2009年11月20日

タイヤ叩き

最近思い出したことなのですが、
中学時代はタイヤ叩きをよく練習していました。
野球部員も一学年20人くらいいましたので、
ボールを打つよりもタイヤを打ってる時間の方が長かったと思います^^

タイヤを叩いている時に、
自分で気がついて注意していたことがありました。

0911201.jpg

「タイヤを内側から強く叩くようにしていたこと」

インコース、アウトコース
コースによって自分の向きを変えながら叩いていました。

誰かに言われてやったのではなく、

インサイドアウトを自分で気がついて練習していました。

(最近の松井秀喜選手やイチロー選手を見ると「インサイドからバットを出す」ではなく「バットはアウトサイドから」のように感じています)


091120.jpg

何も考えないでタイヤをただパンパン正面から打つと、
どうも力が伝わっていないというか、
引っ掛けたサードゴロやファールを打っているような叩き方なんですよね。

遠回りしてバットでタイヤを押すよりも
身体の内側から押したほうが力が伝わるのを、
中学時代に自分から気がつきました(*^-^)b





そんな事を25年ぶりくらいに思い出しました^^


あの頃は、
今みたいに熱心に教えてくれる指導者はいませんでしたし、
本屋さんにも指導書は並んでいなかったように思います。

今の時代は、大人が勉強し過ぎてるのかな?
それを熱心に教え過ぎるから子供は学ぼうとしないのかな?
いつまでも子供は「教えてくれる」のを待っているのかな?
小学校の学童野球を過ぎてからは、
練習メニューなんて昔はキャプテンが決めてたし、
「なんで大人が考えた練習メニューをやらなきゃいけないんだ?」
って、あの頃の私なら考えていたと思います。

そうやって育ってきた子供に「なんで考えないんだ!」「もっと考えろ!」は、なんでも手を出し過ぎる大人達の責任じゃないのかな?

子供を指導することに責任と達成感を作りすぎて、
自己満足をしてるんじゃないかな?


なーんて 自分自身も反省してますm(_ _)m
posted by metoo at 01:23| 千葉 ☔| Comment(10) | TrackBack(0) | 打つ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして
"大人が教えすぎる"正に実感としてありますね。私は中学校の野球部でしたが、厳しいメニューも自分たちで考えていました。当然設備も揃っていませんから、タイヤ打ちなんて当たり前で練習方法も色々と工夫したものです。矯正ポイントを教えられても、なぜ?というところの理解が出来ないと応用が利きません。でもこれって最近入ってくる新入社員にも言えることなので、社会現象なのかもしれませんよ。どのように伝えれば、自分たちで応用できるのか?は永遠のテーマでしょうね。
Posted by James at 2009年11月20日 09:02
>子供を指導することに責任と達成感を作りすぎて、
>自己満足をしてるんじゃないかな?

 Σ(゚▽゚;)ギク!
 もう少しでその罠に落ちるとこだった…。

 とはいえ、指導するほどのものは持っていないし、
私に出来るのは一緒に泥んこになってプレーするか、
プレーのデータを拾って解析するくらいだから…。
Posted by でぃあ at 2009年11月20日 10:35
以前は庭先にタイヤを吊るして、自主トレのメニューの一つでしたが、
音が近所迷惑になると父に言われて、それからご無沙汰です (^_^;)

なるほど 叩きかたにも意味があるんですね。
インパクトの時の強化練習ぐらいの認識でした。勉強になりました。

Posted by ドラ夫 at 2009年11月20日 11:13
はじめまして。

私はインサイドアウトをイメージしていますが、実際にバットにボールを当てるという運動を考えると、バットの面をできるだけ長い時間、ボールに向けたいというスイングになります。
インサイドからのバット軌道ですが、できるだけ早く記事にある下の図のような状態にしたいというイメージです。

アウトコースもしっかりとレフトやセンター方向に打ち返すスイングですね。(右打者の場合です)
そういったスイングを意識すると、インコースは意外と逆方向に打球が行ったりと・・・。

あくまで私のイメージなので、子供達に積極的には指導しませんが、フリー打撃の時などは逆方向に意識しすぎないように言ってます。
右打者はレフトに大きい飛球を、左打者はライトに大きな飛球を打てるようにと言ってますが。
Posted by 課長コーチ at 2009年11月20日 12:33
◆Jamesさん、初めまして!
コメントありがとうございます。

大人からすれば・・・
若者から見れば・・・
なんとなくですが、責任の擦り付け合いのように思います。

「最近の若者は」この言葉は今になって始まったことではないでしょう。
間違いなく、20年前の私達もそう呼ばれていましたからね。
いつまでも続きそうなテーマですね^^


◆でぃあさん、ありがとうございます。

わずかな時期しか味わえない、
同じユニフォームを着て、
我が子との喜びや苦しみの思い出作り。

これが少年野球なのでしょうね^^

今しか出来ない達成感を思いっきり味わってください!


◆ドラ夫さん、ありがとうございます。

良いのか悪いのかはわかりませんが、
あの頃は何かを自分から探していた時期だったと思います。

シャトル打ちなどは、友達のお兄ちゃんが教えてくれたなぁ〜^^


◆課長コーチさん、初めまして!
コメントありがとうございます。

課長コーチさんの考えで良いのではないですか?

確か、中学時代は変化球が打てず、
どうしたら引き付けて逆方向へ打てるのか?を悩んでいました。

何が打ちたいかを考えて自分で決断をする。
これが正しい方法だと思いますよ!^^

今後もよろしくお願いしますm(_ _)m
Posted by metoo at 2009年11月20日 21:08
自分で”気付く”、”考える”ことって大事ですよね。
それはわかってるんですけどねぇ・・・でも、口出ししたくなっちゃうんですよね・・・

”タイヤ叩き”、最近はあまり見ない練習方法になっちゃいましたね。
Posted by PAT at 2009年11月20日 23:37
metooさんは、タイヤ叩きから自分で
「押し込み」のコツを会得されたの
でしょうね。

いまでこそ指導者が「押し込み」と言う言葉を
使って説明していますが、当時はそんなことは
誰も教えてくれませんでしたよね。

私もタイヤ引きや、人をおぶってランニングする
古典的な練習法から、「楽な体の使い方」
をなんとなく会得していたような気が
します。
いま風にいえば、「効率的な体重移動」
なのでしょうね!
Posted by shun at 2009年11月21日 21:21
壁に近づいて素振りをしたり、
枝や草を打ち抜いたり、また、ぎりぎりかすらせたり。
いろいろ、考えた直後の練習で、たまたま打てたりすると、
「俺って、打撃を極めたかも」
なんて、錯覚してたことを思い出しました。

大いなる勘違いとはいえ、
至福の瞬間だったと思います。

metooさんが言っておられたように、
いかにヒントをだすかですよね。

コーチの仕事は、
「考えさせること」です。(またまた伊藤守さんの言葉を借ります。)

さて、拙いながらブログを開設しました。
metooさんの記事を転載させてもらいたい場合は、どこに連絡をすればよいでしょうか。
Posted by yattun at 2009年11月21日 23:18
metoo塾に鬼も通おうかと思いますw(笑
子供が考えて結論を出せればいいのですが、欲がある子、そうでない子、理論的な子、感性で動く子、いろいろいますから、それぞれの手助けが出来ればいいと思っています。

最近、思うことなのですが....
体の近くで捌ければ、芯をはずしても内野の頭ぐらいは越えてくれますよね。
これを良しとするかどうかで変わってくると思うのですが、鬼は良し派です。
ヒット数は増えますから。
であれば、ドアスイング気味で後ろが大きい方が、最短距離でバットを出すより、ボールの変化に対応しやすいのでは、と思ってしまいますw(経験値より
子供に教えるのはどうかと思いますが....
Posted by 鬼ノッカー at 2009年11月25日 14:35
◆PATさん、ありがとうございます。

そう言えばパンパン叩く音が聞こえてくるグランドが少なくなりましたね。
安上がりでいい練習だと思うんですけど・・・


◆shunさん、ありがとうございます。

同じ事を続けているとハッ!と気がつくような時がありますよね。
仕事でも、サボろうとした時に意外と良い事を思いついたりします^^


◆yattunさん、ありがとうございます。

>「俺って、打撃を極めたかも」
>なんて、錯覚してたことを思い出しました。

これありますよね^^
勘違いでもいいから、自分で見つけた何かが大切だと思います。

>記事を転載させてもらいたい場合は、どこに連絡をすればよいでしょうか。

別に連絡などいりませんよ^^
ご自由にお使いください!


◆鬼ノッカーさん、ありがとうございます。

性格が歪んでいる私は
一番大切なのは〜〜
基本は〜〜
という言葉を最近使いません^^

明日基本が変わるのが野球ですから、
今日一番でも明日は二番になってしまうと・・・

>ドアスイング気味で後ろが大きい方が、最短距離でバットを出すより、ボールの変化に対応しやすいのでは

私も同じ考えです^^


Posted by metoo at 2009年11月25日 17:05
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック