2006年02月27日

体験入部

先週、中学硬式野球クラブに体験入部に行ってきました。

私達チームの6年生は5名
中学で野球を続ける子、できればみんなに野球を続けてもらいたいですが、本人の気持ちや家庭の考えなど、残念ですが野球を続けない子もいるでしょう。

まだ少年野球は終わっていませんが、
  中学へ進む子供達に向けて、
   何か伝えておく事はないか?
   私にできる事は何かないのか?
私の考えを子供達に聞いてもらうことにしました。

○中学生野球には選択肢がある事
○硬球と軟球の違い
○高校進学、甲子園について

そして希望者だけを、一番近所の硬式クラブに体験入部に連れて行く事を伝えました。

中学で野球を続けない子もいるでしょう、もしかしたら、人生で最初で最後の硬球を打ったり投げたりする機会かもしれません。一度でいいから、プロ野球選手と同じボールで同じ広さで味わってもらいたい。
希望者は金曜日までに私に直接電話をする事にしました。


「中学で野球を続けないだろう」
ルッチー と 大ちゃん
私の頭の中に2人が浮かんでいました。
他の3人はその場で参加希望を聞いていました。

金曜の夜、バッティングセンターに行くと、
大ちゃんがお母さんと硬式球を打っていました。
明日の硬式クラブ体験入部の準備でしょうか、私はうれしくなり言葉をかけ
「明日、体験入部行くか?」
「はい、お願いします!」
本当は電話をくれる事になっていましたが、直接会ったので返事が聞けました。

その後、携帯電話がなり
「あ、もしもし監督ですか? 
明日、体験入部に参加しますのでお願いします」
人に電話をかける時は、まず自分の名前、次に挨拶を言いなさい!
ルッチーからの電話が嬉しかったですが、まずは叱っておきました。

土曜日 6年生5名が硬式クラブ体験入部に参加し、初めて硬式でキャッチボール、ノックを優しく教えて頂きました。怖がりながらおびえながら^^中学生にからかわれながら^^楽しそうに練習していました。

特にカーブ専用のバッティングマシンを1時間くらい5人で打たせてもらい嬉しそうでした。
生まれて初めての変化球を打てるわけがありませんが、しばらくすると快音を連発。手をしびらせ苦笑いしながら打っていました^^

私ができるのはここまでかなぁ〜
 後は本人の意思に任せてみようと思います。




posted by metoo at 12:02| 千葉 ☁| Comment(21) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
全員参加!良かったですね!指導者としてこんなに嬉しいことはないですね。特にルッチーくんと大ちゃんの参加表明は喜びもひとしおだったことでしょうね。
中学硬式チームとのネットワークは今のところ私にはありませんが、やはり子供達の為には作っておかないいけないと感じました。
Posted by 若葉監督 at 2006年02月27日 12:22
大ちゃんが硬式を打っているところに出くわすとは…。コリャ嬉しいですね。
ルッチーの電話も嬉しいと思った瞬間、小言で笑わせていただきました。
あとは、子どもたちで道を切り開いていくんでしょうね。
Posted by 始動者 at 2006年02月27日 12:48
あれーっ!体験に行かれたんですね。
いきなりカーブを打ったんですか?
すごいですね!
中学生にからかわれるってどんな感じなんでしょうね?
ライバル?
それとも頼もしい存在?
Posted by 満木 月風 at 2006年02月27日 12:54
初めての硬式球、嬉しさ半分、痛さ半分だったでしょうね(笑)。

>私ができるのはここまでかなぁ〜
 後は本人の意思に任せてみようと思います。

いやいや、metooさん、サポーターとしての始まりですよ。
時期的にうちのシニアに新入団する小6生の子達が増えてきました。そして、彼らのお父さん、お母さんと話す機会も増えてきました。
でも、いつものことですが、父母の子供に対しての健康危機管理がずさんですね。
私「高校並みの練習量になりますから食事の管理は大変ですよ。」
母親「うちの子は大人と同じ量食べるんです。だから大丈夫。」
私「え??? 大人と同じ量だけ??」
母親「????・・ええ。」
私「・・・・」
各種栄養素の中で、例えばタンパク質。激しくトレーニングを行うスポーツ選手にとっての、体重1kgあたりのタンパク摂取量は2gが目安となっています。食事からの摂取量には個人差がありますが、通常の食事からではその80%程度のタンパクしか摂取出来ません。
発育する子供達は成長分のタンパク質がさらに必要です。仮に新中1生の子の体重が50kgだとしたら、最低で100g以上のタンパク質が1日の(大人の計算)必要最低限量です。ここでタンパク質の代名詞のような牛肉のタンパク質分は御存知でしょうか?牛肉(乳用肥育牛肉)肩ロースで100g中たんぱく質16.2g。摂取率80%として約13g。先の体重の子は必要分を単純にこれだけで補おうとしたら、770g以上のステーキを食べてイコールです。そして成長必要分はありません。牛乳で換算したら200mlで18本です。もちろん、単一食品でタンパク質をおぎなっているわけではありませんから、全体量が問題です。
ですが、これに相当する分を食べているでしょうか?もし、これが足りないとすれば、練習を頑張ってやることは大変危険なことなのです。体がいつ壊れてもおかしくないのです。どうも母親はそれを知らなかったようです。
私はさらに汗をかけば水溶性ビタミンが流出するので、夏場は取りすぎるくらいにビタミンを取らなければいけないことなど説明しました。
毎年のことだけど、筋肉をつける、技術が上手くなる、練習についていく以前に「胃袋を鍛えなきゃいけない」ってことを説明しければならない時期がきました(笑)。
metooさん、これからは健康管理、精神管理面でのサポーターの役割があります。このほうがずっと難しいですよ(笑)。
Posted by touch at 2006年02月27日 13:01
若葉監督さん、ありがとうございます。

私も初めて硬式体験入部という所に飛び込んでみました。コネと言う物が何も無く心配でしたが、子供集めに苦労されているのは少年野球と同じに感じました。

軟式のグローブでゆっくりとしたキャッチボールとノックをポロポロしてましたよ^^
Posted by metoo at 2006年02月27日 13:55
始動者さん、あいがとうございます。

どうやら、ルッチーは中学で野球を続けてくれるそうです。野球部か硬式クラブかは解りませんが、野球を選んでくれてホッとしています。
大ちゃんはまだ聞いていませんが、きっと悩んでいるのでしょうね。決断を急いでいるわけではないので、中学野球部も見てから自分の意思で決めてもらいたいです。
Posted by metoo at 2006年02月27日 14:10
満木 月風さん、ありがとうございます。

お昼ごはんを中学生と一緒に食べて、いろいろな会話を楽しめたようです。

どうだった中学生は?と帰りに聞くと
「みんなエロかった!」
どうやら中学生くらいになると、下ネタが大好きなようです^^
どうやら違った意味の体験入部あったようです。

てんてん君も注意が必要かも?^^
Posted by metoo at 2006年02月27日 14:15
touchさん、ありがとうございます。

touch千葉クラブ作ってください^^

この体験入部は私にとって、チームとして連れて来たのか?親として連れて来たのか?悩む所でしたが、あえて保護者の立場で見ていました。

自分の息子に対しては後方支援が出来ますが、中途半端に紹介してクラブチームについて来れない子供達もいるでしょう。

体験入部から先は、各家庭の判断に任せるしかないと思っています。私が口を出すことは、クラブチームさんにとって迷惑と感じる事もあるでしょう。

touchさんがコメント頂いた、栄養学についてなども説明できていないクラブチームも多数あると思います。私は保護者の立場でいろいろ聞いてみましたが、チーム名所属リーグは控えますが、野球経歴だけで指導されていて、とても指導内容の薄い残念なクラブチームに感じました。
Posted by metoo at 2006年02月27日 14:30
まだまだ硬式クラブチームは経験論が幅をきかせてますよね。でも、その指導者にしてみると「こうやって俺は教わったし、こうやって教えて大成した子もいる」というまたまた経験論です(苦笑)。「それはあんたが教えたからではなく、元々その子が秀でてただけじゃないの?」って言いそうになりますが(笑)。
実は、うちのシニアでは入団式直後に新入団生の親を集めて講義をします。先の栄養学も含めてメンタルケアなどの講義です。
正直なところ、中学硬式の世界で途中挫折する子のほとんどは「怪我」と「うつ」です。「怪我」もボールが当たっての怪我でなく、「疲労骨折」など知らず知らずに蝕まれる骨折で中学野球を棒に振ることが多いです。これは・・正直なところ大半は栄養不足の「親」の責任です。また「うつ症」に至る(いわゆるイップスなど)原因として親の野球に対する厳しさや叱責よるプレッシャーがほとんどで、これも「親」の責任です。
子供達は夢にみたフィールドで、高校野球のような厳しい野球にあこがれて入ってきます。そして、少々のことでは弱音をはかない覚悟で入ってくるのです。ですが、その意気込みをそぐ結果となる最大要因に「親」があるのも事実です。そしてその「親」は良かれと思ってやっているが、それが思慮不足だったりすることが多いわけです。だから、軟式・硬式に係わらず「厳しい・きつい練習」をするチーム加入を決めた親はそういう配慮が一番大切なんです。でないと、「大好きな野球」を取り上げてしまう結果となりかねませんから。
偉そうに書きましたが、みなさんにちょっとでも知ってもらいたいと思いました。
 
Posted by touch at 2006年02月27日 14:51
touchさん、ありがとうございます。

長い歴史を築いて下さった方達を否定しては行けませんが、歴史は動いている事は認識してもらいたい。お年寄りは好きですが人の話をもう少し聞いてよ!と言いたくなります^^

子供を預ける立場になりましたので、もう少しいろいろなチームを見て、私も勉強し直してみようと思います。
Posted by metoo at 2006年02月27日 15:11
じっくりkoh君の行くチームを探してくださいな。納得がいく指導者の下でやるのが一番です。チームの強さうんぬんよりも、それが真の一番優先順位じゃないでしょうか。
実は、うちの次男を長男と違うチームに入れたのにはそういう訳がありました。
長男の当時に私は(恥ずかしながら)歴史のある、実績のあるチームに入れるのが一番と考えていました。でも実際は違いました。そのチームにはあるレベル以上の子供達しか入団してこないわけで、当初から上手い子が何人もいるわけです。ですから強いのです。ですから進学実績もいいのです。チームとしては彼らを競わせれば上手くなってくれる(というような)風潮がありました。そして、疲労骨折などで落ちこぼれる子達も多くでます。最終的にサバイバル(技術・体力合戦)に残った者勝ちです。そこで落ちこぼれる子供達を見ていると悲しい思いとなりました。「もっといい指導者に教われば、もっと違う目で指導してもらえれば・・・・可能性のある子なのに。」
ですから、私は次男のとき、長男のチームには当初から目もくれませんでした。そしてじっくりとチームを探すこととしました。実際に軟式クラブ・硬式クラブ合わせて親子で8チームほど見に行き、体験してきました。そして最終的は次男本人で今のチームに決めたものです。
地域環境によりチーム数も限定されることがあるでしょうが、後悔しないためにもギリギリまでチームを探してみることをお勧めします。
Posted by touch at 2006年02月27日 15:31
中学硬式野球の体験入部ですか〜我が家でも来年の今ごろはそんなことをしているかもしれませんね〜♪
私もそれを楽しみにしているのですが、touchさんのコメントを見て、自分はどうなのだろう?と考えさせられました。まだまだ甘く見ている親の方かもしれませんね。
私も息子たちの夢という芽を摘んでしまうことのないようにしないといけません。

>touchさんへ
またウチのブログにも起こしください♪touchさんはブログ書いてらっしゃらないんですか?

metooさんのブログ内で失礼致しました。
Posted by ゆうちろ at 2006年02月27日 15:35
チームの子供たちに対する「きっかけ」づくりはこの程度でいいんじゃないですか〜。
学校の就職課かと思いました(^_^;;
kohくんのこととなるとまた別でしょうけどね。
Posted by さとる at 2006年02月27日 15:37
touchさん、ありがとうございます。

しばらくはいろんなチームの情報を、噂ではなく自分の足で探してみようと思います。

それと一番大切なことですが
「勉強」ですね^^
Posted by metoo at 2006年02月27日 16:02
ゆうちろさん、ありがとうございます。

>私も息子たちの夢という芽を摘んでしまう・・・

親としていろいろな世界を、今の内に見せてあげたいですね。

何を目指しているのかをしっかりと話し合い、目標に向かって後悔しない道を選択させてあげたいです。
Posted by metoo at 2006年02月27日 16:05
さとるさん、ありがとうございます。

チームとして動いたのか、親として動いたのか、とても悩みました。
お母さん方も一緒に見学に行きたいと仰ってくれて、妻が後から連れてきてくれましたので、家庭でもきっと要望があったと考えています。

「ちょっとおせっかいだったかなぁ〜」
反省する所もあります^^
子供達は「見学に行きたいか?」と聞けば何処でも「行く」というでしょう。何処までが少年野球かは、今回で一線を引くつもりです。
Posted by metoo at 2006年02月27日 16:11
metooさん、全然おせっかいではありませんよ。
あくまで体験なのですから、子供達にとってひとつのいい経験になったのではないでしょうか(入団するしないに関わらず)。
また、体験練習でチームの複数の子が(一時的にしろ)お邪魔するわけですから、metooさんが引率していくのがスジですよ(笑)。
Posted by touch at 2006年02月27日 16:26
付けたしですが・・・
中学硬式チームの指導者陣の進路指導を受けることとなるわけですから(野球進学の場合)、そういう目でも指導者、チームを選んでくださいね。人間的にも信頼できない指導者に進路までお世話になることは苦痛となりますから(苦笑)。

>またウチのブログにも起こしください♪touchさんはブログ書いてらっしゃらないんですか?

ゆいちろさんへ
はい、よろこんで今度お邪魔させていただきます。 ブログ作った方がいいのかなあ(苦笑)。
Posted by at 2006年02月27日 16:36
touchさん、ありがとうございます。

私には中学との関係が全く無く心配していました。

後から妻に聞きましたが、お母さん方もとても悩んでいられたようです。お父さんが週末仕事の家庭にとって、体験入部などどうしたらいいのか全く手順が解らない、チームみんなを引率して体験入部に連れて行ってもらい、いろんな判断材料になりました、と感謝されたそうです。

「友達の意見よりも自分で意思で決めなさい」

とは言っても、誰かがいてくれたほうが親も心強いに決まっています。

少年野球チームとして何処までお世話をして良いのか?全く何も知らないで中学に進むより、少しでも選択肢があることを伝えた方が良いのでは?

少年野球チームは小学校まで!ではなく中学野球との架け橋も、大切な役割ではないかと感じました。
Posted by metoo at 2006年02月27日 17:39
息子が硬式へ体験練習に行った時の事を思い出します^^
皆がどんな道へ進んで野球をするか?
楽しみですね。

うちはそろそろどこの高校へ行くか? これが焦点になります。
まぁ学力とも相談になりますが(^^;
Posted by ドラ夫 at 2006年02月27日 21:14
ドラ夫さん、ありがとうございます。

5人とも野球を続けてくれるか?
愚息の選択する道は?

明日から3月です、考えなければいけない時期ですね^^

ゲンジ君はもうすぐ中学2年生ですから、
来年、再来年は。。。
大変そうですね^^
Posted by metoo at 2006年02月28日 02:13
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック