2006年09月07日

ベースランニング

berun01.jpg

イチロー選手は1992年にドラフト4位で、
オリックス.ブルーウェーブに入団しました。

ピッチングでもなく、バッティングでもなく、
プロのスカウトの目に止まったのは、
ベースランニングだったそうです。
(イチローと南ちゃんの昔のトーク番組で見ました)

上の写真は、キャッチャーと主審の目線から追うと、センター左あたりへのヒットでしょうか。

イチロー選手の一塁へ走り出していますが、
すごい方向へスタートしてますね!

打ってすぐに、この位置から膨らみ始め、最短コースを通って次の塁を狙ってるのでしょうね。

berun02.jpg

ここまで体を倒して、よく走れますね!^^


posted by metoo at 03:22| 千葉 🌁| Comment(14) | TrackBack(2) | 走る | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
それにしてもkoh君!物凄い量を走りこんでますね!さすが陸上部!

体育蔡楽しみですね^^応援も楽しみです^^
Posted by とうさん at 2006年09月07日 08:27
Koh君の言うとおりですね。特に小学生の野球はベースランニングで勝敗が決まると言っても過言ではありませんよね。
大きなリードをとり、投手のモーションを盗むことを会得し、第二リードも真剣にやっていれば、1試合で2点〜3点は違ってきてしまいますよね。
でも、うちのチームでもベースランニングの練習は少ないですね。流石にmetooさんのDNA継承者だけあってKoh君の着眼点は鋭いですね。
Posted by 星 十徹 at 2006年09月07日 10:16
1塁への走塁には3種類あるのでは、と思っています。
@シングルヒットの1塁駆け抜け
Aイチロウ選手のような大胆に膨らんだ走塁
B1塁−本塁間の中間地点から膨らむ走塁

距離にして1番短いのは@、その次はB、最後がAですよね(たぶん^^)

でも、2塁まで速く到達するのはAなんでしょうね。

Bの走塁で1塁を回ったところでオットット(分かりますよね^^)になる子はイチロウ選手の走塁に変えている最中です^^
Posted by 背番号29 at 2006年09月07日 13:13
我がチーム、走る量は多いですが・・・
ベースランニングの練習が少ないと思います。
だから単純に足が速い子、スタミナがある子はいますが、「走塁」ができる子が・・・
反省ですね^^
Posted by さとる at 2006年09月07日 13:19
我がチームは結構やってますよ、ベーラン。
駆け抜け、セカンドへのスライディング、セカンドからホームヘ、タッチアップ、最後にリレー(笑)
でも今年は見本になれる子が1人しかいません、よってヘッドコーチが見本してます。
私はベース1周で子供を抜くのが楽しみです。
Posted by 背番27 at 2006年09月07日 18:52
ウチの少年野球チームは、結構べーランやらせてる方ですが、いかんせん足が遅い。とにかく俊足ってのがいないんですよねぇ。平日のトレーニングが足りてないから、1周させると3塁回った辺りでものすごく失速しちゃうし。

まーぼの方は練習終わりに必ずレフトライト間の往復を何度もやらされてるけど、走塁技術はまだまだですね。3年生がやっていた抜け目ない走塁ってのを身につけてもらわないと。まだ積極性が足りないかな。こればっかりは数こなしていかないといけないかもしれませんね。

それにしてもkoh君がmetooさんのチームのコーチになったら、相当鬼コーチになりそうですね。(^^)
Posted by かに at 2006年09月08日 03:27
 うちのベースランにも、目的に応じて数種類の走路を指示していました。このエントリーを見てちょっと実験したくなって、複雑な数式ではなく、原始的な目測及びものさしで、まさに机上の計算をしてみました。もうすぐエントリーします。ご批評下さい。
Posted by 紫電改 at 2006年09月08日 09:46
とうさん、ありがとうございます。

どうやら体育祭は
 障害物競走に出るようです^^
どこかで転んだりして、笑いをとってくれればOKです!
Posted by metoo at 2006年09月08日 19:14
星さん、ありがとうございます。

昨日はご馳走様でした。

なぜかkohは練習メニューにうるさいです。
あそこはあーした方が良いよ、
この練習はこーした方が良いよ、

私のチームはいいから、自分のチームで結果を出せ!
と言っておきます^^
Posted by metoo at 2006年09月08日 19:16
背番号29さん、ありがとうございます。

イチロー選手を見ていると、レフト線の打球でも自分で見て判断していますね。

*内野手にゴロを捕られた!はしっかり駆け抜け。
*ゴロが内野手の間を抜けた!と判断した瞬間に大きく膨らむ。
*打った瞬間に抜けた!と判断したら、最初から大きく膨らむ。

この膨らみ方を子供達にまねしてもらいたいですね。
Posted by metoo at 2006年09月08日 19:20
さとるさん、ありがとうございます。

昔よくやったベースランニングは、塁間距離を半分にしてました。

体の倒し方を覚えてもらう為です。

あとは、ゆっくりマイペースでぐるぐる15分くらい走らせました。

ベースの踏み方を練習する為です。

ベースランニング、これからもいろいろ考えて見ます^^
Posted by metoo at 2006年09月08日 19:24
背番27さん、ありがとうございます。

>私はベース1周で子供を抜くのが楽しみです。

背番27さんは駆け足が速いと想像しました。私は子供達に駆け足はもうかないません。

その代わり、私は逃げ足は速い方です^^
Posted by metoo at 2006年09月08日 19:27
かにさん、ありがとうございます。

kohのチームはサブグランドなどなく、1つのグランドを2年生、1年生と交代で使ってるようです。
2年生がグランドを使っていると、その間1年生はひたすら走りこみメニュー、これを交互にやってるようです。

kohは小さい子と遊ぶのが好きですから、低学年のコーチでもやってもらいましょうか^^
Posted by metoo at 2006年09月08日 19:31
紫電改さん、ありがとうございます。

楽しい記事をお待ちしております!

子供達がどこでスピードを落としてしまうのかを見ていると、いろいろ考えが浮かぶでしょうね。私もよく観察してみます。
Posted by metoo at 2006年09月08日 19:33
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

二塁をもらおうゼ!
Excerpt:  どのクラスでも、その効果を忘れがちになるベースランニング。それがまして小学生と
Weblog: 一生懸命!!
Tracked: 2006-09-09 10:16

二塁をもらおうゼ!
Excerpt:  どのクラスでも、その効果を忘れがちになるベースランニング。それがまして小学生と
Weblog: 一生懸命!!
Tracked: 2006-12-27 14:05