2010年08月18日

ABC練習

成田高校の中川投手
ついにベスト4まで進んでしまいましたね。

千葉県の決勝戦を見た後、
「中川君の魔球だけで、ベスト4は行きますよ」
飲んだ席でつぶやいたことが現実となってしまいました^^


中川君は冬場、通常よりも100g重たいボールを一日おきに投げ込んだそうです。
2010/07/25スポニチより

私も重たいボールを使って昔試して見たことがありますが、ボールをリリースする瞬間に、柔らかくしなる指先の感覚が感じられました。また、小学生に重たいボールでキャッチングの練習をすると、キャッチャーのミットを捕球して止める感覚が覚えられました。

同じように、私は子供達にピンポン球で投球練習をしてもらいます。
ピンポン球を投げる練習に使う力はゼロです。ボールを引き上げる動作。リリースする力。全く力を必要としませんのでケガや故障につながる心配がありません。さらに、ピンポン球を投げるとボールの回転が良くわかります。繊細な指先の感覚も磨けるでしょうし、リリースポイントが普段よりも前になるのもいい効果だと思っています。



A+B=C

A:いつもと同じ練習
B:いつもと違った道具の練習
C:新しい感覚を伝えやすい


重たいボール、軽いボール、短いバット、長いバット、しなるバット

小さいグローブ、大きすぎるグローブ、

普段使わない道具を使うと、
新しく芽生える神経や筋肉があるのではないでしょうか。


他にもアイデアがあったら教えてくださいねヽ(´ー`)ノ
posted by metoo at 15:35| 千葉 ☀| Comment(9) | TrackBack(0) | コーチング | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初めまして、少年野球にコーチとして参加し始めて1年ちょっと過ぎました素人親父です。
私の野球知識は全てmetooさんのブログの受け売りです。
いつかみんなにばれると思ってます。

この間TVで阪神のマートン選手が素振りのとき短いバットを使っているってやってました。
バットが体に巻き付く感覚が得られるそうです。
早速、我が家の息子もいつもより短いバットで素振りをやってましたが、納得しているようでした。
Posted by f-コーチ at 2010年08月18日 19:17
「カリビアントレーニング」と言われている類の考え方ですかね。
何かの本に書いてありましたが、ただ重たいものだけでずっと練習すると、重いために落ちたスピードを脳がインプットしてしまう。逆に軽いものでスピードを上げた動きをすると、脳がその早いスピードをインプットしてくれる、という理論だったかと思います。

負荷を変えて外的に体にスピードの異なる動きをさせると、感覚系に刺激を与えていいみたいですね。
野球はいろんな道具を扱うスポーツですから、アイデアはまだまだ出てくるかも知れませんね。期待していますね!
Posted by maddog31 at 2010年08月18日 21:42
ピンポン球を投げると、リリースポイントが普段より前になるんですか?!

最近、小猿くんは監督から『もっとリリースポイントを前に!』という指導をされているのですが、なかなか前に持っていくことができないんです。。。

ということで、早速、ピンポン球を買ってきたいと思います!
Posted by PAT at 2010年08月18日 22:51
うちの息子(年少)も、4年生のバットを借りて素振りをした後、自分のバットを思いきり振ったら「ブォンって音がしたよ〜」と喜んでました。

グラブも娘のお古とJ7の両方を使っていますが、ボールはC球しか使っていません。

ピンポン球は、バッティング練習用に たくさん持っているので、今度 試してみますね。
Posted by kisuke34 at 2010年08月18日 23:46
成田高校は『中川君の魔球で2つ勝てても3つは無理だと人知れずつぶやいていた私ですわーい(嬉しい顔)。』
打線の援護がもらえず、悲運のエースになってしまうと勝手に想像してしまいました。
申し訳ないexclamation
中川君の頑張りも見事ですが、打線がよくつながってます。
よく打ちますよねexclamation&questionこんなに打つチームだったんですね。それとも甲子園が成長させているんでしょうか?
相模がねえ。一皮剥けちゃった感じで。脆さがあったんですけど、かなり強くなったようで。
準決勝、ナイスゲームを期待しましょうexclamation×2
Posted by 横浜への道 at 2010年08月19日 20:10
ご無沙汰です。

残念ながら負けてしまいましたね。応援していたのですが。。。

> 通常よりも100g重たいボールを一日おきに投げ込んだそうです。

硬式をやっていた選手が急に軟式を投げると肩をおかしくするなんて話を聞いたことがあります。
そんなことになりませんかねぇ。
しっかり管理してやればよいのでしょうが、ただ真似をすると故障のもとになりかねないかと心配する次第です。

それに何が鍛えられるんでしょうか?良く分かりません。
ピンポン球を投げるような練習は感覚やコツをつかむことができると思います。
が、それだったら新聞記事にあるほどの投げ込みはいらないんじゃあないかと思います。

練習の秘密全部がかかれているわけではないでしょうから、正しく理解するのは私には難しいです。
Posted by 端っこ at 2010年08月20日 22:11
あるHPの「球速をアップする研究」からの抜粋です。

「最も効率よく球速をアップさせる練習方法は、正規のボールの重さに比べて、重いボール、軽いボールともに20%以内にし、交互に投げること」

http://mft.jp/top_vdb_theory.htm
Posted by o at 2010年08月21日 10:18
お久しぶりです。いつも楽しく拝見させていただいております。

にっちもさっちも行かなかった息子が死に物狂いで頑張り、練習試合ではありますが三振10個を奪い完投するまでに成長しました。

そして念願の最後の夏のベンチに入ることができました。

チームは4回戦で負けてしまいましたが、最後の夏、完全燃焼でした。

いつもMETOOさんのブログを読んでは参考にさせて頂き、また励まされもしました。
本当にありがとうございました。一言お礼が言いたくて・・・

因みに息子の夏大前、最後の練習試合の相手が成田高校でした。うちのエースが完投したものの3-0で完敗でした。

確か散発4安打ぐらいに抑えられたかと思いますが、中川君のスライダーは分かっていても打てない正に魔球だと思いました。ホント凄かったです。

その中川君擁する成田高校が負けてしまった・・・なんかこれで本当に息子の高校野球が終わってしまった気がしています。今は寂しさでいっぱいです。

でも・・・私がそうだったように、きっと息子も何か新しい夢を見つけてくれると信じています。

これからも頑張ってください。

ご子息のご活躍、心からお祈りいたしております。
Posted by バカ親 at 2010年08月21日 11:10
◆f-コーチさん、初めまして!
コメントありがとうございます。

バットと体格2 2008/10/15
http://metoo.seesaa.net/article/108115930.html

身長の45%〜47%の長さのバットがあれば十分ではないでしょうか。

これからの野球はもっと短くなる予感がしています。


◆maddog31さん、ありがとうございます。

いろんな呼び名があるんですね^^

負荷の次は低酸素トレーニングの時代が来そうですが、
高校生の体にはまだ早いでしょうね。


◆PATさん、ありがとうございます。

ピンポン球を投げてみるとわかりましたが、
普通に投げるとボールが軽いので浮き上がってしまいます。
もっと前で投げないとストライクゾーンへ行きませんから
自然とリリースポイントが前になりますよ。
http://metoo.seesaa.net/article/109937921.html


◆kisuke34さん、ありがとうございます。

ゴルフの練習で使うプラスティックの穴あきもいいですね。

http://store.shopping.yahoo.co.jp/monster/11289.html



◆横浜への道さん、ありがとうございます。

準決勝、成田vs東海大相模は面白かったですね。

熱vs冷

吼える中川君と冷静な一二三君が対照的でした。

これからもいいライバルとして成長してもらいたいですね!


◆端っこさん、ありがとうございます。

重たいボールを使うことで、ONとOFFの感覚が私はつかめました。

実は使わなくていい箇所で力を使ってしまい、

本当に使いたいリリースポイントで使う感覚。

そのような感覚を掴むには重たいボールもいいと思います。

もちろん投げ過ぎは危険ですね。


◆oさん、ありがとうございます。

こういうの飛びついて買ってしまう時期ってありましたね^^


◆バカ親さん、ありがとうございます。

息子さん、お父さん、お疲れ様でしたm(_ _)m

二年生の中川君と対戦したことがありますが、
あの頃からとんでもない投手だったと覚えています。

成田高校が全国大会ベスト4まで勝ちあがってくれたのは、千葉県にとっても、破れたチームにとっても素晴らしい思い出になると思います。

息子さんには、これからも野球と関わっていって欲しいです。
今後も応援してます!頑張ってくださいね!
Posted by metoo at 2010年08月22日 16:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック