2006年10月04日

柾目で打つ

物体が衝突するときの反発性を柾目面と板目面とで比較すると,板目面の方が柾目面よりも反発性が小さい傾向にあります。そのため,バットの真芯をはずれてボールを板目打ちしたとき,バットはとても折れやすい状態となります。

「暮らしの中の木材」より


バットには柾目(まさめ)と板目(いため)があり、
通常、板目の面にブランドマークが印刷されています。

masame04.jpg

松井秀樹選手はピッチャーにマークが見えるように構えてますね。

masame03.jpg

これも柾目で打ってるかな?
WBCアメリカ戦のイチロー選手のホームラン!


ココからが今日の本題

kibat01.jpg
ゴルフクラブには溝が付いていて、
この溝が強烈なスピンをボールにかけてます。

kbat02.jpg

では、野球の木製バット
柾目でスピンをかけられないか?

まぁ、無理でしょうね(笑)


やっぱり木製バットよりも、
金属バットの方が飛ぶのでしょうね。


参考にしたページです。

JSTバーチャル科学館
『スポーツの科学』 

美津和タイガー
『バットの科学』

それでも私は、
軟球は木製バットの方が飛ぶと信じています。
posted by metoo at 00:00| 千葉 ☁| Comment(33) | TrackBack(1) | 打つ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
中学入学時に木製バットを与えた時、息子に最初に教えたのが板目と柾目の事でした。
マークをどこに持ってくるか? これはその人のバットの握り方で違ってきますね。
左右の指の第二関節を一直線に揃える握りや、それ以外にも色々とありますが・・

Posted by ドラ夫 at 2006年10月04日 00:48
ドラ夫さん、ありがとうございます。

私もなるべく縦にバットを握るようにしています。

ところでマークは全メーカー板目でしょうか?
私はM社とSS社、R社の木製を使った事がありますが、やはりマークは板目にプリントされていました。

海外の木製バットはどうなのでしょうね?
Posted by metoo at 2006年10月04日 01:25
JSTバーチャル科学館『スポーツの科学』はおもしろいです。
紹介ありがとうございます。あとでゆっくり読みたいです。

美津和タイガー『バットの科学』で木のバットのほうがスィートスポットが小さいと書いてありましたが、それならスィートスポットで打った場合の反発係数は高いはずです。

なお、反発係数の式、まちがってます。


Posted by Skyboys広報 at 2006年10月04日 07:14
私は木製バットの時代に野球を楽しんでいた年寄りですが、
子供の時に「マークの書いているところがバットの芯だ!」と教えられ、ずっと信じていました。
中学の時に技術の時間で板目と柾目を知り「エッ!!」でしたよ。
今は木製バットも個性のある製品揃ってますが、私の時代のは塗装仕上げの無い物も多かったです・・・。
メーカーのマークも今と違って、何処の使ってたのか思い出せません(笑)。
Posted by つよし at 2006年10月04日 08:45
 >軟球は木製バットの方が飛ぶと信じています。

 春の大会(地域予選)で7回裏2アウトまで3−0でリードしている場面。その前より遠くで雷が鳴り始め木製バットを使用するよう指示されていました。相手には悪いですがこれで有利な展開と勝利を確信していました。しかーし、それから二塁打の連打を浴び3−3に追いつかれた経験があります。

 「木製バットの方が飛ぶ」

 私も半分ぐらいはそう思っています。
Posted by 四十肩コーチ at 2006年10月04日 09:03
小学生の時にマーク部分で打つとバットが折れるとの噂でした。
間違えではなかったのですね。
また、プロ野球選手はカメラにマークが写るように構えるなんて事も聞いた事があります。
これからは柾目で打つようにします。

これでHR量産だ^^
Posted by 背番号29 at 2006年10月04日 11:19
Skyboys広報さん、ありがとうございます。

JSTスポーツ科学館、楽しい情報が満載ですよね。子供用だと思うので私にも解りやすい解説でした。

柾目がボールに回転をかける。
やっぱり無理ですよね^^
Posted by metoo at 2006年10月04日 11:35
つよしさん、ありがとうございます。

実は私も・・・
「マークが見えるようにもって、マークの真後ろで打ちなさい」
こう教わっていました。マークの裏ですから板目で打てと教わっていたんです。最近ですよ、柾目で打つと知ったのは^^
Posted by metoo at 2006年10月04日 11:37
四十肩コーチさん、ありがとうございます。

先日、雨の日曜日に雨の決勝戦練習をしました。子供達が守り大人コーチ達が真剣に打ちます。

私はおもちゃ屋さんで打っているような、60cmの木製バットで打ちました。

ライトフライとセンターフライでしたが、
やっぱり気持ちがいいですね〜
Posted by metoo at 2006年10月04日 11:48
背番号29さん、ありがとうございます。

出張お疲れ様でした!

今、国体の決勝戦、早実vs駒苫戦をテレビで見ています。
8回を終わって、1−0で早実がリード。

ここからは生放送でお伝えします。

9回表、1死2塁でバッター斉藤君。振り逃げで1死1塁3塁。続くバッターを三球三振で9個目の三振で2死。続く打者の時に、1塁ランナー斉藤君がスタートでわざとはさまれたが、三塁ランナーホームインより1塁ランナータッチの方が早く3死。

いよいよ、9回裏、駒苫の高校野球最後の攻撃。
先頭バッター田中君。初球を打ってショートゴロ1死。
続くバッターもショートゴロで2死。
最後かと思われたバッターはセカンドゴロ、一塁へヘッドスライディングでセーフ!内野安打。
最後の粘りを見せた駒苫ですが、最後は三振にとって、

早実の優勝です!
Posted by metoo at 2006年10月04日 12:03
履き込んだ パンツと同じなのかな!? ^^
私も 木を握った感触が好きです!(勿論 素手です)
バランスも馴染みますね、折れなきゃEんですが...

Posted by ぶっ叩け〜!! at 2006年10月04日 12:09
私も木のバットが好きです。打った時に手に残る感触、芯に当たった時の無重力感と芯をはずした時の手の痛さが、バットが打つ事の難しさを自然に教えてくれてるようで。自分はバットのマークを投手に向けてスイングすると1番飛ぶ芯だと中学時代に言われましたが、スイングの仕方で違う事を高校に行ってから知りました。
Posted by 監督暦6年 at 2006年10月04日 14:27
早稲田優勝ですか〜。
何方かが指摘していた、顔拭き用のハンカチ!あれって違反なんですよね〜。高野連の審判さんは何も言わなかったですね。

当の斉藤君は「ファンサービスでやりました〜!」なんて言って汗拭いていたようですよ。(^^;;;

高校生で既にアイドルですもんね。

ってこの後はエントリーねたにさせてください。



処で柾目
Posted by HAL at 2006年10月04日 15:16
はじめまして(ですよね? (^_^;;; )。いつも楽しく拝見しております。

木製バットのことに関して、参考になればと思い掲載します。

木製バット豆知識
http://www.baseballshop.jp/mametisiki/teire2.html

使い方
http://baseballbat.livedoor.biz/archives/50272295.html

芯の確認
http://baseballbat.livedoor.biz/archives/50587137.html

なお、私は店舗の関係者ではありません。(^_^;;; ユーザーではありますが。(^_^;;;


>>それでも私は、軟球は木製バットの方が飛ぶと信じています

息子は小6ですが、木製バットでこの春、公式戦でオーバーフェンス・ホームラン(60m超)を経験していますし、練習でも時折遠くまで飛ばしています。本人は真芯に当たった時の感触は金属とは大違いだと偉そうに言います。(^_^;;; 息子のチームの子に木製バットの使用を勧めたことは何度もありますが、誰も使いたがりません。先入観って怖いですね。
Posted by Let's Enjoy Baseball at 2006年10月04日 15:59
私も軟式の場合は芯で捉えた時、木のバットの方が飛ぶと今も信じております。

そんな影響もあってか 息子は5年生から6年生まで木のバットを使っていました。
練習で1本折ってしまってから 柾目で打つことも勉強しました。

『真芯で捉えた時の感触は金属では味わえないんだよなぁ〜』
と真芯にあまり当たらないくせに、生意気な事と言っておりました。
確かに最近のよく飛ぶバット、超々ジュラルミンでは味わえないですよね。

余談ですが よく飛ぶバットは来年度から中学の全国大会では使用禁止になるそうですね。
そうなると地方大会も順番に使用禁止になるのでしょうか?


Posted by uzonke at 2006年10月04日 16:05
私も軟式の場合は芯で捉えた時、木のバットの方が飛ぶと今も信じております。

そんな影響もあってか 息子は5年生から6年生まで木のバットを使っていました。
練習で1本折ってしまってから 柾目で打つことも勉強しました。

『真芯で捉えた時の感触は金属では味わえないんだよなぁ〜』
と真芯にあまり当たらないくせに、生意気な事と言っておりました。
確かに最近のよく飛ぶバットや超々ジュラルミンでは味わえないですよね。

余談ですが よく飛ぶバットは来年度から中学の全国大会では使用禁止になるそうですね。
そうなると地方大会も順番に使用禁止になるのでしょうか?


Posted by uzonke at 2006年10月04日 16:07
ぶっ叩け〜!!さん、ありがとうございます。

不誠実ですが、木製は折れるのがEんです^^
また次のバット選びが楽しいんですよね!
やっぱり動機が不純ですね^^
Posted by metoo at 2006年10月04日 17:45
監督暦6年さん、ありがとうございます。

>芯に当たった時の無重力感と芯をはずした時の手の痛さが。。。

そうですよね!つまっても飛んでいく金属バット、実はミスして打っているのに結果オーライ。バットに助けられて打っても納得いきませんよね!

あの何も感じない素振りのような真芯の感覚、
気持ちいいですよね〜!!!
Posted by metoo at 2006年10月04日 17:48
HALさん、ありがとうございます。

あのフェイスですからタオルに小細工はしないでしょうね。ちゃんと汗だけ拭いてますし、あの人気ですし、審判もおとなしくしてるでしょう。

しかし、ファンサービスは間違ってませんか?相手打者に失礼ですし、プレーでファンを喜ばすのがプロだと思います。

それで、柾目の話は?^^
Posted by metoo at 2006年10月04日 17:51
Let's Enjoy Baseball さん、初めまして!
コメントありがとうございます。

早くも小6の息子さんは木製の味を知ったのですね。家の息子も小6時代は木製のイチローもデルと川崎モデルを使っていました。
今でも大切にしてる宝物です。

ところで今日の新聞から王監督の話題です。

http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2006/10/04/07.html

バットにテープを張って打たせてるようですね。
しかし、グランドに戻ってきた王さん、嬉しそうですね〜


Posted by metoo at 2006年10月04日 17:57
uzonkeさん、ありがとうございます。

確かに金属バットは折れませんし、経済的ですが、毎年の新製品が多すぎて悩みます。

私は、木製は折れたら冬の焚き火と一緒に燃やしてしまいます。愛用したバットに感謝を込めて、燃えていくバットで温まります^^

ビヨンド系のバットは当地では今年から使用禁止です。

使わなくなったビヨンドを、抽選でプレゼントでもしようか、考えています^^
Posted by metoo at 2006年10月04日 18:03
高校野球では900g以上のバットを使用しますが某高校ではグリップ付近を重たくしたバットを使用していた。
今までより振り抜けが良いのとシャープに振る事を目的にしたものですが重心が変わり長打が打てなくなると思いきや選手に聞くと「いい感じですよ」とコメントが返ってきた。それだけ金属バットも進化していると思われます。
我が息子にも採用しています。
軟式のの場合は新球に変更に反発力が増して来ています。要するに変形しにくい球になり金属バットに有利に働くのではないでしょうか?以前は、内角低めをライト方向に打つとファールに切れていた球でも切れることなくヒットに繋がっています。新球の打球を時間をかけて見て行く必要があると思います。
Posted by 球審パパ at 2006年10月04日 18:11
>>家の息子も小6時代は木製のイチローもデルと川崎モデルを使っていました

ウチは昨年の夏からイチロー・モデルを使用し、並行して川崎モデルもトライしてみましたので、おそらくご子息のものと同モデルだと思います。

で、私の会社のロッカーには、未使用のイチロー・モデルの木製バットが2本眠っています。(^_^;;; 折れたらいけないとまとめ買いしたのですが、結局最初の1本目でまだ頑張っています。実は自宅にもスペアが1本あって・・・・・・(^_^;;;

スポニチの記事、ご紹介ありがとうございました。m(_ _)m 今後ともどうぞよろしくお願い致します。m(_ _)m
Posted by Let's Enjoy Baseball at 2006年10月04日 18:24
球審パパさん、ありがとうございます。

最近、新球のメーカー変更があり、SGからマルエスに変わりました。子供達に聞くと表面が柔らかくなったと言っています。まだ私は比べていませんが、また大きくファールにきれていくボールかもしれません^^

硬式球は飛ばないボールになり、金属バットは飛ぶように進化している。

この追いかけっこは、メーカーだけが儲かる仕組みでは?
疑問に感じてしまいます。
Posted by metoo at 2006年10月04日 18:27
Let's Enjoy Baseball さん、ありがとうございます。

1本:現在使われてる。
2本:会社に保管・・・
1本:自宅にもスペアが・・・
合計4本も持ってらっしゃるのですね^^
プロ野球選手並みですね!

今息子はシニアで金属バットを使っていますので、買いかえるのはグリップテープのみ・・・
バット選びが無くなり、ちょっと淋しいこの頃です^^
Posted by metoo at 2006年10月04日 18:34
metooさん!ちゃんと柾目の落ち書いておきました〜!ご意見お願いします!

Posted by HAL at 2006年10月04日 21:04
こんな記事見つけました
Posted by ぶっ叩け〜!! at 2006年10月04日 23:36
なんだか、バットも楽しそうですね、木のバットいいですねえ、前から気にはなってたんですが、またいろいろと検索にはしりそうです。

うちの息子もはじめてのバットは木製でした、でもすぐに折ってしまいました、
息子「わ〜い折れたよ」って大喜び、笑うしかありませんでした・・・
Posted by グラブ大好き at 2006年10月04日 23:55
今年から我がシドニー少年野球リーグ(Under/12)では8.5インチの硬球を使う事になり、シーズン前に息子の誕生日プレゼントとして日本から仕入れた、Demariniのよく飛ぶバットが無用の長物となってしまいました。(ToT)・・・涙

今現在、息子は私が以前作ってあげた木製バットを、練習時使用しています。
飛距離はともかく、感触が気に入っているらしく、春休み中に自分でもう1本作りたいと、私の工房に入り浸っています。
Posted by 野球中年 at 2006年10月05日 08:45
HALさん、ありがとうございます。

柾目のコメント、そちらに行きますね!
Posted by metoo at 2006年10月06日 00:07
ぶっ叩け〜!!さん、ありがとうございます。

楽しいページのご紹介ありがとうございます。時間があるときにゆっくり見させていただきます。

一つ目に止まったのが、「グローブのこだわり」にあった、秀智選手の小指に、小指と薬指の二本入れ。これが良いのか?皆さんに記事にして意見を聞いてみようと思います。
Posted by metoo at 2006年10月06日 00:15
グラブ大好きさん、ありがとうございます。

>息子「わ〜い折れたよ」って大喜び・・・

かわいい息子さん、笑うしかないですね^^
いろんな道具を手にしてみる事は、とても良い事だと思っています。自分に合ったグローブ、バット、ゴルフクラブ、サーフボード、私もいろいろ集めて怒られています^^
Posted by metoo at 2006年10月06日 00:19
野球中年さん、ありがとうございます。

まず

>息子は私が以前作ってあげた木製バット・・・

作っちゃうんですか!木製バットを野球中年さんは作っちゃうんですか?
すごいの一言です^^

>8.5インチの硬球を使う事になり・・・

確か以前は日本よりも柔らかい軟球だったと覚えています。8.5インチの硬球が大きいのか小さいのか?次回でも教えてくださいね。
Posted by metoo at 2006年10月06日 00:23
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

斉藤君強かったですね〜。
Excerpt: metooさんのブログ読んで知っちゃいました。 早稲田優勝ですか〜。強いですね、プロに行かないのはもったいないような人気です。早稲田か?慶応か?なんて騒がれてるけど、どちらにせよ宣伝効果抜群だって…..
Weblog: ハル監督のつぶやき日記
Tracked: 2006-10-04 20:54