2009年11月13日

褒めると叱る その1

叱るについて調べてみると

【叱る】目下の者の言動のよくない点などを指摘して強くとがめる。

年齢や立場、位が上の者が下の人に向かって使う言葉のようです。


【褒める】人のしたこと・行いをすぐれていると評価して、そのことを言う。たたえる。


「叱る」の反対は「褒める」とも考えられますが、

叱るのも褒めるのも、誰かがきちんと見ていてくれて何かを伝えようとしてくれてるように思います。そう考えると「叱る」「褒める」の反対の言葉は「無視」「無関心」でしょうか。



自分に必要なのはどっち?

面白いアンケートがあったのでのぞいてみました。
OL世論調査のようですね。



「褒めて伸ばす」「褒めて育てる」とよく使われる言葉ですが、


褒めることによって
「何が伸びてるの?何が育ってるの?」


疑問に思うことがあります。



「結果」=「能力」x「情熱」x「考え方」

この数式に
「褒めることによって何が伸びて育ったのか?」を当てはめてみると、

「能力」「考え方」は褒めても変わらない部分でしょう

「情熱」つまり「やる気」「気持ちの強さ」が褒めて伸びる部分ではないでしょうか。


「能力」10 x 「情熱」が10 x 「考え方」10
結果は1000となります。


「能力」10 x 褒めることによって「情熱」が50 x 「考え方」10
結果は5000となります。


たしかに褒めることによって結果は大きく変わりますが、

いくら褒めても「能力」と「考え方」はあまり変わっていないのでは・・・



褒めて成長するのは「やる気」

その反対に

「やる気」が減っていくのは怒鳴られる時でしたね^^

アンケート「子共がやる気をなくす時」2009/09/16



やる気を高めながら、気持ちを高めながら、

どうやって「能力」も一緒に高めてあげられるのか?

最も大事な「考え方」を成長させることができるのか?

大人の社会と子共への指導、共通点はきっと見つかるはず!


つづきはもう少し頭の中が整理できてから・・・

その2につづく・・・と思いますヽ(´▽`)/
posted by metoo at 23:23| 千葉 ☔| Comment(5) | TrackBack(0) | コーチング | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この考え方には賛同しましす、ベンチから罵声が聞こえる野球は大嫌いなのですが・・・
最近の若い子って、どうも“打たれ弱い”というか、“骨がない”というか、強くないんですよね。

あっ、これ仕事の話ね。

議論していても、議論に入ってこれないし、ちょっと指摘してやるとすぐにシュンとなっちゃって落ち込んじゃう。こっちに向かってこないんですよね。
小さな頃から「叱られた」経験が少ないからかなぁ〜って思ってしまいます。

うちの中学生見ていても、最近は親からも叱られたことないんじゃないかと思います。
Posted by 少年野球コーチ at 2009年11月14日 06:53
息子の少年野球チームのお手伝いを始めて、
1年がたちます。
野球の楽しさ、体を思いっきり動かす喜びを感じてほしいと願いつつ、
ついつい、思いつき的アドバイスを送ってしまいます。
時には、語気を荒げながら。

「能力」「情熱」「考え方」
のどれを刺激しようか。
そのためにどんな言葉や道具を使おうか。
ちょっと整理できてきました。
ありがとうございます。

只今、ブログ開設の準備を進めています。
タイトルに悩んでいますが、
「スマイルB.B(スマイル Baseball Blog)」がひらめきました。

スマイル・ベールボールを冠してもよろしいでしょうか。
Posted by yattun at 2009年11月14日 13:05
>つづきはもう少し頭の中が整理できてから・・・

私の中でも、似たような状態です。
確かに、褒めて伸ばすのはやる気は育つでしょう。
でも、褒めても褒めてもいつか必ず、挫折するときもあります。
その時に自立する方法は褒めるだけでは見つけられない事もあるようです。

やはり、褒めると叱るのバランスなのでは?
と思いつつ、まだまださまよい続けています。
Posted by アンバサダー at 2009年11月14日 19:04
ずいぶん前のHit&Runに手塚氏が書いていたコラムで、「褒める」のではなく「認める」ことが大事だという趣旨のものがあったのを思い出しました。
具体的に、どこが(どうして)良かったのかを褒めるのが大事ってことですね。
Posted by 端っこ at 2009年11月14日 21:27
◆少年野球コーチさん、ありがとうございます。

最近、頭がこんがらがって固まってます(T_T)

少年野球コーチさんがブログに書かれていた、親として最低限のしつけ「叱れる親」も少ないなぁ〜と思いました。

「優しいだけじゃ女にふられるぞ!」
強い男の時代が復活してもらいたいですね^^


◆yuttunさん、初めまして!
コメントありがとうございます。

ロゴやタイトル名はご自由にお使いください!

野球を通じて、人生で大切な何かをもっと教えられたらなぁと、最近考え込んでます。

なかなかゴールは遠いようです(T_T)


◆アンバサダーさん、ありがとうございます。

>褒めると叱るのバランスなのでは?

仰るとおりだと思います。

しかし!まだちょっとだけ考えて見ます^^


◆端っこさん、ありがとうございます。

「ありがとう」は相手を認める
「ごめんなさい」は自分を認める

こんなことを最近私も考えていました。

>具体的に、どこが(どうして)良かったのかを褒めるのが大事ってことですね。

なるほど!褒める事と一緒に何かを伝えることがセットになってますね。

端っこさん、いつも頭いいなぁ〜ヽ(´ー`)ノ

Posted by metoo at 2009年11月15日 00:43
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック