2006年03月23日

こぶたさんへ『ボールが怖い病』

現在私の息子(小学2年生)が、昨年の4月より軟式のクラブチームにお世話になっているのですが、打席に入った時に『ボールが怖い病』に掛かっています。右打者ですが、ベースに近づけないことやステップした時に左足が開いてしまう等の症状がでています。是非、克服方法や経験談等ございましたら、お教え頂ければ幸いです。
3月6日のコメントより

ちょっと時間が空いてしまいましたが、こぶたさんよりコメント頂いた「ボールが怖い病」について考えて見たいと思います。

フルコーチさんのブログ「ボールが怖い病」でも取り上げられ、リナケイパパさんさとるさんShinさんGenkiさんFastballerさん、皆さんのコメントが大変参考になります。

私にも同じような経験があります。
まず最初に思うのが「個人差がある」と言う事です。家の子だけが怖がってる?イエイエ^^全ての子供はボールを怖がっています。大人でも怖がっている方はたくさんいらっしゃいますよ^^決して自分の子供が怖がりだ!と決め付けずに、毎日の成長をあせって追わずに半年1年のスパンで見てあげると、はっきりとした目に見える成長が感じられると思います。

具体的に考えると「怖さ」とは何か?
「当たると痛い」
痛みが恐怖心だと思います。

では「怖さ」を克服するものは何か?
「怖い」の反対の言葉「楽しい!」「嬉しい!」
子供の考えなのであっているか解りませんが、
「当たると楽しい!捕れると嬉しい!」
これが一番の恐怖心を克服する要因ではないでしょうか。

痛みを無理に押し付ける事は、楽しい事ではありませんし「怖がるな!」と言われて「嬉しい」とは思わないでしょう。子供が喜ぶ練習方法を探してあげるのが指導者だと思います。

具体的に練習方法ですが、一度野球から離れて考えてみるのも良いかもしれません。コンディショニングトレーナーの立花氏などがよく言われる、
「幼少時代はいろんなスポーツを経験すると良い」

例えばですが、サッカーボールで練習して見ましょう。

ショートバウンドをよけてしまう子には
「バウンドを予測する事がまだ出来ない子」
などと考えてあげてはどうでしょうか。

軽くサッカーボール(ビーチボール)を投げてあげて、
わざとショートバウンドで蹴ります。
捕ってはいけません、まず蹴らせて見ましょう。

お母さんの為の少年野球に書いたのですが、
ターン タ キック で蹴ってみましょう!
kick.jpg
このショートバウンドでキックするタイミングなどを覚えてしまうと、
「バウンドを予測できるようになった」
と考えられると思います。

予測が出来ないものは、子供でも大人でも誰でも怖がる。
覚えやすいのは「音とリズム」と私は思います。
蹴れるようになったら、ゴールキーパーのように捕ってみたり、グローブでサッカーボールをすくって見たり、押し当てて見たりするのも良いかもしれません。

もう一つ、子供達と一緒に練習をしていて足りないと思う動作が、
平衡感覚、平行感覚とでもいいましょうか。
○まっすぐ歩いているようで歩いていない。
○真横を抜いているようで向いていない。

打者でしたら投手に向かって、投手でしたら捕手に向かって、
足を真っ直ぐ出しているようで、ちょっとずれている。

この感覚が子供達には難しいようです。

「怖くて避けている子供」なのか?
「真っ直ぐがずれている子供」なのか?

これは全く違った意味なので、指導者はきちんと判断しなければと思います。

平行感覚を養う練習はいろんなメニューがあるでしょう。
* 横向きでスキップする。
* 後向きで走る。
などの運動は1年中アップメニューなどに取り込み、ゆっくり感覚を養っていくのが良いのではないでしょうか。

足が開くから強制する、ボールをよけるて捕るから叱るよりも、子供達の感覚を育ててあげるのが少年野球と感じています。


また子供達の感覚には
「目標に向かって正面を向きたがる」
こんな課題もあると思います。

こぶたさんの質問から大きく外れてしまいましたが、
「ボールが怖い病」
これからも考えて行こうと思います。


posted by metoo at 16:54| 千葉 ☁| Comment(8) | TrackBack(0) | コーチング | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
習うより慣れろって感じですかね。
うちの息子はいまだに打席ではアウトステップですよ。「おまえ、そんなにアウトステップしたら打席から足が出ちゃうぞ。アウトコースも打てないぞ。」と言っていますが、とりあえず気持ちが乗っている時はアウトステップも少なく打てるので、もうボール怖がり病は放置しています。スピードには慣れてきたようでとりあえずは。

ゴロはバウンドのリズムの取り方で克服しました。どんなゴロもゴロはすべて膝より下で捕るようにしました。膝より上の上がり際で捕るから、抱えるように捕るようになるから怖いんです。まぁ、リズムが合わないと膝より上の上がり際になってしまって、まだ腰が引けて、顔が逃げて逸らしますが・・・、ようは慣れですね。

そうとう量(もう2年近くなりますか)、家で、バッセンで慣れる為にやりましたよ。
ボール怖い病を克服するには時間と慣れる為の量が必要かと思います。
Posted by Fastballer at 2006年03月23日 17:35
Fastballerさん、ありがとうございます。

時間と量はいくらあっても足り無そうですね。
子供の感覚は、個人差が広いので一概には言えませんが、投げるでも打つでも、まずは体が回る運動を心がけるようにしています。
まだまだ答えは限りなくありそうです^^
Posted by metoo at 2006年03月23日 19:13
ボールを怖がる子の多くは動体視力の発達が遅れているんじゃないかなって感じます。
動いているボールがぜんぜん目で追えていない子がいるんですよね。
そういう子は、キャッチボールのときでもバッティングのように、いちにのさんでタイミングを無理やり合わせてキャッチするような捕り方をするんですよね。

小さいときから屋外で遊んでいない子が動体視力の発達が遅れているんじゃないかなと危惧します。
目への影響を考えると、低学年でテレビゲームは絶対やらせたくないですね。
Posted by カメラ小僧 at 2006年03月23日 22:59
metooさん、こんばんは!!
後リンクまで貼って頂きありがとうございます。
私のブログ、野球以外の記事が結構多いので、クリックされた方は「おやっ??」と思われたかももしれませんね。そう言った方は野球カテゴリをクリックしてみて下さいね!!
さて、ボール怖い病ですが、これはほんとどうやったら直るのか難しいですよね。
やはり普段の練習の繰り返しで、自分自身のプレーに自信をもつ事が大事でしょうね!!
ただ、怖いって気持ちはプロの選手にでもある事ですから、恥じる事じゃないと思います。ただ本人に改善したいと言う気持ちがない場合は、なかなか直すのは難しいでしょう!!
Posted by リナケイパパ at 2006年03月24日 00:03
各位殿

『ボール怖い病』に関し沢山のご意見やアドバイスを頂戴しありがとうございます。『毎日の成長をあせって追わずに半年1年のスパンで・・・』や『時間が解決してくれる・・・。本人が克服する・・・。』等々、おっしゃる通りだと思います。実は私自身も高校まで野球をやっていました。私自身は努力が足らなくて不完全燃焼で終わったものですから、つい息子には・・・と力んでしまいます。今回初めて書き込みをさせて頂いて反響の大きさに驚きながらも、肩の力が抜けて楽な気持ちになりました。この場を借りて皆様にお礼を申し上げます。ありがとうございました。
Posted by こぶた at 2006年03月24日 08:57
カメラ小僧さん、ありがとうございます。

>テレビゲームは絶対やらせたくないですね。

こちらのコメントを見て思い出しました。
私も同じような思いがあり記事にした事がありました^^
遠くを見て近くを見る、目の筋肉の動きが遅いと言うのでしょうか、ボールが過ぎてからグローブを閉じる子、やっぱりテレビゲームでしょうね。

http://metoo.seesaa.net/article/6896569.html
Posted by metoo at 2006年03月24日 12:00
リナケイパパさん、ありがとうございます。

私も松坂投手の球は怖いと思います^^
ただ、「打ち返したい」「捕りたい」気持ちの方が強いので、最初は怖がるでしょうが向かっていく、勇気を持つと思います。

でも打てないでしょう^^
Posted by metoo at 2006年03月24日 12:05
こぶたさん、ありがとうございます。

私達の打撃練習では、最初の10球はオープンスタンスで打とう!次の10球はクローズドスタンスで打とう!などした事があり、最後に真っ直ぐに足を出して打ってみよう!などと練習した事もあります。
子供って面白いもので、コーチや親よりも、友達に言われて気がつく子もいます。

フォームを無理やり直すのは簡単ですが、本人の意思や考えを話し合いながらの方が楽しいと思います。
「こうやって打った方が、当たりが強かったぞ!」
などと言われた子供は、ニコッとするでしょう^^
Posted by metoo at 2006年03月24日 12:13
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック