2010年01月15日

ピッチャーを選ぶ

新しいチームが始まる季節。

「誰をピッチャーにするか?」

ここからチーム作りが始まることが多いでしょう。

*球が速い
*コントロールがいい
*サウスポー

チームによってピッチャーの選び方が違ってくると思います。


私がピッチャーを決める、ピッチャーをこの子にしたい!

その条件は上の3つではありません。

『一人で走れる子』

これが私の第一条件です。


クールダウンとして、全員でバラバラに自由な20分間グランドをグルグル走ってもらうことがあります。

目的はクールダウンですから競争ではありません。

ここで注目するのは、
おしゃべりしながら走る子。
一人でもくもくと走る子。

どんなに球が速くても、
おしゃべりしならがダラダラ走る子を私はピッチャーにしません。


例え自由走のクールダウンでも、
先頭を走りたい、誰にも負けたくない、
負けず嫌いな気持ちを持つ子が必ず一人か二人はいます。
先頭を走れなくても、ゆっくり黙々と一人で走ってる子もいます。


こういう子をピッチャーにしてマウンドに立たせないと、
私はチームが成り立たないと考えているからです。


子供達に直接伝えたことはありませんが

ピッチャーは『一人で走れる子』

この子はきっと月曜から金曜の平日でも
誰かに言われなくても一人で走ってるだろう。


一人で走る子がマウンドに立つ時と、
ダラダラニヤニヤ走る子が立つ時と、

試合のムードが、野手のムードが、ベンチのムードが、
応援してくれてるお母さん方のムードが違ってくるんですよね。



二ヶ月後、三ヶ月後
だんだん時間が経ってくると誰かが気がつき始めます。

おしゃべりしながら走る子がいなくなり、
全員が自分の為に、チームの為に走り始めます。

練習後のクールダウンが目的だった自由走が、
子供達が勝手に持久走に変わり始める頃、
チームはレベルアップを感じ始める頃でした。


本当に大黒柱になりそうな
120kくらい投げてくれる小学生がいれば
その子をエースにしちゃいますけどね^^





新しく「ピッチャー」のカテゴリーを作りました。

6年生が引退した後の新チーム。

まずは「ピッチャーを作る」から考えてみることにします。



「少年野球のピッチャーなんて5分で作れる」

次はこんなアプローチから入ってみようと思いますヽ(´ー`)ノ

posted by metoo at 00:00| 千葉 ☀| Comment(9) | TrackBack(0) | ピッチャー | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ウチの総監督が良く言う言葉で「走らない投手の球は走らない」というのがあります。
投手にとって足腰が大事なのはほとんど誰でもが知ってること。
でも走るのってツライですもんね。どうしてもボールに絡む練習と比べると好きじゃないって選手が多い。
好きじゃないけど重要な練習をどれだけ一生懸命に向き合えるか。
そういう意味でも「1人で走れる」って言うのは重要な判断材料になるでしょうね。
Posted by かに at 2010年01月15日 11:57
「少年野球のピッチャーなんて5分で作れる」
@@ぎょ

そういう言葉に飛びつく私の根性、いけませんね^^;
地道に練習します。
Posted by ケロの父 at 2010年01月15日 12:31
いつも拝見させてもらい勉強させていただいてます、息子の小学校の野球チームのプレーについて意見をお聞きしたいとおもいます、私は高校まで硬式、現在も軟式ですが現役でプレーしております、息子のチームでは外野の打球の、ボールサード、ホームのカットプレーでピッチャーが中継に入ります、監督はチームで一番肩、コントロールがいいのがピッチャーなのでと言うことでした、ボールサードの場合捕手がサードカバー、ホームは一塁手、ボールホームの場合は一塁手がカバーとのことでした、私はどうしても違和感があります、全国大会を目標にしているとのことでした、ご意見お願いします。
Posted by 葛西 at 2010年01月15日 22:21
◆かにさん、ありがとうございます。

>走らない投手の球は走らない

この言葉、息子に伝えておきますm(_ _)m

子供にとって一人で走ることは楽しくないことでしょうね。楽しくみんなでおしゃべりしながら走りたいのは子供らしいと思いますが、そっちの楽しさよりも、もう一つ上の楽しさを目指し始めてくれるのを期待して待っています^^


◆ケロの父さん、ありがとうございます。

私はウソをつく大人です。
用心してくださいねm(_ _)m


◆葛西さん、初めまして!
コメントありがとうございます。

私も少年野球では違和感がありましたが、野球と少年野球は違うと考えて、葛西さんチームの監督さんと同じプレーをしていました。


ボールサードの場合、
サードのクロスプレーでアウトを狙うのか、
それたボールでホーム進塁を防ぐのか?
どちらを優先するか?ということでしょう。

例えば大人の野球でも、
5−4−3のダブルプレー
5−4の送球バックアップは?
4−3の送球バックアップは?
ライトはどっちのバックアップに走りますか?

もし5−4の送球がそれた場合、ライトがいなければボールは右中間を転がってしまい得点に結びつく可能性があります。

4−3の送球がそれてスタンドに入ったとしてもテイクツーで本塁は踏めません。まず得点を防ぐためにライトは5−4のバックアップと考えるでしょう。

5−4−3のライトは5−4のまずバックアップ、5−4で4が捕球したらすぐに4−3のバックアップに走る。そうすると、ライトはレフトよりも足が速い子が必要、などと考える人もいるしょう。

少年野球でも同じように、
1つでも先の塁でアウトを狙う勝負をしかけたい。
だから一番肩とコントロールのいいピッチャーを中継に使う。
このような考え方があるでしょう。

私も少年野球のカットプレーでピッチャーを最後のカットマンとして使いましたが、一年で3本くらいホームランを阻止しました。

ショート、セカンド、ピッチャーの三人が同じくらいの送球をできるメンバーが揃っているのなら、また考えは変わってくると思います。

すみません自己中心的な答えで^^

今後もよろしくお願いしますm(_ _)m




Posted by metoo at 2010年01月15日 23:19
うちのチーム、左投げが一人も居ません。
従って、左投げの子が入ってくると、いきなり投手候補となること、間違いないでしょう^^;

>先頭を走れなくても、ゆっくり黙々と一人で走ってる子もいます。

小猿くんはこのタイプです。
(本人はゆっくりのつもりはないかもしれませんが、先頭は走れません^^;)
metooさんに、ピッチャーとして使ってもらえる資格はありそうですね(^^)v
Posted by PAT at 2010年01月16日 18:20
昨年のチームで
6年生エースは、グランド整備もせず道具の片付けもしない。センスは有る方なので、地味な練習はオチャラケでやっても全然大丈夫なタイプでした。
一方、5年生エースは、クビになる瀬戸際でしたので、真面目に練習していた感がありました。
子供ですから、2人とも、四球連発な時があります。そんな時、5年生には「ガンバレ」の声がかかりましたが、6年生には「・・・またかよ・・・チッ!」てな雰囲気が満ちていくのが感じましたね。
もっとも6年生エース君は、前任監督が「投手は特別扱い」として、チヤホヤされて躾をしてもらえなかったことが原因でもあるので、可哀想といえば可哀想なんですけどね。
Posted by WAT at 2010年01月16日 20:38
◆PATさん、ありがとうございます。

小猿くんのあの柔らかさを見たらピッチャー決定です!

なかなか見かけませんよ。
あの柔らかさは!


◆WATさん、ありがとうございます。

仰るとおり、6年生エース君は可哀想だったかもしれませんね。
中学、高校で厳しさから逃げてしまわないように祈るしかないでしょう。


Posted by metoo at 2010年01月17日 00:42
私の見ているチームは、今年の4月から5年生になるチームです。監督は、ピッチャーに対して良く考えてくれています。当市では、5・6年生の試合は7回(どこも一緒)まで、ピッチャーの制限15アウト迄です。しかしながら球数制限は無し(ここは問題!)。地区によっては7回完投・・・などのところもあるようです。これでは、肩・肘が心配ですから。そこで基本的に30球を目安に交代をします。だから、変な話ピッチャーは全員(15名)。とは言ってもコントロールの問題がありますから6人をピッチャーとして育てています。
本当は、地道に練習する速球派でコントロールが良い子が一番ですが、難しいですので・・・。

ピッチャーの中継プレーの件ですが、うちチームではバックサード、バックホーム時はピッチャーがカバーに入ります(基本通り)。まずは、基本のプレーを知って上に(中学、硬式チーム)に行ってもらいたいとの思いが強いですね。ちょこっと口出ししてしまいましたm(__)m。
Posted by コッキ at 2010年01月17日 23:11
◆コッキさん、ありがとうございます。

中継プレーをどうしようか悩んだ時「市内大会で優勝するには?」から考え始めたんです。

ファールゾーンにフェンスのないボールデッドラインを引いた小学校グランドで優勝するためには?

県大会のようなオールフリーの立派な野球場で戦う時、ボールデッドラインのある小学校で戦う時、2つの中継プレーを練習していました。

野球と少年野球
勝つためには、まだまだ違いはたくさんあるんですよね^^
Posted by metoo at 2010年01月18日 20:25
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック