2006年02月09日

2,3塁前進守備

今回は皆さんのご意見をお伺いさせてください。

ノー&ワンアウト
ランナー2,3塁 
状況は得点差、イニングといろいろありますが、
「できるだけ点を捕られたくない」とします。
(ちょっと曖昧です^^)
内野はバックフォームでアウトを狙う前進守備です。

もし2塁ランナーがノーマークで、2.3塁間の真ん中くらいまでリードが出来るようでしたら、迷わずツーランスクイズを考えるでしょう。

もちろん内野ゴロでバックフォームタッチアウトも狙っています。

この二塁ランナーを野放しにノーマークにはできません。
セカンド、ショート、どちらにマークさせますか?

23a.jpg
A:セカンドが2塁ランナーをマーク(右打者?左打者?)

23b.jpg
B:ショートが2塁ランナーをマーク(右打者?左打者?)


私達チームでは、
右打者だったらセカンドがマークでA
左打者だったらショートがマークでB

皆さんのチームではいかがでしょうか?

中学では?高校では?
中学高校の話もご紹介頂けると助かります。

宜しくお願いします。
posted by metoo at 21:57| 千葉 | Comment(30) | TrackBack(2) | 教えてください | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
うちのチームもmetooさんと同じで、右打者左打者でセカンドショートが代わります。
ツーランスクイズほど決められて悔しいものはないですからね。
Posted by 若葉監督 at 2006年02月09日 23:56
うちもmetooさんと同じです。
理想を言えば、反応の速い内野とバントするのも難しいほどの速球を投げるピッチャー。
小フライでダブルプレー。
これが一番助かります。
Posted by Skyboys広報 at 2006年02月10日 01:34
若葉監督さん、ありがとうございます。

「小学生に流し打ちは、狙っては出来ないだろう」

◇流し打ちを狙っても、引っ掛けて引っ張ってしまうゴロが多いから

◇強いゴロの飛ぶ方向を固めたいから

このような理由で、私は引っ張る方向を動かさないようにしています。

だからと言って上手く行かないのが野球ですね^^
Posted by metoo at 2006年02月10日 01:42
Skyboys広報さん、ありがとうございます。

私も昔教わった事を教えているので、正直不安です。思ったように内野ゴロを打ってくる事を祈るばかりです^^

2.3塁でしたら1点は覚悟してしまいますが、大量失点だけは避けたい、1点で済めばOK!いろいろ悩んで混乱させないように、解りやすく指導したいですね。
Posted by metoo at 2006年02月10日 01:48
私は右投げのPでしたから 打者に関係無く Aを選択してました。
また、2Bはベースに ほぼ張り付かせてましたネ
Posted by ぶっ叩け〜! at 2006年02月10日 10:10
ピッチャーの球威やコントロールによってもどちらがセカンドベースにつくか変わってくるんでしょうね。

またいつものごとく、皆さんのご意見で勉強させて下さい(^_^)
Posted by Shin at 2006年02月10日 11:13
うちの中学チームは、「絶対に1点やらない」という場面以外は、(極端な前進守備はせず)2塁牽制は普通にやっています。
中学だとツーランスクイズはなかなか決まりません。でも、普通のヒットだと2塁から還るのは難しいですけど、大きなリードをされてワンヒットで2点取られるのは防ぎたいですね。
Posted by 少年野球コーチ at 2006年02月10日 11:33
あのぅ‥みなさんの回答とまったく違うのですが
「センター」というのはおかしいですか?
我が息子はセンターを守る機会が多いのですが、この場面では外野も前進守備ですよね?レフトライトよりもさらに浅めに守り、牽制のタイミングでダッシュ!ベースに入り牽制球を受け取るということをやってます。セカンド、ショートの位置で二塁ランナーに無警戒を装いやるのですが、成功しタッチアウトにできたこともありました。
まぁこれは小学生限定、バッターに長打力がない、バントの可能性大、センターの子が俊足、などいろいろ条件が必要でしょうが‥ど素人ですみません(汗)
Posted by ゆうちろ at 2006年02月10日 11:47
こんにちわ!そうですね〜どちらかというとやはりAでしょうか?あくまで少年野球と
考えてですが・・・それよりも少年野球コーチさんが言うワンヒットで二点は辛いでしょうか??前進守備自体ヒットゾーンは広がると思いますので。。。うん〜難しい^^
Posted by かん吉 at 2006年02月10日 11:59
>右打者だったらセカンドがマークでA
>左打者だったらショートがマークでB
同じです。

高校時代はこういう場面では二塁ランナーが大きくリードとることが多いので、セカンドとアイコンタクトで牽制アウトをよくとっていました。(その時、意外とサードランナーは動けないようです。)
少年野球では無理だと思いますが。
Posted by Fastballer at 2006年02月10日 12:23
ぶっ叩け〜!!さん、ありがとうございます。

>右投手だから右左打者に関係なくセカンド

こう言った考えもあるんですね。ちなみに理由をお聞きしてもよろしいでしょうか。
その方が投げやすいのでしょうか?
Posted by metoo at 2006年02月10日 12:59
Shinさん、ありがとうございます。

少年野球はインコースでつまらせても、打球がつまる事はないですから難しいですよね。
低目を丁寧について内野ゴロを打たせる、までが私達チームの現状です。
Posted by metoo at 2006年02月10日 13:02
低学年だと、2塁ランナーに牽制したら、三塁ランナーがホームイン。なんてことがあったりしちゃいます…。(苦笑)

親子野球でこの場面になった時がありました。バッターの右左関係なく、セカンドが全身守備、ショートが2塁ランナーの位置で守り、サードはピッチャーが投げた瞬間に猛ダッシュ。ショートはサードベースのカバーを意識する。にしました。
子どもたちだけの試合で実施したことはありません。
Posted by 始動者 at 2006年02月10日 13:03
少年野球コーチさん、ありがとうございます。

中学だと1ヒット2点を押さえる守備が大切、なるほど参考になります。

なぜか少年野球は極端な前進守備をしきますが、最近私は前進守備の意味を考え直そうと思っています。

極端な前進守備のせいで内野を抜けていくゴロ、普通だったらショートゴロなのに・・・こんなシーンが良く見られます。
Posted by metoo at 2006年02月10日 13:09
ゆうちろさん、ありがとうございます。

センターがマークする。
こう言った場面が考えられるケースがありますね。仰る通り、長打無し、バントの可能性、センター俊足、少年野球ですからセンターゴロも狙えると思います。

私達は、満塁の場合は2塁をノーマークにして、本塁フォースプレー狙いの中間守備にします。センターには声や足音でランナーのスタートを送らす意味のマークをさせています。
Posted by metoo at 2006年02月10日 13:13
かん吉さん、ありがとうございます。

少年野球の前進守備は、ヒットが出やすいようにしてくれてるだけ?のような気がします。
今回は守りの点から見ていますが、攻めの場合は、どうやって前進守備までもっていくか?ランナーを三塁に進めたい、ここが大切な視点になってくると思います。
Posted by metoo at 2006年02月10日 13:17
Fastballerさん、ありがとうございます。

高校野球と少年野球では、塁間や送球の速さ、打球の速さ、ボールの弾み方でいろいろな判断が変わって来るでしょうね。
少年野球にはまだまだ勉強できる隙があると思います。
Posted by metoo at 2006年02月10日 13:23
始動者さん、ありがとうございます。

低学年でこの場面は、2塁ランナーを走って追いかける!
これが最初でした^^
走りすぎて疲れて四球連発!もう2塁ランナーはいいから、バッター勝負!低学年はやって見なければ解りませんね。

バントのフォーメーション、叩き込んで何度も何度も繰り返し練習するしかないですよね。走れサード!^^
Posted by metoo at 2006年02月10日 13:28
息子達のお世話になっていた小学時のチームでは基本的にはmetooさんところと同じです。
そして2塁牽制は誰が入るのかはサインによりセカンド、ショート、センターのいずれかでした。また、バッテリーサインの投げるコースにより、内外野の位置を一球毎に変えます。例えば、2,3塁で非力な右打者だとします。そしてキャッチャーの求めるコース(サイン)はインコース低め。となると、ライトはセカンド定位置くらいまで前進します。セカンドは前進守備ですね。逆にアウトコース低めであればライトは定位置よりラインによりますから、セカンドは自分の定位置に戻ります。
ランナーが塁にいる場合、内外野のサイン連携で失点の確率を減らそうとしてました。
Posted by touch at 2006年02月10日 15:29
先ずは、投げ終えれば Pも内野手です/逆モーションで無い方向は 守れます。 ⇒            ってな理由です。

それと 場面は、相手打者やベンチの動きをみながら・・
勿論 ピッチングを組み立てる訳です(満塁策を頭に措いて配球する筈)
&バントをさせないか、やらせて殺す為の(既に外野への打球に対しては タッチアップでも殺せる想定の)フォーメーションを執ったのですから・・其の通りの投球しかしません! ⇒      ってな理由です。

ですが、全体レベル的な 障害は在るかも・・・
私は、金属バットをも へし折るPでした・・・^^
(スンマセン、自慢みたいに成っちゃって)
球威に自信が有ればの事 なのかも知れません・・・ 
  
 
Posted by ぶっ叩け〜!! at 2006年02月10日 15:29
うちのシニアチームの場合ですが、基本的に前進守備はサード、ファーストは塁線前ですが、ショート、セカンドは塁線上ですね。
metooさんもよくご存知の様に硬式の場合はバントされたら転がりが遅いですから、内野の反応・ダッシュ力の勝負ですよね。
Posted by touch at 2006年02月10日 15:42
touchさん、ありがとうございます。

捕手の構えによって1球毎、やっぱり全国クラスですね。

touchさんには、できれば中学シニアになるとどうなるのかお聞きしてもよろしいでしょうか?
シニアの前進守備は、塁線上あたりを守るのが前進守備でしょうか?
Posted by metoo at 2006年02月10日 15:47
ぶっ叩け〜!!さん、ありがとうございます。

なるほど、投手のグローブ側だから、セカンドを下げるわけですね。気がつきませんでした。

>私は、金属バットをも へし折るPでした・・・^^

素晴らしい豪速球は今も健在ですか?
一緒に今年のドラフト1位指名目指しましょう!
Posted by metoo at 2006年02月10日 15:52
親子対戦やソフトボール時には、Cが居らず 仕方なくさせられます・・ネ
容赦無く 座ったまま1Bへ牽制を射れますし、2Bへも 場合によっては座ったまま抛りますから Pは避けないと当たっちゃいますネ ^^
何時まで投げれるのか・・・耐久性は無くなりましたが まだイケマス
せめて、チビ助が中学迄 持ち堪えれないかなぁー と思ってます。 ^^
Posted by ぶっ叩け〜!! at 2006年02月10日 17:17
そうそう   書き足しておきま〜す!

私が高校の時の監督は
還暦を過ぎて今も尚 シニアベースボールの現役でして
昨年もホームから外野へ投げ オーバーフェンスを披露したらしいです
主な周りの50歳代以上の人等からは
バケモノと称された扱いをされたらしいんですが・・当り前ですね
小さく新聞に 県選抜メンバーの写真が載ってましたら ななっ ナント!!
チャント並んでるじゃないですか! ・・70歳位だと思うんですが・・ 
走れ無くとも肩は・・ アン・ビリバボー ^^


Posted by ぶっ叩け〜!! at 2006年02月10日 22:31
基本的にはお考えのとおりで良いでしょうね。
ただし、ショートとセカンドの運動能力にもよるし、投手の特性にもよって、大きくなると条件が変わってくるはずです。

内野手の肩、足
投手の球威、コントロール、変化球の質

そして、指示を出すキャッチャーの配球によっても変わると思います。

肩がよくって、守備範囲が広いショートならショートが中間守備で牽制してもいいと思います。
あまり、現実的ではないですが、、、
Posted by わい at 2006年02月11日 21:10
ぶっ叩け〜!!さん、ありがとうございます。

70歳でスタンドインの肩!!
どんなトレーニングをしているのか?ギネス級ですね^^

いつまでも子供とキャッチボールをしていたいですね。ぶっ叩けさんは変化球も教えられますし、チビ助くんの教科書として、いつまでも現役でいてあげてください。
Posted by metoo at 2006年02月13日 10:18
わいさん、ありがとうございます。

みなさんのコメントを拝見させて頂き、
小学生には、
右打者セカンド
左打者ショート
こちらを基本とし、子供達によっていろいろアレンジしながら教えていこうと思います。

中学から、変化球や配球によって、また打球の速さ、動きの速さによって守備体系ができあがってくるのでしょう。
Posted by metoo at 2006年02月13日 10:24
metooさんこんばんわ。

このテーマは少年野球、特に低学年の野球では永遠のテーマかもしれませんね。先日はわがチームでもこの状態でいかに点を上げないか…。(一点は構わないシフト)

打者から見て、三塁側はショートの仕事。
一塁側はピッチャーに守備を任せようかなと今年は思っています。低学年では特に次のことがキーになります。

@ピッチャーをする子供が一番能力(トータルで)が高い。

Aピッチャーをする子供が一番「オレオレ!」能力が高い。

以上の理由から、わがチームではサード側はショート!一塁側はピッチャーと決めようと思いますが…。

いかがですか?

本当は一塁手と三塁手のコンビネーションだと思うんですがね〜(バント処理なども苦慮に入れて)


どうです?ご意見ください。

Posted by HAL at 2006年02月20日 22:25
HALさん、ありがとうございます。

仰る通りだと思いますよ!

こちらにコメントを下さる、ぶっ叩け〜さんがいいヒントをくれました。

右投手だから、左手のグローブ側の守備はしやすい。

セカンド側は、右投手のグローブ側だからピッチャーにまかせる。
サード側はショートにまかせる。

特にバント処理でこの決まりを作っておくと、最小失点でいけそうですね。
Posted by metoo at 2006年02月21日 11:32
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

少年用グラブ企画について
Excerpt: 皆さんから貴重な意見をいただきました。 まとめると 価格は8000円前後 色は黒、オレンジ、イエロー ウェブは色々 という感じかな? この意見を参考にスポーツ用品店の方と話をしました。 そこ..
Weblog: わい日記2〜goo〜
Tracked: 2006-02-11 07:51

2週間の遅れ
Excerpt: 先日もエントリーしたと思うけど、先月1月21日にわが地方に降った雪の影響&少年野球協会の主催する「耐寒駅伝競走」の影響で、一週間の遅れ。 その後の雪の影響から、グランドに水分がどっかり残って、続く2..
Weblog: ハル監督のつぶやき日記
Tracked: 2006-02-20 22:26