2010年06月11日

勝利の方程式

1006101.jpg

1回裏に1点とりました。

さて、どうやって1点とったでしょう?



1006102.jpg

最終回に1点とってサヨナラ勝ちをしました。

さて、どうやって1点とったでしょう?



もうすぐ梅雨です。

雨で練習ができず、

室内などでミーティングをするチャンスでしょう。

そこで子供達に問題を出します。


どうやって1点とったかみんなで意見を出し合います。


先頭バッターの◎◎がヒットで出て、
いやデッドボールで出て、
いやフォアボール、やっぱりヒットだな^^

二番バッターの時に盗塁を決めて、
送りバントで三塁に進んで、

三番バッターが前進守備でヒットが出そうだけど、
ピッチャーフライでアウトで、

四番バッターがツーベースヒットで1点入った!



なんでも好きなことを言い合ってもいいですし、
文章に書いてもらってもいいでしょう。



同じ様に、最終回のサヨナラの場面も考えてもらいます。



このミーティングのは、

イメージトレーニングのように思いますが、

それもあるのですが、

狙いは『マーケティング』です(*^-^)b



子供達が、誰に、何を、望んでいるか?

子供が子供の役割を決めることもできると思いました。



一番バッターには何を望んでいるのか?
 ヒット、盗塁

二番バッターには何を望んでいるのか?
 送りバント

四番バッターには何を望んでいるのか?
 タイムリーヒット、長打

三点取る時にはどうしたらいいのか?


私もこのテーマでミーティングをしたことがないのですが、

素直に子供達の答えが返ってきそうな予感がします。


A君はB君にこんな期待をしてるんだ。

B君はC君にそういうプレーを望んでいるんだ。

C君はD君に出塁を期待してるんだ。


もしかしたら、監督が役割を決めるのではなく、

子供達が自分達で「勝利の方程式」を作れるのではないか?



そして、子供達は自分達で決めた役割分担を全力でプレーする。

みんなが自分の役割を責任をもって果たせたのなら・・・





あ〜あ〜


監督がいらなくなっちゃった〜ヽ(´ー`)ノ
posted by metoo at 17:42| 千葉 ☁| Comment(9) | TrackBack(0) | コーチング | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
小猿くんに聞いてみました。

1番MR君が三遊間を破るヒット。
2番小猿くんの初球、MR君が2塁へ盗塁。続く2球目、小猿くんが送りバントを決めて1死3塁。
3番KZ君が初球スクイズで1点!

だそうです。
ちゃっかり、自分が2番打者だし^^;
2番、3番がバントなのは、最近、バント練習が多いからかな。。。
Posted by PAT at 2010年06月11日 21:50
マネジメントの応用ですね。
こういった聞き方をすると
子供達の得手不得手、信頼度が
分かるかもしれませんね。
Posted by 穴金空歩人 at 2010年06月12日 00:10
真面目に、直向きに。素直なこころで野球に打ち込む。


ラグビーとか、
監督は、スタンドにいますよね。


あれが、羨ましいと思ったことがあります。

ノーアウトかワンアウト、ランナー三塁。


バッターに聞きます。
バッターは、
何て答えるんでしょうね。


「ホームラン」
かな?

Posted by 野球小僧の父 at 2010年06月12日 06:22
ドラッカーにハマってますね?

私の場合は「スクイズ」。しかも、スリーバント。
だって、ベンチも目立ちたいから。(爆)

・・・じゃなくって、主役は選手でしたネ^^
Posted by 少年野球コーチ at 2010年06月12日 08:17
 昨年度の話でですが…。
選手全員、そして指導者たちまでもがウチの息子に期待していたのは、
【奇跡】と【ラッキー】でした…。

 なので、最終回の1点の取り方は、5番あたりがヒットで出塁、
6,7番が犠打や進塁打で2アウトバッター3塁。
8番が無敵の選球眼の持ち主で四球出塁。
2アウト1,2塁の場面で9番のウチの息子がラッキーなヒット
(相手エラーか?)で、サヨナラ勝ち…。ですね。^^)
Posted by でぃあ at 2010年06月13日 19:38
さっそくドラッカーの応用ですね。
すぐにやるところがさすがmetooさんです。

このマーケティング、多くは普段の指導がそのまま結果として出てくると思います。

予想もしないような答えが返ってくるようなチームを作りたいです。

私なら先取点はホームランでサヨナラのホームスチール。
何が飛び出すかわからない玉手箱みたいなスリル。私が少年野球に寄せる期待です。
Posted by Skyboys広報 at 2010年06月13日 21:28
◆PATさん、ありがとうございます。

小猿くんの優しさが伝わってきますよ!
きちんと1点を考えているんですね。
チーム方針もしっかり伝わってる証拠でしょう!


◆穴金さん、ありがとうございます。

なんとなく取った1点よりも、
思い通りにつながって取った1点。
みんなの役割が成果となった1点。
きっとこの様な積み重ねかもしれませんね。


◆野球小僧の父さん、ありがとうございます。

自分のホームランと答える子供もいるでしょうね。


◆少年野球コーチさん、ありがとうございます。

そうか、監督さんにも聞かなければいけませんね^^

私だったら・・・

パスボールかな?
まだそのレベルのチームです^^


◆でぃあさん、ありがとうございます。

でぃあボーイ君がラッキーを巻き起こすのは、
でぃあさんの家の中にパワースポットがあるのかも?
でぃあさん自身がパワースポットなのかな^^


◆Skyboys広報さん、ありがとうございます。

>何が飛び出すかわからない玉手箱みたいなスリル

いいですね!広報さんらしい子供への期待。
支持待ちの育成ではなく、自らの発想を育てているのですね!
Posted by metoo at 2010年06月15日 14:12
記事の更新がなく心配しています

コーチのまねごとをするようになり いくら少年野球でもグランド以外で入れられる知識はあると思い

以前から監督に直訴していた座学を行いました

自チーム後攻で 守備位置の確認 カバーにはいる位置・タイミング 攻撃の時には次のことを想定しながら・・・・

思ったより時間がかかりました

2時間で3回時間切れ 2-3で勝つことができました

ただ 想定が甘いのか自チームの攻撃は 四球で出塁 オレがホームラン・・・・あまり実戦的でない意見が出るところは修正しながら

これからの戦いに活かせるか楽しみです
Posted by とりあえずコーチ at 2010年07月17日 08:15
◆とりあえずコーチさん、ありがとうございます。
返信が遅くなり申し訳ございませんでしたm(_ _)m

ご心配をおかけして申し訳ございませんでした。

仕事と野球を両立できない、単細胞な大人ですので^^


座学やミーティングは、少年野球ではもっと時間をとっていいと思っています。
きちんと大人と話が出来る子供、それだけで能力の一つなんですよね。




Posted by metoo at 2010年07月26日 20:43
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック