?


スリーフィートラインまで7歩か9歩ですが、
ここは、最初の出だし3歩で加速する事が大切でしょう。

スリーフィーとラインを越えてから
5歩のダッシュか6歩のダッシュか、数えて走ってもいいでしょう。
(5,6年生で5歩くらいでした)

スリーフィートラインを右足で踏んだから、
あと何歩で左足で1塁ベースを踏める。


こんな目安があると、
1塁ベースを駆け抜けやすくなるかもしれません。


今週末の練習でお試し頂いて、
どんな反響があるか、教えてください^^
(私もまだ試していませんので・・・)
posted by metoo at 01:16| 千葉 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 走る | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
一塁までの歩数は数えたことがあります。

ウチのチームの足の速い選手は12歩。
対して、遅い選手は17歩で走っていました。
「もっと1歩1歩を伸ばして、・・・」と、指導していますが、
「スリーフィートを踏む足がどちらの足で何歩目?」まで考えていらっしゃるとは・・・さすが。
Posted by ジャーマネ at 2006年10月06日 11:55
ジャーマネさん、ありがとうございます。

私も今週末試して見ますね!

スリーフィートから
1,2,3,4,5でベースを踏めるかなぁ〜
やってみます!
Posted by metoo at 2006年10月06日 13:42
記述主旨と違いますが。
スリーフィートの位置ですが、本塁から一塁へ27.431mプラス0.914mの位置から、本塁方向に13.716m、すなわち本塁から14.629mのところからスリーフィートラインが引かれると思うのですが・・違ってたらごめんなさい。
Posted by ドラゴン at 2006年10月06日 15:02
ドラゴンさん、ありがとうございます。

私も最初は、塁間+3フィートの真ん中だと思っていました。

2002年の競技者必携を見ると、
塁間の中心からスリーフィートラインを引き始め、一塁ベースから+3フィートまでラインを引くようです。

もちろん私は今まで適当にラインを引いていました^^
来週からきちんと計ります!
Posted by metoo at 2006年10月06日 15:38
スリーフィートラインですか。
あまり考えた事がありませんでした。
さすが!ですね。

チームでは、1塁への駆け込みやオーバラン、進塁は『ランナーコーチを見なさい!』と指導しているので そこまで子供達が見てくれるか不安ですがやってみます。

ランナーコーチを・・・と言っても 打球を見て走る子がいるのに・・・できるだろうか?
Posted by uzonke at 2006年10月06日 20:08
uzonkeさん、ありがとうございます。

3連休の1日を走塁練習に使ってみました。

グランドに正確にラインを引いて、中心から円を書き、まずは丸く走る練習から試してみました。

外野へフライが上がったら、捕っても捕られなくても、円を書くように丸く走り、2塁を狙うオーバーラン。

三遊間のゴロが抜けるか?抜けないか?は自分の目で追ったほうが早いのでは?などいろいろ考えさせられました。

一塁への駆け抜けは、スリーフィーとを踏んだ1歩目から、5.6年生で7歩でした。これも数えた方が良いのか?自然が良いのか?一つの考える目安として子供達には伝えてみました。

今後の試合を見ながら、いろいろな判断材料にしようと思います。
Posted by metoo at 2006年10月10日 17:09
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック