2006年04月18日

キャッチャーを作ろう!その1

四十肩コーチさんからのコメントですが
「キャッチャー養成講座」のご希望を頂きました。
私も恥ずかしい程のキャッチャー経験暦ですが、
子供達の指導方法をいくつか考えようと思います。

キャッチャー最初の課題は
「キャッチャーのエラーは1点!」
ショートバウンドを絶対に後にそらさない。
キャッチャーは、他の野手と違って、
エラーしたら必ず1点に繋がってしまいます。

ショートバウンドを止めてくれるから、
ピッチャーは安心して低めに投げれます。

まずはパスボールをなくす練習から入りましょう。


ショートバウンドのエラーで良く見かけるのが、
股間を抜けてしまうエラーだと思います。

cc01.jpg
ショートバウンドを体で止めようとして、ひざを突いても体が浮いてしまい、ミットを引き上げてしまい、股間に空間が出来てしまいます。(水色の部分)このクセはプロ野球選手でもなかなか直らないようです。

コツとしては
ショートバウンドは絶対に捕ろうとしてはいけない!
捕らなくて良いから、ホームベースに落そう!


この言葉を子供達に伝えて見ましょう。


練習方法ですが、球審用のアウタープロテクターを使っています。
アウタープロテクターを、脇を閉めて持ち、捕球姿勢で構えてから、ホームベースに倒れこむように両ひざを突きます。コツはホームベースに向かって正座するようなイメージです。

cc02.jpg
ショートバウンドを投げてあげて、アウタープロテクターに当てたボールを、ホームベースに落すように練習しましょう。

低いショートバウンド、高いバウンド、右、左、
いろんなショートバウンドを
『捕らないクセ』を体に染み込ませてあげます。

posted by metoo at 00:01| 千葉 | Comment(24) | TrackBack(0) | キャッチャー | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
また、私のブログにエントリーしますが、長男がキャッチャー復活の気配あり。
また、一から勉強です!
ということで・・・グッタイミン!
Posted by さとる at 2006年04月18日 00:38
親バカコメントで恐縮ですが、うちの愚息はこの分野は滅法強いです。
この点だけは正捕手より上手です。

特訓方法ですが、ひたすらショートバウンドを投げ続けました。身体に染み込ませるほどやりました。
数をこなせば、恐怖感も払拭出来ると思います。

ただこれは軟球の場合でして、硬球の場合は・・・

ちょっと怖いですね。やはり(^^;
Posted by ドラ夫 at 2006年04月18日 00:52
 「キャッチャー養成講座」の早速の開講、ありがとうございます。一昨日の公式戦でも後逸していましたので、早速息子に実践していきます。
 実はmetooさんのこれまでのエントリーをカテゴリー別で勝手に保存しています(すみません)。今までどれだけ参考にさせて頂いたことか。うちのチームは学年単位で編成され、指導者も各学年ごとに親が担当しています。ですから卒団と同時に指導者も引退してしまいますので、ノウハウの蓄積がありません。指導者が替わらない方がいいのかどうかは分かりませんが、今のうちの体制では常勝チームを作ることは難しいと思います。
 本などで勉強も出来ますが、今はmetooさんはじめ少年野球ブロガーの皆さんの生の声が一番参考になっています。
Posted by 四十肩コーチ at 2006年04月18日 06:47
キャッチャーの話だったら、黙っていられません(笑)。毎年苦労していますから。

ショートバウンドを止める練習は、ドラ夫さんが仰るとおり、身体に染み込ませる以外ありません。ほぼ条件反射ですから。
最初は緩い球で膝を落す練習。できるようになったら、実際の投球で練習。最後は至近距離でノックですかね。最初からノックでは、変なクセがついたりします。

・・・気張ったわりには、何か普通のコメントでした。(笑)
Posted by 少年野球コーチ at 2006年04月18日 09:18
昨日のコメント失礼致しました。

そして、今回のキャッチャー育成講座!!
我がチームのキャッチャーが伸び悩んでいます。早速、練習に取り入れたいと思います。
Posted by とうさん at 2006年04月18日 09:18
ご無沙汰しております(覚えてらっしゃいますでしょうか)。九州在住さんまです。

愚息(次男坊5年生軟式)がキャッチャーです。私自身経験が無いのでとても参考になります。
今は,6年生投手の球速がそうでもないからか,先日の試合でもショートバウンドは山ほど来ましたがパスボールはありませんでした。
我がチーム,バッテリーの育成がはっきり言って,遅れています。キャッチャーの練習なんてほとんどありません。ずうずうしくも私が勝手にショートバウンドやチャッチャーフライの捕球練習を合間にやっているような状態です。

今後は,今最大の悩み「盗塁時の二塁送球」について教えてください。よろしくお願いします。
Posted by さんま at 2006年04月18日 10:45
いつもながら・・・ありがとうございます^^もう何度お礼を言ったか分からないですね。
 我がチーム・・・キャッチャーの育成がほとんど出来ていません・・・
今回のエントリー(今後も続く・・)是非是非参考にさせて頂きます^^
Posted by Shin at 2006年04月18日 11:08
metooさんグットタイミングです。
ありがとうございます。
我がチームもキャッチャーに困っておりまして練習の参考、パクらせていただきます。
Posted by ぼけとジュン at 2006年04月18日 12:39
私も投手と遊撃手の経験から 遊び程度でなら捕手をやれますが...
ホント、難しい専門職ですよね
特にフライの時にマスクを外す!! が、どうしても咄嗟に出来なくて、よく自分に苛立ちます
育てるのには時間が掛かりますし…頭が良く&野球を一番知ってる子に必然的にやらす事になっちゃいます...(ね、metooさん) ^^

Posted by ぶっ叩け〜!! at 2006年04月18日 13:58
さとるさん、ありがとうございます。

そうですか!長男くんキャッチャー復活しましょう^^

まず、キャッチャーの信頼は肩の強さよりも、パスボールをしない!ここから監督さんにアピールしてはどうでしょう?
長男クン!応援してますよ!
Posted by metoo at 2006年04月18日 15:14
ドラ夫さん、ありがとうございます。

さすがドラ夫塾です!

この動きは体に染み込ませるしかないでしょうね。どうしてもミットを引いてしまい、股間が開いてしまいます。最初はサッカーボールなどで始めて、ソフトボールなどでも練習しました。

股間が開かないように、しっかり股間をガードしなければいけませんね^^
Posted by metoo at 2006年04月18日 15:22
四十肩コーチさん、ありがとうございます。

私もブログを始めてから、ヒットエンドランや野球小僧を読んでいません。

ためになる事はたくさん書いてあるでしょうが、「雑誌を売りたい」この気持ちが、子供達を見ている現場の意見とずれているのが感じます。

キャッチャーの練習メニューはまだまだ続きます。毎日は難しいので徐々に載せられるように頑張ります!



Posted by metoo at 2006年04月18日 15:29
少年野球コーチさん、ありがとうございます。

「そう言えば、最近キャッチャー練習してないな〜、来週やろうっと!」
私も書いていてサボっている事に気がつきました^^
ピッチング練習も大切ですが、キャッチング練習も大切な時間ですね。
Posted by metoo at 2006年04月18日 15:33
とうさんさん、ありがとうございます。

私は日本一の親バカ目指してますよ〜〜^^

野手にはノックの時間がありますが、キャッチャーはありません。やっぱりキャッチャー練習だけの時間を、毎週土日に作らなければいけませんね。私も忘れないようにします^^
Posted by metoo at 2006年04月18日 15:36
さんまさん、ご無沙汰しております!
龍くん奏くんお元気でしょうか?

たしか、ひじ痛のリハビリ中あたりでブログを休まれた記憶があります。その後、ひじ痛はどうでしょうか?よろしかったら満木さんのハートフィル治療院を覗いてみてください!

キャッチャースローイングは指導するのがとても大変な項目です。なかなか文面で伝えるのが難しいですが、いろんな言葉を探してみます。

Posted by metoo at 2006年04月18日 15:41
Shinさん、ありがとうございます。

ノブ君の球を捕るキャッチャーを作っておかないと、ノブ君がキャッチャーの可能性も出てきます。
愚息はずっとピッチャーをやりたくても、私が監督時代はキャッチャーをやらせていました。監督としては後悔していませんが、親としては心残りです。
Posted by metoo at 2006年04月18日 15:44
ぼけとジュンさん、ありがとうございます。

パスボールが減ってくると、チームが引き締まり、流れを掴みやすくなると思います。
私もしっかりやらせるように再確認できました。
Posted by metoo at 2006年04月18日 15:46
ぶっ叩け〜!!さん、ありがとうございます。

>育てるのには時間が掛かりますし…頭が良く&野球を一番知ってる子に必然的にやらす事になっちゃいます・・・

時間が掛かります。だから自分の息子なら時間が足りると計算してしまいました。

愚息にキャッチャーをやらせましたが、頭は良くなりませんでしたよ^^

毎試合、私の説教をずっと聞いていたので、仕方なく覚えたくらいです^^
Posted by metoo at 2006年04月18日 15:51
お久しぶりです。私のブログにも書き込んでいますが、YAHOO!動画の野球教室チャンネルで大矢さんがその点詳しく指導されています。ご覧になられたらいかがでしょうか皆さん。
Posted by 紫電改 at 2006年04月18日 16:09
ショートバウンドにキャッチャーフライ。2塁へのスローイングに、ピッチャーのリード。

キャッチャーは他のポジションにはない特殊な要素がたくさんありますよね。
息子がなってみて初めて気付いた事がたくさんありました。そしてそのどれもがチームの勝敗に深く関与してくるんですよね。

このシリーズ楽しみにしてました。息子にも見せますからどんどん続けて下さいね。
Posted by かに at 2006年04月18日 20:45
紫電改さん、ありがとうございます。

いろんな指導方法があるんですね。
私もいろいろ勉強して、自分の言葉で何とかブログを作っていこうと思います。
Posted by metoo at 2006年04月19日 02:05
かにさん、ありがとうございます。

@ショートバウンド
Aキャッチャーフライ
Bスローイング
Cピッチャーのリード

かにさんに順番を決めて頂き助かりました^^
Dブロック
Eバント処理送球
Fサインいろいろ

半年くらいかけて、ゆっくり行きましょう^^
Posted by metoo at 2006年04月19日 02:10
先日の練習試合、捕手の差で負けました。そこで、捕手の練習メニューを考えていた所でした。良いものを見つけました。また、参考にさせて頂きます。

私もこの度ブログを始めました。
リンクさせて頂いています。
これからも、宜しくお願いいたします。
Posted by 穴金空歩人 at 2007年11月28日 11:00
◆穴金空歩人さん、ありがとうございます。

こちらこそリンクよろしくお願いしますm(__)m

キャッチャーを育てるのには時間がかかりますね。
本人のやる気と研究心がもっとも大切かも知れません。

時間はかかりますが、チームが勝ち上がるには大切なポジションです。ゆっくり成長を見守っていきましょう!
Posted by metoo at 2007年11月28日 23:18
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック