2006年05月15日

WBCとワールドカップ

2006年3月21日
ワールドベースボールクラッシックで日本が優勝してから約2ヶ月が過ぎました。春の高校野球、プロ野球が始り、メジャーが始り、忘れかけてきた第一回WBC優勝国の日本。アメリカの新聞では「ベースボールを野球が破った」とまで書かれました。

今日、ワールドカップサッカーのメンバーが23名発表されました。
野球と違って誰も辞退する選手などいないでしょう。

近所のサッカーチームでは、小学校1〜3年までは誰でも入部できますが、4年生になるとトライアウトがあり、U−12のチームに残念ながら残れない子供達がいます。さらに中学になるとU−15のトライアウト、高校になるとU−18のトライアウト。チームに選ばれないとサッカーが出来ないそうです。

エリート育成の是非を問うわけではありませんが、それくらい必死でサッカーは小学生から競争しあっているという事です。


WBCで優勝してしまった日本は、全く組織を改善しようとは思わないでしょう。あの時に韓国に負けていたら、野球を支える少年野球、底辺から見つめなおしてくれたかもしれません。ボールを新球に変える事などより、地域の野球施設を見直してくれたかもしれません。秋の高校総体決勝はヤクルトユース対横浜高校が実現したかもしれません。

全日本軟式野球連盟 学童部には約15000チームの登録があるそうです。

全国高等学校野球連盟 は約4200校です。

世界で日本ほど野球が好きな国はないでしょう。

ベースボールに勝った野球の国、日本は、
この先何処へ向かうのでしょうか?
posted by metoo at 19:15| 千葉 ☁| Comment(6) | TrackBack(1) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お隣の韓国では高校に野球部があるのは数十校しかない。なんて話を聞いた事があります。
またアメリカでも甲子園のような大規模な大会は無いとか。

そう考えると日本の学生野球は確かに盛り上がってますよね。
Posted by ドラ夫 at 2006年05月16日 00:25
相当な数の学童野球があると漠然と思っていましたが、15000という数は想像以上でした!!

初めて全日本軟式野球連盟 学童部のホームページを見ましたが、私の実家の昔から強かったチームが東京西で出場してました^^

このチームの監督は私が小学生の時から変わっていません。そのチームに入っていた甥っ子(中学生)から聞きました^^
Posted by とうさん at 2006年05月16日 08:43
日本公園緑地協会ってとこがキャッチボールのできる公園を増やしてくれます!

全国の1843区市町村に行渡るのに141年もかかるのが問題です^^

以上、読売新聞からでした。
Posted by 背番号29 at 2006年05月16日 15:48
ドラ夫さん、ありがとうございます。

お隣韓国では、元プロ野球選手がマンツーマンで高校生エリート選手を指導しているとテレビで見ました。
さてさて、日本では???
プロアマの全面協力を急ぎたいですね。
Posted by metoo at 2006年05月16日 16:49
とうさん さん、ありがとうございます。

学童だけで15000チームですから、スポ少や地域団体を入れれば、2万は越すのでしょうね。

日本野球の未来を、少年野球から少しずつ変えて行きましょう!
Posted by metoo at 2006年05月16日 16:53
背番号29さん、ありがとうございます。

>141年もかかるのが問題です

私は37歳、178歳までキャッチボールを続けます!

お互いあと141年がんばりましょう^^
Posted by metoo at 2006年05月16日 16:59
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

週末は雨だったけど、晴れ舞台?
Excerpt: 教育ニュースとは関係ない、プライベートな話を・・・息子は地域の少年野球チームに所属しています。5月13日の土曜日は、ある大会の開会式でした。たまたま息子はチームのキャプテンをしており、偶然にも、コーチ..
Weblog: 塾講師が考える教育NEWS
Tracked: 2006-05-15 22:12