2010年06月07日

イチローの五月

ich100607.jpg

どこかのニュースで「5月のイチローはヒットを量産」と目にしたので、2001年から2009年まで、実際にどのくらい違うのか調べてみました。
(縦軸は安打数、横軸は月間)

グラフを見て、イチロー選手でもこれだけ好不調の波があるんだなあと感じました。


毎日同じルーティンを繰り返し、
毎日同じ状態を保とうとして、
毎日同じ結果を出そうとしても、
これだけの数字の違いが出てしまうんですね。



小学生、中学生、高校生は

「イチローの五月」をどこに設定すればいいのか?


どれだけ五月が絶好調だったとしても、
一番大切な甲子園予選の七月に調子を落としてしまったら?

理想としては、
五月から六月、七月と調子を上げて行きたい。
もしくは、調子をキープして行きたいと思いますが、
これはイチロー選手でも難しい調整なのでしょう。


最後の大会を絶好調で迎えるためには、

毎日の練習を積み重ねる、

それと同じくらい、

少しずつ溜まっていった疲労を回復することも大切でしょう。


野球技術の指導は指導者が教えてくれますが、

疲労はチームの誰が見てくれるのでしょう?


私は子供の本当の痛みや疲れを見れる人間は

「親」しかできない事だと思っています。


疲れを取り除き、最高の状態で、最高のパフォーマンスを、
そして、最高の応援してあげたいですねヽ(´▽`)/


posted by metoo at 12:22| 千葉 | Comment(6) | TrackBack(0) | コーチング | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
親馬鹿発言になりますが、強靭なスタミナを持つ我が息子でも、日中2試合の捕手フル出場はかなりの疲労のようです。。。

スタミナドリンクと栄養剤を飲ませるのが私の役目かな^^
マッサージもしてやりたいのですが、本人が照れくさいのか、させてくれません (~_~;)

Posted by ドラ夫 at 2010年06月07日 20:00
>私は子供の本当の痛みや疲れを見れる人間は
>「親」しかできないと思っています。

以前は、私から『マッサージしようか?』と声を掛けていたのですが、最近は小猿くんから『マッサージして!』とリクエストしてくるようになりました。
私のマッサージがどの程度役に立っているのかわかりませんが、本人が「気持ち良い」と喜び、リクエストしてくるんだから、少なくともリラックスするという意味での効果はあるんでしょう。
この程度しかできませんから、この程度のことは一所懸命やりたいと思います。
Posted by PAT at 2010年06月07日 20:57
まだまだ、
地方の県立公立高校でさえ、(私立は寮生が多いかな)クラブ活動をする為や、進学の為に下宿などしている高校生は、全国に沢山います。


親がかわいい我が子供の為、「疲れをためないようにしてあげてください。親しかいません」。
よぉーくわかりますよ。
しっかり、ケアーをしてあげてください。

だから、親元はなれて頑張っている高校生諸君に、あえていいます。
自分でリフレッシュして、気分を変えて、
切り替えて、切り替えて、
でも、やっぱり、粘って粘って、辛抱して、辛抱してきばりーよ。
父も母も、君のために、歯をくいしばっているんだからね。
強くなれ。です。特に、高校3年生、ラストスパートだよ。

*
Posted by 野球小僧の父 at 2010年06月07日 22:16
うちの娘は、ちょっと肩を痛めています。

元々、体が硬い子だったので、毎日 ストレッチをやっていましたが、数ヵ月前からは ストレッチやシャドウピッチをせずに『素振り』ばかりやっていました。

肩痛の原因は『ストレッチ不足』でした(>_<)

チームの練習後には、いつもマッサージをしていましたが、たまに触れるだけでは子供の体の変化には 気付きませんでした。

子供の事を、良く分かっているツモリだったんですね。

今は私も 子供達と一緒に、少し早起きして 毎日の朝練(ストレッチとシャドウピッチだけですが…)に付き合っています。

今は殆んど痛みは無くなった様ですが、やっぱり毎日のコミュニケーションが大切ですね。

マエケン体操の全貌が気になる 今日この頃です。
Posted by kisuke34 at 2010年06月07日 23:44
はじめてコメントを書かせていただきます。先日中学野球中体連で、我が子がエースで予選2試合一人で投げきり、無失点で予選通過し、次の日の1試合目の6回に肩・肘がやばいと私に目で訴えていました。が監督、コーチは今日乗り切ってもらわないと困るという態度でした。得点も1-0リードだったので替えられない状態だったのかもしれない。完全に力をセーブして交わすピッチングになってました。父の予想通り、2死満塁から走者一掃スリーベースを打たれ、あえなくジエンドでした。まだ2年生だから来年もあるので、それまで連投できる身体をどう作っていけば良いのか、悩んでいます。どなたかアドバイスお願いできませんでしょうか。
Posted by 親子鷹 at 2010年06月08日 15:22
◆ドラ夫さん、ありがとうございます。

キャッチャーの二試合は相当疲れます。
足が痙攣してアクセルが踏めず、途中で昼寝したことがあります。
あっ、それは30歳を超えた頃の私ですが^^


◆PATさん、ありがとうございます。

今のうちにドンドンスキンシップはしてあげましょう!
もうすぐですよ!反抗期は^^


◆kisuke34さん、ありがとうございます。

マエケン体操、気になりますね。
いつかブログで全貌をあばいてみせます^^


◆親子鷹さん、初めまして!
コメントありがとうございます。

2年生だからとか、3年生だからとか関係なく、
休むのが一番です。

連投は酸素カプセルにはいれば簡単にできますが、
疲れは取れても、痛みは残ります。


Posted by metoo at 2010年06月08日 17:53
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。