2009年11月17日

第二の体重移動

09111701.jpg

上の図は、どちらが体重移動をしてるでしょうか?

*歩幅が広い
*歩幅が狭い

これだけで体重移動ができてる、できてない、とは言えないように思います。

09111702.jpg

体重移動とは

「頭がどれだけ移動しているか?」

私はここを気にして見ているようにしています。

体の中で一番重たい「頭」

「頭」がどこまで移動しているか?

プロ野球選手を見ていると、

「頭」が踏み出した足のつま先くらいまで移動してから、
ボールをリリースしているように見えます。


09111703.jpg

もう少し体重移動を細かく見てみると、

「第一の体重移動」
踏み出した足が着地するまで

「第二の体重移動」
踏み出した足が着地してから

体重移動を一つの動作と考えるよりも、
前期と後期のように、二つの組み合わせまで落とし込んでみました。



09111704.jpg
踏み出した足から伝わる力が、
ひざから違った方向へ逃がしてしまっています。

体重移動の力が50だとして、
踏み出した足からの力は0となってしまえば、

50x0=0 

つまり体重移動の力は何も伝わっていない、
上半身だけの「手投げのフォーム」と呼ばれてしまうでしょう。

09111705.jpg
踏み出した足の力がしっかりと股関節、上半身へと伝わっています。
(ステイバック)

踏み出した足からステイバックの「2」が上半身に伝わったとしたら

50x2=100 のボールが投げられて、

もしステイバックの力が「50」ならば

50x50=2500 にもなってしまう!

掛け算かもしれませんし足し算かもしれませんが^^




今回は体重移動の「距離」だけを考えていますが、
実際には、あと10cm、あと5cmの距離がとても難しいと思います。


しかし最終的な『目的』は、
体重移動という『方法』ではなく
「速度」あげる、球速アップが『目的』でしょう。

「速度」をあげるには・・・

どこかで「時間」を短縮する。

もしくは「加速」していくことなのでしょうね。

そこが一番難しいヽ(´ー`)ノ


ue04.jpg
上原投手、下半身のどこかを確かめながら練習しているのでしょうか?

片ひざをついてからの投球練習なども、
「第二の体重移動」を部分的に練習できそうですね。
posted by metoo at 13:08| 千葉 ☁| Comment(5) | TrackBack(0) | 投げる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。いつも興味そそる内容で楽しませてもらってます。この記事みてふと最近テレビでみた話題を思い出しました。古田が松井の凄さを解説していたのですがこちらでも以前とりあげられていたステイバックのことかなと。松井のパワーの凄さの一つに右足がインパクト時に蹴り上げるテクニックがあると。古田は真似できないテクニックだとも言ってましたが。多分意識しつつも極限まで鍛えた時に体が反応したものなのかなと私は思います。言葉は悪いですがそれだけを得ようとしても駒田の一本足?だったり…(笑)
Posted by まさ at 2009年11月17日 14:54
踏み出した足の力と体重移動によって
生み出された後ろから来る力とが
くの字から徐々に<のようなって狭まってきて最後はその力が直線なってボールが放たれる時が1番力が伝わるんじゃ?
と記事を見て想像させていただきました。
わかりずらいですよね。。^^;
バッティングもタイミングのように
ピッチングも前足の下から来る力と
後からの体重移動の力のぶつかる瞬間が
大事なのかな?って感じでしょうか・・・
Posted by 父だぬき at 2009年11月17日 21:26
私にとって、非常にタイムリーなネタです^^
一応、ピッチャーもやる小猿くんなのですが、いかんせん球速がない・・・
で、チームのエース”速球派投手”のSR君の投球フォームを見比べていて、投げる瞬間の頭の位置が随分違うなぁ(SR君の方が前)と感じていたところなのです。

小猿くんの場合、頭の位置の移動距離(第2の体重移動)が小さい分、コントロールが良いのかもしれませんが、もう少し球速が欲しいので、コントロールを維持しながら、もっと第2の体重移動ができる投げ方を模索していこうと思います。
膝の角度も、前者の力が逃げるタイプの角度だなぁ・・・これも直さないと。。。
Posted by PAT at 2009年11月17日 23:03
投球の際に踏み出す歩幅。
この話題もやはり、あのダルビッシュ投手のあの試合がキッカケでしょうか?

わたしも、この話題をブログにメモしときました^^

http://kerokero223.seesaa.net/article/133218136.html
Posted by ケロの父 at 2009年11月18日 02:54
◆まささん、ありがとうございます。

http://www.youtube.com/watch?v=bC-v9SGDK5g

この時の放送がyoutubeにありますね。
私も保存してあります^^

私がステイバックという言葉を初めて聞いたのは、たしかバリーボンズあたりからだったと思います。
それまでにも同じ技術はあったのでしょうが、用語にはなかったかもしれませんね。

駒田選手なつかしいなぁ〜
バットが短く見えるくらいでかい選手でしたね^^


◆父だぬきさん、ありがとうございます。

ステイバックというカテゴリーを作ってみました。

「基本のき」という本に書いてあったのですが、
投げるのも打つのも「前の足の股関節を支点に回る」とありました。

父だぬきさんの書かれている、ぶつかる箇所がここだと思います。


◆PATさん、ありがとうございます。

言葉では難しいですが

下り坂で投げればすぐにできますよ^^

傾斜のあるマウンドでいつも投げさせてあげたいですね。


◆ケロの父さん、ありがとうございます。

ダルビッシュ投手、昨日のチャンピオンリングを受け取る時は、包帯を外していましたね。
また来期が楽しみです。
Posted by metoo at 2009年11月18日 13:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック