2010年01月05日

「タメ」について

1001041.jpg

毎年お正月に食べるお餅を見ると考えてしまいます。

どうしてこんなに伸びるのだろう?

どうしてこんなにおいしいのだろう?

今年はいくつ食べたのだろう?

そんなの考えるわけありませんねヽ(´ー`)ノ
12月31日のパクリです^^

お餅と野球・・・

今回はちょっとだけお餅ネタを
ムリヤリ使ってみることにしました^^




新年一発目のブログは「タメについて」

今年はきっと「タメ」という内容が多くなるだろうと思い、
「タメ」というカテゴリーを作ってみました。



「溜める」という意味の「タメ」

今までの「タメ」は

@力などを発揮するのをぎりぎりまで押さえてたくわえておく。

この印象が私には大きかったです。


しかしもう一つ意味がありました。

それが「骨盤と股関節を使う目的」2009/12/30


A力を1つに集めて量をふやす。


この意味の「溜める」もあることに気がつきました。

1001042.jpg

「宇宙戦艦ヤマトの破動砲」
力を1つに集めるイメージです。


1001043.jpg

亀仙人の「カメハメ破」
これは斉藤祐樹投手が投球のイメージとしても使っていましたね。




Skyboys広報さんもタメについて書かれていますが、

大事なのは、形を押し付けるのではなく骨盤のタメを感覚としてつかむこと。



なかなか伝えられない「タメの感覚」

しかし、できるだけ早く子供達には「タメの感覚」をつかんで欲しい。



*タメは一瞬で作れる
*タメはお餅のように時間を長くも使える←お餅ネタ^^
*タメは一瞬で力を爆発できる


投げ方
打ち方
走者のリード
ゴロの捕球体制

タメは野球のいろんな動作に応用できるでしょう。



タメを作る感覚を

誰でも簡単に

すぐにつかんでもらうように、

「タメ体操」が必要だと考えました。


「タメ体操」を練習前のアップに取り入れれば、
みんながすぐに「タメ」を実感できる。

そんな体操があればいいなぁ・・・・・



つづきは後日・・・
きっとタメ体操についてでしょう^^
posted by metoo at 00:00| 千葉 ☁| Comment(10) | TrackBack(0) | タメ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
タメ体操?
興味あります。

私のタメトレーニングは

基礎編
ケンケン、大また走、キャリオカステップ
応用編
片足横向きステップ→素振り(片足は挙げたまま)
片足横向きステップ→挙げた脚をステップしてシャドウピッチ

「脚の付け根、どんな感じ?」と聞いてあげると良いです。

応用編フィールディング版と走塁版を考えないと片手落ちですね。
Posted by Skyboys広報 at 2010年01月05日 09:46
自分の考えるところの「タメ」ですが、上半身と下半身の捩れの差だと思います。

ゴルフの例がありましたが、上半身のバックスイングがトップの位置に到達しない前に、下半身は始動しています。

この瞬間に「タメ」が発生すると思います。

タメが出来ていると、シャフトが立ったまま降りてきて、ヘッドが走る結果になると思います。

野球のスイングも同じですね。
Posted by ひろし at 2010年01月05日 21:08
どこか1箇所を”捩って”力をためる、つまり、動くオモチャのゼンマイを巻いた状態にすることでしょうか?
一応、大人の私(名探偵コナンとは逆に、”見た目は大人、頭脳は子供”かもしれませんが^^;)でも、理解は難しい【ため】。。。子供にどう伝えるのか。。。やはり”タメ体操”で子供自身に感じ取ってもらうのが一番いいんでしょうね。
”タメ体操”、期待してお待ちしてますm(__)m
Posted by PAT at 2010年01月05日 23:01
こんばんは!

斉藤投手の「カメハメ破のイメージ」最近フルタの方程式Youtubeで見ました。
私も絶対おかしいと(ひざを曲げる)思っていましたが、カメハメ破でなるほどと思いました。
そして大野投手や村田投手の例もあったし。

タメ

まだまだ勉強不足です。
タメ体操ぜひ教えてください。
今年もよろしくお願い致します。
Posted by at 2010年01月06日 01:23
すみません。

上のコメントに名前記入するの忘れてしまいました。ごめんなさい。
Posted by 北玉パパ at 2010年01月06日 01:25
タメ、というと幼いころ公園で遊んだシーソーを思い出します。
下にさがったところから、足で地面を蹴って上がるときに、
地面につくやいなや地面を蹴るのではなく、
一度一番下で止まるような感じ。

あの「よーーーっい↓しょ↑」の「よーーーっい↓・・・」の
部分で自然とタメを覚えたような気がします。
上から下りてきたときのパワーを足で受け止めて、それを
今度は反対方向(上)に向ってボンっ↑↑と。

シーソーは一瞬、一番下で止まっているのですが、
感覚としては、下向き↓から上向き↑へ力の方向転換を
しているような、そしてその一番いいタイミングを
身体で覚えていったような気がします。
Posted by at 2010年01月06日 09:40
私のムチャブリに見事答えて頂きありがとうございます。(^^♪
でもなんだろう。浅草芸人の謎かけみたいに感じちゃった(笑)
Posted by かに at 2010年01月06日 10:55
◆Skyboys広報さん、ありがとうございます。

考えてみるとタメは数種類はあるんですよね。

じっくり考える一年となりそうです^^


◆ひろしさん、ありがとうございます。

仰る通り「捩れ」でしょうね。

捩れによる時間差がパワーを生み出すのでしょう。

ひねくれ物の私は、もうちょっと違う角度から考えて見ます^^


◆PATさん、ありがとうございます。

オモチャのゼンマイ、とても私の考えとよく似ています。
バネといっても板バネやスプリングではなく、やっぱりゼンマイですよね。

さて、ゼンマイで巻いた力はどこへ伝わるのか?
ゼンマイを強く巻くためには?
まだまだ悩みは続きそうです^^


◆北玉パパさん、ありがとうございます。

斉藤投手のカメハメ破をご覧になられましたね?^^

タメ体操は自分の頭の中にはあるのですが、
誰かに実験してもらい感想を聞きたいんです。

もう少し、試行錯誤してみますね^^


◆名無しさん、ありがとうございます。

面白いシーソーの例えですね!

時間を我慢する方のタメは「間」とも呼ばれる打撃や投球の動作につながっていくと思います。

考えて悩んでる時間って楽しいですね^^


◆かにさん、ムチャブリありがとうヽ(´ー`)ノ

しかし餅は太るね〜
3kgくらい正月太りです(T_T)
Posted by metoo at 2010年01月06日 21:04

昔、テニスと野球両方やっている時に分ったのですが、テニスのフォアハンドの素振りをすると、タメと体重移動の両方の感覚がつかめるんですよ。
Posted by とも at 2010年01月06日 22:07
◆ともさん、ありがとうございます。

テニスは勉強になりますね!
我が家の目の前は、高校のテニスコート^^
毎朝 パコーンパコーンで目覚めます(*^-^)b
Posted by metoo at 2010年01月06日 23:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック