2006年02月13日

ダブルヘッダー

1日で2試合をする事をダブルヘッダーと言いますが、昔ではトリプルヘッダー1日3試合などもありました。

子供達の体への負担、特にピッチャーにはひじ,肩への負担を考え、投球イニングの制限、球数の制限、連投の制限が、各団体、各大会によってルールが決められているようです。

◇高学年は1試合5イニング(15アウト)1日30アウトまで
◇低学年(4年生以下)大会では1試合3イニング(9アウト)1日18アウトまで

私達の少年野球連盟では、このようにルールが守られています。


いろいろな少年野球大会がありますが

午前中に準決勝、午後から決勝戦

1日に2試合を勝てなければ、優勝の2文字を手に入れられません。
これがなかなか難しく上手く行きません。

優勝するのはもちろん大変な事ですが、
難しいのは決勝戦だから、ではなく2試合目だからです。

私が感じた難しかった点です。

○ピッチャーの2試合組み立てを、前日にしっかりと決めておく。
1試合目の先発ピッチャーの投球数、リリーフの展開、同じく2試合目の先発、リリーフをピッチャーには伝えておいて、いろいろな試合展開を準備しておく。

○1試合目に勝って浮かれている気分を引き締めなおす。
次の試合へと1試合目の良い点悪い点などを引きずる事無く、次の試合へと気持ちを入れ替える。

○お昼ごはんから少ない時間での試合開始、時間の逆算。
試合前のいつもの入り方が大切になってきます。アップ20分で、アップ30分で、アップ1時間で試合に入る練習を、子供たちが言われなくても出来るいつも通りの「MYメニュー」を持っている方が試合に入りやすいです。

○お昼ご飯の量、試合開始時間は絶対に変わる。
お腹いっぱいにならない量を子供自身で計算できる、おにぎりが役に立ちます。試合前に1個が良いのか2個が良いのか?試合開始までの時間によっても分ける、30分だったら1個、1時間だったら2個3個など、私達チームは弁当ではなく、必ずおにぎりを1年中お昼ご飯にしています。前の試合が延長で延びたり、コールドで早まったり、試合開始がキチンと定時で始まる事はないと準備しておいた方が良いようです。

○見えない疲れ
これが計算できない難しい点です。
気持ちは元気いっぱいなのに、動かない足。腕は振れているのにストライクが入らない指先の感覚。


「やったことがない事はできるわけがない」
今の寒い時期は辛いでしょうが、ダブルヘッダーの練習試合などは経験しておいた方が良いと思います。午前中を準決勝、午後を決勝戦と「テーマ」を決めて見るのも良いでしょう。6月7月頃は雨や台風で日程を変更され、急遽ダブルヘッダーが組まれる事もありました。

今日のお昼ご飯は30分。
今日のお昼ご飯は11時に食べる。
△△くんはインフルエンザで休み?の練習試合

いろんなテーマで練習をしてみるのも良いでしょう。

春から始まる野球シーズンに向けて、いろいろな設定を練習しておく事が経験かもしれません。

例えば、朝6時に集合して2時間遠征して9時開会式、10時試合開始の県大会。
どうします^^


posted by metoo at 13:06| 千葉 | Comment(29) | TrackBack(1) | コーチング | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
想像しただけで大変そうですね。
我がチームはまだそこまでいってないようです・・・残念ながら・・・。

ただ、こいういった事を頭に入れておいて日々の子供の練習メニューやチーム作りを考えていかないといけないなぁ・・・と思いました。
Posted by Shin at 2006年02月13日 13:34
ダブルヘッダー、ウチのチームも過去に何度か経験しています。これからの季節、大会前なので1日2試合の練習試合も増えそうです。
選手のコンディション作り、監督さんの采配の組み立て。どちらもたいへんですよね。でも我がチームはもうひとつたいへんなことがあります。試合の塁審を誰がやるかです。
我がチームは選手数も少ないですが、週末に練習に参加できる父兄はもっといません(恥ずかしながら私も含めます)。美容院経営、お寿司屋さん、大工、単身赴任中など‥(汗)
毎回監督以外に2〜3人が限度。スコアラー1人、塁審2人。3人いればギリギリですが、夏の炎天下でのダブルヘッダーになると代わりがいません。2人になった日は最悪です。
今スコアをお母さんに覚えてもらおうと必死です。
Posted by ゆうちろ at 2006年02月13日 15:04
 私のブログに書いたこともありますが、要は試合数とピッチャーの数の関係だと思います。能力のある投手が5人いれば、5試合くらいってなるでしょう。しかし現実は・・・・。同じ大会で3試合行う日程の大会は、今ではほとんど無くなりました。しかし土・日で4試合ってスケジュールは良くありますし、それを乗り越えないと栄冠はつかめない現実があります。
 
 大切なのは、指導者がそのこの能力をどれだけわかっていて、許容範囲をきちんと知っておくことでしょうか。一概にイニング数、アウト数といっても(単に目安でしょうが)能力によってはその子に与える影響の大小はあると思います。仮に2試合完投しても、キチンとしたスローイングが出来る子でしたら、後はケアの問題だと思います。

 例えばピッチャーの限度を計るのはコントロールだと思います。指先のと言うより握力が無くなることでコントロールが安定しなくなります。試合の勝ち負け、親の誤解等に負けない覚悟の裏付けで判断を下せるかどうかだと思います。

 話は変わりますが、ここにいらっしゃっている方々に質問したいのです。私のブログに書いている件について、どなたか答えていただける方いらっしゃいませんか?
Posted by 紫電改 at 2006年02月13日 16:01
 我がチームの所属する連盟では、そのようなルールが決められていないと思います。ですので、チームによっては連戦連投ということもあるようです。本当に子供たちの体が心配ですが・・・。

 metooさんの仰る通り、2試合目の入り方、戦い方が難しいです。指導者の準備不足か子供たちの集中力が切れるのか、昨年は何度2試合目に泣いたことか。今年は昨年の経験を生かしたいと思います。
Posted by 四十肩コーチ at 2006年02月13日 16:09
当地区の連盟では特に連投に関する規定はありませんが、私は基本的に連投はさせていません。土・日で各一試合であっても、勝負を考えると辛いのですが別の投手を使うようにしています。
おかまいなしで、一日二試合を完投させるようなチームもありますが、なにもなかったから、という結果論では済まされないような気がします。
Posted by 若葉監督 at 2006年02月13日 16:27
>○見えない疲れ
ダフルヘッダーは難しいです。そう、見えない疲れ、これが一番厄介です。見えない疲れからか、気持ちが一度切れてしまうと、監督、コーチがあれこれしても、もうエンジンが掛からないです。その前の時間の逆算、ごはんの量など処置が大切ですね。
Posted by Fastballer at 2006年02月13日 16:36
metooさん 今日もとても参考になりました。ありがとうございます。
でも、すごいですね、アップ20分〜アップ1時間など、子供たちが自分でアップできる体制が出来ているなんて!きっと過去からのチームの指導が行き渡っているんですね。下級生も上級生を見習って覚えていくのでしょうね。

我地域は、3日間(1・2日目は4会場)で地域予選を行っていますが、2日目と3日目(決勝・準決勝)はダブルになります。
やはり、2人のエース級ピッチャーがいないとなかなか上に上がれません。(去年は1回準優勝、あとは2日目の2試合目負けが多かったです。)
小学校時代はチームメイトに恵まれるか否かでレベルが変化しますので、今年はどな
なることやら。
我地域は、イニング制限は無いですが、やっぱり2試合は疲れがでますね。

あっ、うちも「おにぎり」です。
また、楽しみに拝見させてもらいます。
Posted by ひろ親 at 2006年02月13日 19:24
連投に対しての記事をTBさせてもらいました。
こういうスカタンもいるのだと、認識してもらえれば幸いです^^

中学では練習試合はダブルが当たり前ですね。ただ軟式の場合、残念ながらこの「連投」の関する部分は野放しなのが現状です。
リトルリーグはその点、連投の規定は徹底してますよね。

肩や肘は痛めると厄介です。指導者はこの点を十分に認識してほしいですよね。
Posted by ドラ夫 at 2006年02月13日 21:05
公式戦時のお昼ご飯の取り方は、
考えないと難しいですね。
ティーボールでは、一日で決勝戦まで消化する
大会なんかもあります。
なので5試合消化ってこともありました。
試合自体は、5回(又は6回)までか30分と決まっています。
ピッチャーは投げないので、ダブルヘッダーの件はふれませんが・・・
準々決勝以降は連続3試合なんてことになりますので、
いつ、どのタイミングでどれくらい食べさせるか・・・
食べ方ひとつでコンディションって変わってしまいます。
なので、やっぱり、おにぎりが一番手ごろで調節しやすいですね。
Posted by プーミー at 2006年02月13日 21:50
ホントにダブルヘッダーは難しいですね。
チームとしての緊張感,集中力が第1試合,第2試合ともに良い感じで入ることが出来るかどうか。

第1試合は良い感じでいけたとしても,それが次の試合でも出せるかというと…。
やっぱり,いったん切れた集中力はなかなか元通りにはならないですね。

それに,ダブルヘッダーでなくても,試合開始時間を見越して昼食をとったものの,コールドゲームになって開始が早まったり,試合が膠着してなかなか終わらなかったり…。

ダブルヘッダーではなかったのですが,我がチームが実際に体験した事でこんなことがありました。
雨天のために予定していた球場が水はけが悪くて使えなくなり,急遽,隣接球場で実施することになり,移動。さらに試合開始時間も1時間早まって練習する場所も,時間もない。この時は結局敗戦してしまいました。
相手チームもほぼ同じ条件だったとは思いますが「もうちょっと配慮があっても…」という想いが残りました。特に県大会の1回戦でしたから。
Posted by K太父 at 2006年02月14日 01:06
初めに、
其々の感じ方は 存在するとは思いますョ・・。

 私は幼少の頃 メンコを自宅から3枚程持ち出し、昼の帰宅時には(持ちきれず)腹にさし込んで 運んでました(幼稚園入園前の頃ですネ)毎日や、一日中やってた事も何回か 在ります(地面で 指の爪も何度か割り、血を飛ばしながらも してましたから 馬鹿デスネ! ^^)また、河原で 何回水面を跳ねるか!?の石投げを・・真っ暗になる迄 良〜くやりました。
ですから、Pと言うポジションを本格的にしたのは中学に入ってからでしたが 既に地肩は出来てまして、週末には200球位の(肘と相談しながら)投げ込みをしては 適度に休み、を繰り返してました。
 必然的に7回迄が当り前の世代ですから、Wヘッダー時は350球程抛る事に成り、下半身がフラフラ&抑えが効かなく成る事を痛感しながら、強化せねばー!!(外木場を目指し・・??)っと、練習に繰れてましたネ。
 一概には言えなく 其の時の【体調次第】だと思いますョ。

 息子の天真爛漫(小6)には一日目1試合 二日目2試合 三日目1試合抛らせた連投が有ります。本人は「疲れた〜」と言いながらも翌日はケロっとしたモンでしたョ ^^)---指導者として 失格でしょうか?---
Posted by ぶっ叩け〜!! at 2006年02月14日 11:19
久し振りに書き込みさせて戴きます。

ウチも試合の時は必ずおにぎりです。
その他にバナナが用意される事もありますが、夏場はエネルギーにもなる吸って食べるタイプのゼリーが重宝しました。
熱い時に食欲のあまり無い子でも、スルスルと入ってしまう様です。
今は、昨年みたいに猛暑にならない事を願っています。
Posted by ハッシー at 2006年02月14日 11:47
Shinさん、ありがとうございます。

日曜日、強風の中2試合やりました。
寒かったですよ〜^^
子供達は砂嵐で鼻水垂らしながら、頑張ってくれました。

休憩20分での2試合目の入り方が、やはり難しかったです。
Posted by metoo at 2006年02月14日 12:37
ゆうちろさん、ありがとうございます。

子供達も大変ですが、大人も一苦労ですね^^
お母さん方も寒い中、暖かい飲み物を子供達に差し出してくれたり、夏場は冷たいタオルで子供達をケアしてくれています。

審判員不足には私達も苦労しました。
ベンチで監督がスコアブックをつけながらサインを出したり^^お母さん方にスコアを覚えてもらうと助かりますね。
Posted by metoo at 2006年02月14日 12:43
紫電改さん、ありがとうございます。

>指導者がそのこの能力をどれだけわかっていて、許容範囲をきちんと知っておくことでしょうか。

さすが子供達を熟知された紫電改さんです。
「まだ、投げれるか?」
「はい!行けます」
子供は必ず「はい」と返事をします。
普段の練習や実績、その日の調子などもあるでしょうが、試合の流れを試合前にイメージしてあると、大きな失敗は少なく済むと思います。

普段からどれだけ子供達と接しているか?
ここが問われますね。
Posted by metoo at 2006年02月14日 12:51
四十肩コーチさん、ありがとうございます。

日曜日の2試合目ですが、時間が大変押していて、20分後に開始でした。
お昼の休憩を20分で食べろ!など練習した事は今までにありません。当然子供たちは、初めてのことなので不安が感じられました。

ちなみに試合結果ですが、
1試合目 9−2で勝利。
2試合目 4−2で勝利。先行されて逆転勝ち。
なんとかギリギリ勝てた2試合目でした。
Posted by metoo at 2006年02月14日 12:55
若葉監督さん、ありがとうございます。

私達チームは、1試合でも必ずピッチャーを4人で回すように準備するようにしています。
この時期は、インフルエンザで6人も休みがでた事があるので、準備だけは慎重に考えるようにしています。
Posted by metoo at 2006年02月14日 13:01
Fastballerさん、ありがとうございます。

○見えない疲れ

今回のダブルヘッダーで一番感じたのがココなんです。
2試合目は必ず動きが落ちます。
気持ちは集中しているのですが、思ったようには動けていない子供達。

投手よりも、野手に疲れが感じました。

2試合目、ボケーとしてる野手が目立ち、エラーが続きました。
途切れた集中力を取り戻すのは試合中には大変です。

ダブルヘッダーを日頃から練習しておかないと、決勝戦の緊張とプレッシャー、そして集中力で負けてしまうでしょう。


Posted by metoo at 2006年02月14日 13:11
ひろ親さん、ありがとうございます。

1日2試合勝てるチームでないと、優勝をつかめないのでしょうね。1試合勝つのでさえやっとなのに・・・
私達チームも悩むところです^^

準決勝&決勝戦のイメージで練習試合を作ってみるのが、子供達にとって、指導者にとって良い経験になると思います。

おにぎりネタはまた記事にします^^
Posted by metoo at 2006年02月14日 13:19
ドラ夫さん、TBありがとうございます。

こちらの記事に関して私もコメントしていますが、私は反対の立場です。

しかし、賛成の部分も最近考えられるようになりました。

「正しいフォームで投げれば故障はしない」

こんな持論を考えています。

問題は、指導者が
「正しい投球フォームを正しい体作りをしっかりと熟知しているか?」
ここをしっかりと私も勉強したいと思います。
Posted by metoo at 2006年02月14日 13:25
プーミーさん、ありがとうございます。

ティーボールはそんなに続けて試合するんですか?低学年の子供達ですから、お昼ごはんはゆっくり食べさせてあげたいですね。

やっぱりおにぎりです!
愛情たっぷりが、子供達の思い出だと思います。
Posted by metoo at 2006年02月14日 14:10
K太父さん、ありがとうございます。

2試合目が、K太父さんが仰る通り
「なんだ?この変わりようは?」
くらい、元気のない試合でした。

1試合目は普段どおりに、練習どおりに入り込めるのですが、2試合目は本当に難しいです。対策は経験しかない様に思えました。


試合開始時間が守られる事はない

そう考えて早目に動いておかないと、アップも何もしないで始まってしまう事もありました。大会運営部は試合優先で、子供達の事はあまり考えてくれていないのも現状です。
Posted by metoo at 2006年02月14日 14:15
ぶっ叩け〜!!さん、ありがとうございます。

ダブルヘッダーの2試合目は強豪チームなのにリーグ戦7連敗中、おかしいなぁと思っていたら、エースとリリーフの2人がひじ痛で3ヶ月の投球禁止でした。

2人が故障すると言う事は、
「指導者が間違った指導を続けている」

子供が故障するのは、指導者の責任と私は思います。

正しいフォーム、正しいケア、正しい体作り
正しい知識を持った指導者でしたら、100球200球投げても子供は故障しません。

間違った指導をしていれば、
投手だけでなく、サードショートセカンドキャッチャー、みんな1球でひじを故障します。

投球数やイニングではなく、指導者の知識の問題と思います。

投げ込んで肩を作る、投げ込んで下半身を作る、投げ込んでコントロールを作る。
私は間違った指導ではないと思います。
Posted by metoo at 2006年02月14日 14:29
ハッシーさん、ありがとうございます。

試合の合間が少ないので、私達もバナナを準備していました。各自で食べるゼリーなどを持ってきている子もいました。
しかし、お腹が減っていては、力もでませんし、集中力も途切れてしまいますよね。

今度からは、ベンチの中に食べ物コーナーを作って、試合中に自由に食べれるようにしてみようと思います。

試合に出ていない子は食べてばっかり?
注意して見てみます^^
Posted by metoo at 2006年02月14日 14:38
多分、親の焦り&指導者の勝利主義がそうさせるんでしょうネ!

月会費が¥2万5千円のチームに(3年間)通ってるリトルの子を メンバーが足らず やむなく無償レンタルし事が有ります・・
が、実戦の試合では・・おもいっきりブレーキになっちゃいました
基本はガチガチで&練習でもバッチリ、しかし・・
本番での状況への対応が 全く×でした。

metooサン所 同様!?に、
小/中時代は!? 気心知れた仲間と のびのび&元気に自然体でやらした方が E結果を生むんだなぁー と、経験上で 結局は思います。
Posted by ぶっ叩け〜!! at 2006年02月14日 17:20
ぶっ叩け〜!!さん、ありがとうございます。

>月会費が¥2万5千円  ???

もったいない!それだけ充実した設備なのかもしれませんが・・・

>のびのび&元気に自然体

私は監督とかコーチに向いていないと思います。試合が始まると1選手に戻ってしまい、子供達と一緒に騒いでしまいます^^

Posted by metoo at 2006年02月14日 17:39
ダブル、トリプルと聞いて、息子の小学時代のチームの頃を思い出しました。
実は準決勝・決勝のダブルがある場合は喜んでいました。特に準決勝が強豪でない場合は(笑)。
というのも、息子達の代のチームはいずれも投手が7名いましたので(息子達は当然、投手失格でしたが 苦笑)。
先発要員3名、中継ぎ2名、押さえ1名でワンポイントが1名でした。
(ちなみに各小学校野球部でのエースの子は息子含め11名在籍していましたので投手は豊富でした)
先発3名のうち、2名はそれぞれ右と左で、甲乙つけがたい投手でしたから、相手チームの打者リストを考えて、当番を決めておりました。残り1名の先発の子はトーナメント下位段階での当番が多かったですが。そして、そのチームはいつも完投させません。初めから当番イニング数を言い渡され、継投が予定されておりました。だいたい3-3-1イニングだったと思います。7回までいくことは稀(時間制の場合があるので)なので3-2イニングを投手2名でというのが多かったです。
で、準決勝で予定通り勝った場合、決勝で相手チームに(準決勝で投げた)エース以外に球威のある投手がいないような場合、当然相手はエースが再登板してきますが、内心ほくそえんでいました(苦笑)。こちらは温存していた投手だけで継投ですから・・・
嫌味なチームだったと思いますよ(笑)。
Posted by touch at 2006年02月14日 18:19
touchさん、ありがとうございます。

>嫌味なチームだったと思いますよ(笑)

はい、嫌味なチームです^^
何ですか?ワンポイントの小学生投手って、やりすぎです^^

ただし、そこまで深く少年野球を研究されたチームだからこそ、何か違った少年野球が見つけ出せるのでしょうね。

touchさんのチームを一度見てみたくなりました。
Posted by metoo at 2006年02月14日 18:42
指導者の方々の日々の活動には、頭が下がるばかりです。
我が子のチームは、決勝・準決勝にならないとダブルはなかなかありませんが、人数の関係で、上の学年に助っ人に行く子たちは日々ダブルのようで・・・
試合前練習時、プレーはもちろんムード作りに、全員がそろわないのは大変なようです。
ただ、今は故障者や欠席の子がいるとどうしてもバタバタしてしまうようです(^^;
先日もエースの子が、足に疲労骨折の疑いがあり(@。@)!監督も心配で平日の昼間、何度もママにメールがきたようです。最後に、時間的にお仕事中?と心配になり「本業は大丈夫ですか?」と送ったら、「いつも野球で頭が一杯。本業はこちら!そろそろ、副業にもどるかな・・・」とお返事が・・・(その後、めでたく彼の疲労骨折の疑いは解消し、今は元気に復活してます!)
皆さんのブログコメントを読ませていただきながら・・・やっぱりみんな熱いなあ〜熱い指導者に出会えた子供たちって幸せだ(*^^*)と、ちょっと胸が熱くなりました。
Posted by ゆきだるま at 2006年02月15日 09:33
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

「連投」の考え方
Excerpt: 野球で9つあるポジションで、一番疲労が激しいのはピッチャーだと思います。 肩や肘にも負担がかかりますし、身体全体を使って投げますので、 その疲労は相当なものでしょう。 しかし一番目立つポジションです..
Weblog: ☆少年野球の上達講座 我が子をレギュラーにする秘訣!☆
Tracked: 2006-02-13 20:51