2010年09月27日

二塁手の運動量




「なぜ桜木がそこにいる〜〜〜!」
知ってる方はSLAM DUNKファンですね^^


この動画は

「なぜ賢介がそこにいる〜〜〜!」

昨日BS放送の西武−日ハム戦を見ていたのですが
二塁手の運動量がよくわかるシーンでした。



ランナー二塁から、
センター前のゴロの打球は一塁ベースへ戻れないのが普通の二塁手です。

西武の守備は走者一二塁からだったので、走者を見ながらの状況判断でしょう。


ランナー二塁からセンター前への打球。
二つともバックフォームしても間に合わないと判断できるケースです。


打った打球を追いかける

センター前に抜ける

二塁走者が三塁を回るのを確認

間に合わない

打者走者のオーバーランを狙う

全速力で一塁ベースへ戻る



日本ハムファイターズ
田中賢介二塁手(3)

打撃も守備も素晴らしい選手ですねヽ(´▽`)/


おいしそうなケンスケロールはこちらから(*^-^)b
posted by metoo at 13:59| 千葉 ☔| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは
お邪魔しました
野球ですね
ルールが難しいと思います
Posted by エルメス at 2010年09月27日 16:17
視野の広さ、判断の速さ等々、ホント、いろんな面でスゴイですね。

小猿くんにも『なぜ、そこにいる〜!!』といわれる選手になって欲しい・・・
まぁ、今のところ、逆の意味で、言われてますけど(~_~;)
Posted by PAT at 2010年09月27日 19:59
◆PATさん、ありがとうございます。

田中賢介選手の高打率は、もしかしたら守備から来てるのかも知れませんね。

ただ、二死二塁センター前ヒットでわざとオーバランを大きくしたフェルナンデス選手は。さすが西武ライオンズです。
Posted by metoo at 2010年10月02日 20:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック