2010年01月16日

ピッチャーの安心を作る

残り2分です!^^

別に急ぐ必要はありませんが、
簡単に付け足す「ピッチャーの安心」です。


ランナーが出るとストライクが入らなくなる。

ランナーのリードに気が散ってしまい、
バッターへの集中力がおろそかになってしまいます。

別に盗塁されたっていいんです!

クイックさえ出来ていればヽ(´ー`)ノ


私が子供達に教えるクイック投法は


1001177.jpg

「1」を無くすだけです!


セットポジションからいきなり

「2の 3」で投げるだけです。



「1」「2の」「3」で

ピッチングフォームにリズムを入れていますから、

子供達にすぐに理解してもらえます。


クイックが出来るだけで、

ランナーが出ても安心できます。

だから、四球を出してもいいんです!



それでも盗塁されたら?


次にやるべきことは

HI3B0007.JPG


セカンドルック からの投球フォームです!


これがピッチングで一番難しいフォームです。

普段の投球練習で、
必ずセカンドルックから投げるようにしておきます。

セカンドルックからストライクが入れば、

もうピッチャーとして一人前ですヽ(´ー`)ノ



ランナー一塁からでもやれることがある!

ランナー二塁からでもやれることがある!


だから、ランナーを出しても怖くない!

安心して四球を出せる!




「音とリズム」でストライクが取れるようになり、

ランナーが出たとしても、

「クイック」と「セカンドルック」に集中する。


他にもいろいろ教えておきたい事はありますが、

ここまでピッチャーが育ってくれると、

安心してマウンドに立ってくれるでしょう。



0対30から始まった最初の負けゲームは、

3ヵ月後には0対5になり

半年後には2対2になり

秋を迎える頃には???


牽制を覚えたり
バント処理を覚えたり
一塁ベースカバーを覚えたり
中継カバーを覚えたり
ゆるいボールを覚えたり
球速アップを目指したり
さらにコントロールを磨いたり

まだまだピッチャーには覚えてもらいたい事はたくさんありますが、

子供達の成長をゆっくり楽しみにしたいですねヽ(´ー`)ノ



他にもいろいろピッチャーのアプローチはあると思います

気がついた点がありましたら教えてくださいね!



あれっ?5分過ぎちゃいました?ヽ(´ー`)ノ

「ゲームを作る
 ↓
「コントロールとは?」
 ↓
「ピッチャーアプローチ」
 ↓
「ストライクを作る」
 ↓
「安心を作る」
posted by metoo at 23:16| 千葉 ☀| Comment(5) | TrackBack(0) | ピッチャー | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
一連の新カテゴリの記事、
一応ピッチャーも目指している息子にとても参考になってます^^

Posted by ドラ夫 at 2010年01月17日 20:57
昔デイリー新聞に連載されてた楽天の佐藤コーチの「クイックなんて簡単」からの受け売りですが、
セットから手足全部を真ん中に「クシャっと」寄せるだけ!
かんたんでしょ?
女の子が「もう!」て言ってる感じ(笑)
Posted by 肉団子3兄弟 at 2010年01月18日 15:17
◆ドラ夫さん、ありがとうございます。

この内容はまだストライクが入らない少年野球チームにむけての話です^^

ゲンジ君は参考にしないでくださいね!


◆肉団子3兄弟さん、ありがとうございます。

>セットから手足全部を真ん中に「クシャっと」寄せるだけ!

こういう教え方がいいなぁ〜^^

>女の子が「もう!」て言ってる感じ(笑)

「もう!」ウチの嫁にやらせてみます!
Posted by metoo at 2010年01月18日 20:31
小猿くんは見よう見まねでクイック投法をやってます。
(私には教えられるような知識も技術はありませんから^^;)
でも、やはり見よう見まねではダメなんでしょうね。
良いときは「2の 3」になってますが、悪いときは「2 3」になっちゃって「の」が抜けちゃいます。
そんなときは、自慢のコントロールがバラバラになっちゃいますね。
まぁ、なぜコントロールが乱れてるのか、見ていてわかりやすいですが。。。^^;

今度、セカンドルックからの投球、練習します!
Posted by PAT at 2010年01月18日 22:17
◆PATさん、ありがとうございます。

自分でもセカンドルックはやってみましたが、
最初は難しかったです^^
Posted by metoo at 2010年01月19日 18:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック