2006年06月23日

ワンバウンドを打たせて見よう!

我が家の目の前は高校のテニスコートなんです。
毎朝、毎日見ていると「なるほどなぁ〜」と考えさせられます。
パコーンと打って、パコーンと帰ってくるボールを待つ姿勢!

「いいタメだなぁ〜」

そうだ!kohにワンバウンドで打たせてみよう!
もしかしたら、いいタメの練習になるかもしれない!

1b01.jpg

やっぱりそうです。
ワンバウンドする間に、いいタメができて、ワレた状態のままでボールを引き寄せて、前の足が着地してから上体が動き出すように、自然となってしまいます。

今までのkohのバッティングリズムは、
イチ二〜〜サンでしたが、
「イッニ〜〜 の サン」
この「の」が欲しかったんです^^

テニス部のみなさん、ナイスヒントをありがとう!

以前「ノックで間」と書いた事があります。
ノックでも間を作る練習になると思いましたが、こっちのワンバウンド打ちのほうがいい練習になると思います。

実際にワンバウンドはまだ打った事はありません。

私が軽くボールを上にあげて、ワンバウンドして落ちて来るタイミングで素振りをしています。

「へぇ〜〜なるほどなぁ〜」

な感じです^^
posted by metoo at 15:14| 千葉 🌁| Comment(22) | TrackBack(1) | 打つ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「の」が喉から手が出るくらい欲しかったです!
「の」を身につければ。。。
「の」で春季大会の雪辱を晴らしたいと思います。
「の」最高です!
「の」の練習方法、ありがとうございました。
Posted by 背番号29 at 2006年06月23日 16:16

   ですが...
    カーブの時に必要と教えてます
     ^^ やはり同世代、教え方が似てますねぇ
Posted by ぶっ叩け〜!! at 2006年06月23日 17:12
ウチの愚息1号にはずいぶん前からやっている練習方法です。
ボールをきちんと追うためにやっていたのですが「の」の練習にもなっていたとは・・・

ただ、落ちてくるボールに合わせるためアッパースイングになりやすいのが難点です。
Posted by ジャーマネ at 2006年06月23日 18:08
この練習は以前、たしか【ゆうちろ】さんの息子さんが二人で広〜〜いガレージでやっていましたね。

なるほど、(ため)も自然と身につくんですね!!これでフルスイングすると面白い練習になりそうです^^
Posted by とうさん at 2006年06月23日 18:18
納得です。
私も、よくやっている練習に、壁当てがあります。
投げるのではなく、打つ壁当て。
凄く難しいのですが、馴れるとたのしいですよ(笑)
壁から10mほど離れたところから、壁に向かってまずはノックします。
跳ね返ってきたボールをワンバウンドで打ち返します。
このずっと繰り返し。
グランドに平らな壁があったので、試しに始めてみたのですが、
意外といい練習になるなぁ〜と。
まっすぐボールが帰ってくるようになるまでかなり時間がかかりますが、
できると。。。自慢できます(爆)
Posted by 鬼ノッカー at 2006年06月23日 19:05
いい練習ですね。
私、若いころテニスやってました。
灯台もと暗し、とはこのことですね。
Posted by Skyboys広報 at 2006年06月24日 00:01
 こんにちは。私が知っている中で1番野球博士が集まるブログではないだろうかと思って、申し訳ありませんがTBさせていただきました。長期にわたる疑問ですが、どなたかご教授下さい。
Posted by 紫電改 at 2006年06月24日 09:51
うちのチームでもワンバンやってますがそこまで考えてなかったなあ・・・
今日早速子供達に話しちゃいます。
Posted by 背番27 at 2006年06月24日 10:05
metooさんのブログから拝借しました。
すみません!
2006年06月22日
走る練習です
「この子は守備範囲が狭いなぁ〜」
「この子は足が遅いなぁ〜」
「この子はスピードがないなぁ〜」
だったら、走らせましょう!
こんな練習もあるんです!どこのチームも色々考えて!工夫して!練習していらっしゃいます。
と勝手に練習に取り入れます。
これからもよろしくお願いします。
Posted by okaq at 2006年06月24日 10:15
子供たちの食いつきとても良かったです。
声も出ていました。
逆回りも良く出来ていました。
ありがとうございました。
Posted by okaq at 2006年06月24日 18:41
今朝の早起きバッティングで「ワレた状態のままでボールを引き寄せる」感覚をつかむ良い練習を思いつきました。

トスバッティングで2、3歩歩かせてから打たせる。

なかなかいいですよ。metooさんの「テニス」がヒントです。
Posted by Skyboys広報 at 2006年06月24日 22:00
背番号29さん、ありがとうございます。

今日練習試合だったようで、カーブ三振とライト前ヒットだったそうです。
「の」が出来てないんでしょうね!
「の」が!
Posted by metoo at 2006年06月24日 22:33
ぶっ叩け〜!!さん、ありがとうございます。

同世代だったんでしょうか?10歳くらい年上かと想像してました^^
(ちなみに昭和44年生まれです)

「の」はやっぱり教えなければ!教えたくなりますよね^^
Posted by metoo at 2006年06月24日 22:37
ジャーマネさん、ありがとうございます。

>アッパースイングになりやすいのが難点です。

ダウン過ぎる子には、持って来い!の練習かもしれません^^
ピッチャーゴロ、キャチャーゴロの素振りになってしまう子供っていませんか?
Posted by metoo at 2006年06月24日 22:41
とうさんさん、ありがとうございます。

>広〜〜いガレージでやっていましたね。

ちょっとやきもち^^

ワンバウンドをしっかり打っているテニスプレーヤーを見ていると、いいトップから毎回同じリズムでしっかり打ち返します。
ひじの使い方も上手ですね〜。
Posted by metoo at 2006年06月24日 22:44
鬼ノッカーさん、ありがとうございます。

私が今練習しているのは外野からのバックフォームです。
投げるのではなく、ノックでです^^
センターからノックして、キャッチャーへワンバウンドでストライクノックを特訓しています。
趣旨がずれましたね^^
Posted by metoo at 2006年06月24日 22:48
紫電改さん、ありがとうございます。

一発回答になりませんでした^^申し訳ありません。
今日何度か考えましたが、いくつか考えがあり解釈の違いが生まれてしまうのでは?と思いました。

私もしばらく悩んでみます^^
Posted by metoo at 2006年06月24日 22:50
背番27さん、ありがとうございます。

すでにワンバウンド打ちをやってらっしゃいますか?効果はどうでしょう?

きっと、ボールを呼び込んで打つのが上手になると思います。
Posted by metoo at 2006年06月24日 22:52
okaqさん、ありがとうございます。

いろいろとアイデアが浮かびそうですね。
逆周りも試合ではある場面です。例えば一塁前のバントをサードへ送球はよく使う場面ですね。

一つのアイデアから、たくさんのメニューが生まれるブログって素晴らしいですね!
Posted by metoo at 2006年06月24日 22:55
Skyboys広報さん、ありがとうございます。

この練習は、ストライクゾーンへ2,3歩あるいて移動しなければ打てないと思います。

自分からストライクゾーンへ動いて打つ練習メニュー、今までに無かった発想です。

でも、テニスでは当たり前なんですよね^^

何か良い事を思いついたら、東京出張でお願いします^^
Posted by metoo at 2006年06月24日 23:00
今日ワンバウンドの練習やりました!!
身体が小さくていつもショートの頭超えるほどしか打てない子が、レフト&オーバーする打球を打ってました。
さすがmetooさん!子供も喜んでました!
大変勉強になりました。ありがとうございます。
Posted by HAGE at 2006年06月27日 22:41
HAGEさん、ありがとうございます。

そうですか、レフトオーバーを打っちゃいましたか^^
なんだか私も嬉しいです!
そんなに飛んだんですね。
うーん、なんだか魔法使いになったくらい嬉しいです^^
Posted by metoo at 2006年06月28日 02:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

求む!一発回答。
Excerpt:  試合の中でスコアを付ける。プロほどではないにしろ、記録を付ける上での疑問が噴出
Weblog: 一生懸命!!
Tracked: 2006-06-24 09:49