2010年01月31日

タメすぎ

100131.jpg

WBCピッチングコーチの与田さんも仰っていましたが、
私も松坂選手のキャッチボールが好きではありません。

1001312.jpg

マウンドで投げるフォームは好きなのですが、

1001311.jpg

キャッチボールの時は、後ろに残しすぎてるように、
タメすぎてるように見えます。

下から上に投げるんですよね。

101313.jpg

ここまで前の足に体重を移動できるのですから、
マウンドで投げるフォームは好きなんです。

1001314.jpg

でも・・・

キャッチボールがなぁ・・・^^


posted by metoo at 00:00| 千葉 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | タメ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
なぜなんでしょうね?
もしかしたら、何かすごく重要なことを考えて、”タメ過ぎ”というか”後ろに残しすぎ”のフォームで投げているのかも?
それとも、単に癖なのかも。。。^^;
Posted by PAT at 2010年01月31日 00:32
「キャッチボール」と
「ピッチング」は、同じではない。

雄星投手は、『ゼロポジション』を考え、腕振りを意識して真上の耳の横から腕を、スイングさせている。
だから、身体を傾けている。

ピッチングは、
ランデイージョンソンの腕の振りかたみたいな事を意識しているかもしれない。

「素振り」と「バッティング」は、同じではないよね。

「バット素振り」もイチロー選手のアッパー、日本のプロが、ネクストサークルでするダウンスイングの大根切りスイング。みたいなもの。
王監督の一本足の素振りもね。


松坂投手の意識した『タメ』も、ビッチングの時は切り返しに必要なタメを作っいるのかもしれない。


あとボールの回転を意識していれはず。

肩、腕、ひじ、手首、
もちろん、ボール側の腕。クラブ側の腕、
軸足、踏み込み足、
お尻、頭、など。
キャッチボールしながら、色々意識の優先順位は違うかもしれないけれど、
考えているはず、
あの松坂投手だよ。


僕でも、考えているからね。

ただ、「キャッチボール」と「ピッチング」は、同じではないよ。


ピッチャーは、
何連投もできないけれど、キャッチーは、何試合も毎試合でもマスクかぶれるジャーン。
投げる数は、ほぼ一緒のはずだけどね。


と息子に説明されてしまった。


でも、『キャッチボール』も、『素振り』も大事だよもちろん、『ャドーピッチング』もね。


今朝は雨、朝練に行く前の息子との会話より。
Posted by 野球少年の父 at 2010年01月31日 09:10
1枚目〜3枚目の写真だけを見ると2枚目の
写真のフォーム(上体の傾き)を意識した
キャッチボールに思えます。

実際に1枚目の写真のように上体を傾けて
投げてみると、ボールを持った手が後ろから
前へ移動する距離が長くなるため、よりボール
を加速させることができると思います。
Posted by bigsky at 2010年01月31日 10:56
写真を拝見して、立花龍司さんのいう「おじぎをしないボールのためのトレーニング:45゜遠投」かも知れないと思いました。
Posted by スバル at 2010年01月31日 21:03
松坂投手は横浜高校へ入るまでは
仰向け気味の立派なアーム投げだった
そうですね。それを矯正するために、
横浜高校の指導者の方々はあの手
この手で色々工夫されたと聞きます。

私は単純にそのときの名残りが
キャッチボールにでているのかな?
とおもったりもするのですが、
彼にも何か考えがあってのこと
かもしれないですね。
Posted by shun at 2010年02月01日 09:17
◆PATさん、ありがとうございます。

「肩の筋肉に張りを作る」

多分、これが目的だと思っています。
この言葉、よく松坂投手は使っていますよね^^


◆野球少年の父さん、ありがとうございます。

同じIPですから九州高校一年の父さんですよね?
いろんなネームを使ってるようですが、
できましたら同じネームでお願いします。

どんな意識のキャッチボールなのか、
松坂投手に聞いてみたいですね。

◆bigskyさん、ありがとうございます。

もしかしたらですが、
この頃の松坂選手は股関節を故障していました。
どちらかの足かはコメントしてませんでしたので、
もしかしたら前の足の股関節が痛かったのかな?
などと想像もしてみました。

でも・・・
肩の筋肉の張りを作ってるようにも見えます。


◆スバルさん、ありがとうございます。

胸を張ってひじから出す目的の45°遠投ですか。
なるほど、そうかもしれませんね。


◆shunさん、ありがとうございます。

松坂投手の中学時代はアーム式だったんですね。

私も真似をしてこの遠投をやってみましたが、
肩が引っかかって痛くて投げれませんでした。
これを四十肩と呼ぶ人もいますが(T_T)
Posted by metoo at 2010年02月01日 19:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。